スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
今週のソウルキャリバー5情報 まとめ
カテゴリ: ソウルキャリバー5 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
この一週間に起きたことのまとめなど。

公式サイトのfacebookキャンペーン
facebookのイイネ登録者数に比例してキャラクターイラストが公開されていくキャンペーンを実施中。本日19:30現在で三枚目の84%まであぶり出し完了。御剣らしきキャラクターが見えてきた状態です。おやじ御剣!

facebookにアカウント登録していなくてイラストが見れない方は小田嶋Dのアップロードした画像でジークフリートピュラちゃんを閲覧可です。


○夛湖Pに質問に回答していただきました
ファミ通.com 『ソウルキャリバーV』はファンを裏切らない! プロデューサーにギリギリまで聞いた一問一答
ドバイのバンナム発表会の時、日本のtwitterユーザーからの疑問をファミ通.comが募集し、夛湖Pにぶつけたものです。oosaka_twtも質問をとりあげていただきました。個人的にはキャリバー3のスリップアウトステージ対戦は大好きでした。「オイルキャリバー3」と名付けてTGNで大会をひらいてご好評をいただいたのも良い思い出です。そのうちまたやりたいので、こういうバカゲー要素も入れていただけると他ゲー勢を誘いやすくて嬉しいですw
あとはアーケード版をどう実現していくかだよね…

この記事の最後に出てくる「おっぱい表」なる単語に反応している人が多数いる模様ですが(Twitter上で「ソウルキャリバー」で検索するとたくさん出てきますw)、キャリバー4の制作時に用意されたおっぱい表は既に公開されています。


○ソウルクラッシュは…?
小田嶋Dのツイートに気になるものが出現。
http://twitter.com/#!/Daishi_CALIBUR/status/74498526985461761

Q.Will the Soul Crush finishing moves return in SCV?(ソウルクラッシュからのクリティカルフィニッシュはキャリバー5にも搭載されますか?)

A.ハッキリ言える事はアレは失敗です。諸々の都合で想定どおりに作れなかった。だから次は…



○次回の情報公開はE3
6月7日よりアメリカで開催される展示会E3にて多数の新作発表がおこなわれますが、キャリバー5も続報を投じてくるものとされています。木曜夜に更新されているGameTrailers.comの一コーナー、GTTVでは次回放送の6月2日に、E3開催直前特集号ということでソウルキャリバー5の映像を放送すると予告しています。
http://www.gametrailers.com/show/gametrailers-tv
http://www.ps3-fan.net/2011/05/vgttv.html

スポンサーサイト
編集 / 2011.05.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
第4回裏塔劇 キャリバー3AE大会動画
カテゴリ: 大会・催事 / テーマ: ソウルキャリバー3 / ジャンル: ゲーム
ゴールデンウィークにおこなわれた秋葉原トライアミューズメントタワーのイベント「第4回裏塔劇」から、SC3AE大会の動画がアップロードされていますので紹介します。ちょうどこの当時の時事ネタをもじって参加する選手も…



続きは裏塔劇動画リストから

なお、ゲームニュートン大山店ソウルキャリバーランキングバトルの実施日程が追加される旨を前回エントリに書きましたが、正式に内容決定となりました。

6/05 SC3AEランキングバトル + SC1ランダムキャラ対抗戦

6/19 SC1ランキングバトル + SC3AEランダムキャラ対抗戦

それぞれ、通常のトーナメントをおこなったあとに、参加者全体を優勝選手と準優勝選手をリーダーとする二チームにわけて勝ち抜き対抗戦をおこないます。このとき、キャラクター・ステージは全試合ランダムでおこないます。すでに二回実施していますがどちらも大いに盛り上がりました!

来月以降、第一日曜は3ランバト→1対抗戦、第三日曜は1ランバト→3対抗戦という形式で大会を月二回開催でおこなっていきますので、是非あそびにきてください。

編集 / 2011.05.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
5月分SC3AE&SC1ランキングバトル動画
カテゴリ: 大会・催事 / テーマ: ソウルキャリバー3 / ジャンル: ゲーム
○4月30日 5月分ランキングバトル
5月分のランキングバトルは開催を一日早めて連休中におこないました。
キャリバー1がお店の都合によりなかったので、キャリバー3のランキングバトル&キャリバー3のランダムキャラ対抗戦を実施。前者の動画がニコニコ動画にアップロードされています。

