スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
超てっとり早く覚えるマキシ講座 in SCV
カテゴリ: マキシ / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
maxi_novice.jpg

前作キャリバーIVの時に書いたてっとり早く覚えるマキシ講座/マキシ対策の、ソウルキャリバーV版を書いてみたら役に立つかもしれない、と思ったのでササっと書いていきます。てっとり早く覚える記事なので余計な内容は全部省きました。慣れてきたらここに書かれていないことにチャレンジ!






○割り込めない連係を覚える
マキシは連係が豊富なキャラで、手数で押していくと吉。まずは「割り込めない連係」というやつを覚えて出しまくってみましょう。

4BBK
1BAK

この2パターンが基本。入力に成功するとどちらも3発ひと続きで攻撃が出る。トレーニングモードの技表を見ると、「主力技」という欄にこの2つがあり、ボタンを押すと成功お手本が出るので合っているか確認してください。

割り込めない連係というのは、いったん相手にガードさせればその間はずっと自分の順番です。途中で相手が攻撃しようとすると繋ぎが早いのでつぶせてしまう。相手はおとなしくこっちの攻撃が終わるのを待つしかないわけです。まずはこの2つを出しまくろう。



○割り込まない人は足元を狙え
ここからが勝負のおもしろいところ。割り込まないで相手が最後まで我慢しようとする、というのが読めたら別の行動に切り替えて倒しに行くのです。我慢してる人は立ってガードしているのだから、連係を途中で止めて下段攻撃や投げ技を出せばいい

4BBKの場合、4BKと入力すれば下段が出ます。4BBで一回止めて、首にヌンチャクが回ったところでKKと押しても下段が出ます。4BAKという連係に切り替えながら、4BAのあとに投げ技を出してもいい。

1BAKの場合は、1BAで一回止めて、腰にヌンチャクが回ったところでKKと押して下段を出すのが基本。1Bで止めて投げ技を出すのも非常に有効。

・割り込めない連係を出す
・割り込まないであろう所を見極めて下段か投げ技に切り替える

どこまで突き詰めていってもマキシはこの二つの選択肢を使い分けるキャラクターであると言えます。複雑に見えてもやってることはこの二つだけなのです。



○横に動く相手には2Aを出せ
2Aはキャリバーの基本技の中でも最重要の技で、これも非常に強いのでとりあえず出しまくってOK。出るのが速くて、横移動されても空振りせず、当たると自分の攻め番になる。まさに最強です。

1Bや4Bは横移動されると当たらないので、その場合は2Aでおとなしくさせる。2Aが当たったらそのまま4BBKに持っていくか、または4B警戒のガードを投げ技で崩すといいでしょう。



○何か出したくなったら6A+Bを出しておけ
マキシの6A+Bは速くて痛くて隙がなくて本当に無敵なんじゃないかってくらい強いのでこれも出しまくってOK。攻める時も守る時も常に6A+Bをいつでも発射できるように、寝ても醒めても6A+Bのことを考えましょう。上述の色んなパターンの中にアトランダムに混ぜて使うのが上達のコツ。



○あとは実戦
あとは猛者達ひしめく荒海に飛び出していって大波に揉まれましょう。

編集 / 2012.09.26 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。