※この回は実況の収録がありません。また音量が非常に大きいのでボリューム設定に注意。




○5月15日 ランバト2
キャリバー1のランバトを4月30日にできなかったということで急遽開催していただいたキャリバー1ランバトです。大会後はキャリバー3のランダムキャラ対抗戦をおこないました。

※激しく音ズレが発生しています



現在お店と協議中ですが、キャリバー勢は毎月大会が盛り上がっているということや、シリーズ最新作発表記念ということで、なんと今後も一ヶ月に二回イベントを開催していただけることになりました! 日程は追ってお知らせします。
編集 / 2011.05.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ソウルキャリバー5詳報その3
カテゴリ: ソウルキャリバー5 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
○facebookキャンペーン
SoulCalibur5 公式サイトではfacebook連動キャンペーンをおこなっています。
5月23日17:00現在で一枚目のジークフリートのイラストが100%、二枚目のピュラとおぼしきイラストが83%公開されている状態です。次の情報公開はE3(アメリカのゲーム展示会、6月7日から)とされているので、あと二週間くらいで三枚目まで明らかになるのではと予想します(facebookのユーザー数の伸びにもよると思いますが)。

○ゲーム画面
Twitpicでは小田嶋Dのアップロードした写真が閲覧できますが、20日にアップロードされた写真では制作中のプレイ画面がすこしだけ明らかに。これを拡大したものが8wayrun.comのメンバーによりアップロードされていました(こちら)。1Pがパトロクロス、2Pがジークフリートのようです。

○ゲーム映像
同日、ファミ通のゲーム配信ファミ通.com Presents MIDNIGHT LIVEでソウルキャリバー5が20分ほどとりあげられました。小田嶋Dと夛湖Pが登場してファミ通の松井氏の質問に答えるというものでしたが、夛湖Pが持参した開発室内の映像に、制作途中のキャリバー5のテストプレイをしているところが映っていました。それを抜き出したものが既にYouTubeにあがっています。また番組のアーカイブは一週間で消えると思いますがそれ以降は当日ミラー配信していたbysさんのチャンネルで見ることができます。

なお小田嶋Dは原田さんや夛湖さんにうまく言いくるめられて(?)ナイトメアも登場すると明言することになりました。というわけで現状登場確定のキャラはジーク・メア・パトロ・ピュラで4名となります。
編集 / 2011.05.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ソウルキャリバー5詳報その2
カテゴリ: ソウルキャリバー5 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
ファミ通.com - 『ソウルキャリバーV』はよりスピーディーに進化する【Level Up Dubai 2011】
ファミ通.comに本日更新された記事です。ドバイの発表会に出席中の夛湖プロデューサーが記者団におこなったプレゼンテーションの内容をリポートしています。内容としては昨日のEUROGAMERの記事とほぼ同じですが、英語記事をぼくが訳したものよりはるかにわかりやすくなっているので必読です。


ポイント1 キャラのラインナップ
「17年分の歳を取ったキャラと、新キャラがそれぞれ出る」とありますね。ジークフリートは前者で、パトロクロスは後者ということになります。シリーズの要である御剣は渋みのある風貌で、一方アイヴィーとタキは外見的には年をとらずに再登場なんてのが予想できます。ロックが育てた少年バングー、あるいは李龍と千恵の子、などは新キャラとして登場しうる候補といえるでしょう。
おそらくソフィーティアの娘ピュラ(SC4の時点でティラに拉致されている)は今回のキーパーソンでしょう。たぶんボスかなんかだと思うんですけど。
一番気になるのはヌンチャク使いなんで早く情報を下さい。


ポイント2 エッジとキャリバーが大剣からショートソードに
「新しいソードの持ち主は誰なのか? それがストーリーで明かされます。17年後の新しい“ソウルキャリバー”の物語を作っていこうというのが本作です」だそうです。翻訳の時にヨクワカラナイとしていた以下の部分はソウルエッジとソウルキャリバーの二本の剣についてのお話だったようです。

V marks a shift from two-handed swords to short swords, Tago announced. The story includes "the enigma as to why the swords have become short swords".

「 The swords 」っていう複数形はエッジとキャリバーのことだったんですね。
ただ、soulcalibur.comでフェイスブックのあぶり出しになっているシルエットは、ジークフリートが大剣としてのソウルキャリバーを持っているような、そんな輪郭にみえます。これがどういうことなのかはまだよくわかりません。


ポイント3 ゲームスピード変更?
昨日翻訳した記事の後半はこの話題だったのですが、ここをどう解釈するかでいろいろと意見がでました(昨夜はSC4LiveTVのチャットでみんなが感想を話し合っていました)。ぼくはてっきり「先行入力とかラグまわりとか改善したのでスイスイ遊べるよ」くらいの意味でとっていたのですが、きゅう食さんは「特定の条件下では連係から連係へつないでいけるということでは」と推測してたり。
たしかにチャンバラ見てると攻めかかってる側は二撃三撃とたたみかけるように斬りつける動作はおこなうわけで、ゲーム中でもそれはありえない話でもなさそう。固有連係の途中止めから硬直キャンセルして別の技へもってくような2D格ゲー的な攻め方ができるのかも…いや、それはちょっと大胆すぎるでしょうか。

「従来のシリーズではリアルな演出のために、攻撃に入るときの貯めがとても長かった。その貯めを短くしたり、攻撃のあとの無防備な状態を長くすることで重さを表現しようと思っています」というコメントはかなり気になるところです。ここから読みとれる内容を素直に考えると、全体的に発生フレームを早くする代わりに、技後の硬化を長めにとるという変更が予想できます。

技後の硬化を長くとるというのは、ガードされたあとに確定反撃を食らうようになる、というのとは異なります。技を出した側の硬直と同じだけの時間ガード側にも硬直を与えれば「硬直差」は変わらないからです。この変更には、ガードした技の重みを体感させることができるという演出的な効果と、スカった技へのスカ確がとりやすくなるというゲーム的な効果の両方が期待できます。ただし、先行入力の処理などをうまくやらないと「もっさりしてて操作感が悪い」という印象をもたれかねないので、調整には相当な神経を使うことになるでしょう。


ポイント4 オンライン関連
通信速度等の改善がなされているのはおそらく間違いないようです。あるいは上記のゲーム展開の変更も、SC4ではオンとオフでゲーム性が極端に変化してしまっていたということへの反省に基づいているのかもしれません。たとえばDOAは非常にオンラインに相性のいいゲームシステムを備えているため、ラグをあまり不快に感じないのだと聞いたことがあります。SC5がオンラインに特化するというわけではないでしょうが、少なくとも現状の良くない部分を解消するために動いているのは確かなようです。

コミュニティ促進というのも気になります。キャリバー2の時のコンクエストモードを、オンライン対応で全国的にやってみたいと常々思っていたのですが、そうしたクラン的な遊び方も導入されるのでしょうか。


賛否両論ある「親父ジーク」ですが、ぼくはカッコいいなと思いました。マキシか新キャラかはわかりませんが、まずヌンチャクのキャラを触ってみてから、次にジークフリートを使ってみたいと思うくらいに。
ジークが父殺しの罪を犯すところからソウルシリーズの物語は始まったわけですが、そのジーク自身が父親の年齢に至ってどうなっているのかという点、設定厨の一人としてとても楽しみにしています。今回こそSC1の「レジェンド・オブ・ソウルキャリバー」のような設定資料集を出してほしいものですw
編集 / 2011.05.13 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ソウルキャリバー5詳報
カテゴリ: ソウルキャリバー5 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム

First Soulcalibur V details
EUROGAMERの記者が夛湖プロデューサーにインタビューした記事です。さっそく和訳しました。原文も併記するので誤訳があったら指摘していただけたら。


The main character is Patroklos, son of Sophitia. Patroklos is "inspired" by the gameplay of Sophitia, but is "sharper" and "more agile". He has new moves, but they're all inspired by Sophitia's.

主人公はソフィーティアの息子、パトロクロス。パトロクロスの技はソフィーティアのものを基本的には踏襲しているが、よりシャープで軽快なものになる見込み。


V takes the Siegried ending of IV and builds upon it. Seigfried, now 39 years old, no longer wields the Soul Calibur sword.

SC5はジークフリートのエンディングをもとに組み立てられている。ジークフリートはいまや39歳となっているが、なんとソウルキャリバーを所持していないという。


V is described as a "generational shift", complete with new characters, but SCIV characters will return. "SC 1-4 was a continuous story," Tago said. "We want to make a generational shift with a new story this time."

SC5は世代交代をテーマに描かれる。新しいキャラクターも登場するが、SC4のキャラクターも戻ってくることになるだろう。夛湖プロデューサーは「SC1からSC4までは連続したお話だったんです」と語る。「今回、世代交代によってまったく新しい物語にしたいんです」。


The Soulcalibur series is famous for the inclusion of characters from other universes, such as Link from The Legend of Zelda and Yoda from Star Wars. Will other non-Soulcalibur characters feature?
"Difficult question," Tago said. "We will have guest characters as we did with Star Wars. Please stay tuned for more information on that."


ソウルシリーズは異世界からのゲストでも有名である…たとえばゼルダの伝説のリンク、スターウォーズのヨーダらである。今回もキャリバー以外のキャラクターは盛り込まれるのだろうか?
夛湖プロデューサーは「難しい質問ですね。スターウォーズでやったようなゲストキャラをまたやることになるでしょう。続報に期待してください」と回答した。


V marks a shift from two-handed swords to short swords, Tago announced. The story includes "the enigma as to why the swords have become short swords".

(コノアタリ ヨクワカラナイ)


The game's new fighting style is described as "lighter, sharper, and more elegant". The online mode has been improved with new features. "Gameplay in IV could be a little heavy, particularly when you were online ? we wanted gameplay that was more fast and reactive," Tago said.

SC5の新たな対戦システムは「軽快で、シャープで、もっとエレガントに」なるだろう。オンラインモードには新要素が追加される。「SC4は、特にオンラインでは、遊んでいてちょっと重たいかんじだったかもしれません。もっとキビキビと、レスポンスのよいゲームにしたいと考えました」と夛湖氏は言う。


On the shift in gameplay: "Maybe the hardcore fans will be afraid that we lose the core of the gameplay, but that's not the case. And for new players it's nice to have gameplay that is more continuous ? you don't need to wait as much between moves.
"There is quite some change in the gameplay from SCIV. The pace of the game has been improved, and the combos will be easier to perform, and the moves will be easier to pull out."


ゲームプレイに変更が加えられることについて… 「コアなファンはゲーム性の核になる部分が失われるのではと心配に思うかもしれませんが、そんなことはありません。一方で新たに参戦するプレイヤーにとっても、ぶつぶつ切れずに遊べるのは大事なことですよね。もう技と技の間でいちいち待ってる必要はなくなりますよ。
SC4のゲーム性からは変更が加えられることになります。試合展開もより良くなっていますよ。コンボはもっと出しやすく、技はもっとカンタンに出せるようになっています」


Elsewhere, Tago confirmed the create a character feature from previous games in the series returns, but refused to divulge details.Namco Bandai is yet to show actual gameplay, but promised more information at E3 next month.

夛湖氏はキャラクタークリエイションが搭載されることも確認したという。ただし、その詳細を明かすことは断られてしまった。ナムコはまだ実際のゲーム画面を公開していないが、来月のE3でさらにたくさんの情報を出すことを約束してくれた。



以上です。びっくりするような誤訳が含まれているおそれがあります。英語力のある方は添削をお願いします >_<
ポイントとしては・・・

・ソフィベースの技で戦うパトロクロスが主人公
・ジークフリートエンディングベースのストーリー
・ソウルキャリバーを所持していないジークはいかに物語に関わるのか
・SC5から新しいソウルシリーズが始まる
・他作品のゲストキャラクターもいるらしい
・対戦システムが大幅に向上する見込み
・オンライン周り(特にラグなど?)のいらいらが解消される
・キャラクリもあるから職人さん次もがんばってね
・次は6月のE3で続報に期待しよう
編集 / 2011.05.12 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
SC5正式発表。主人公はパトロクロス
カテゴリ: ソウルキャリバー5 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
GW中のキャリバー関連イベントの数々、おつかれさまでした。
連休が明けてまだ気持ちが平常運転に戻らない今日この頃ですが、本日ドバイで開催されたバンダイナムコの発表会でソウルキャリバー5が正式発表されました。

phpqmTGRUP1000344.jpg

エースコンバットの最新作の舞台がドバイということで、現地の豪華な建物で発表会が行われているようです。ソウルキャリバー5については、発表会のトリを飾るタイトルとして、夛湖プロデューサーが登壇して発表をおこないました。
  ファミ通.com 実況リポート記事
  ファミ通.com 発表会の簡単なまとめ


○発表概要○
・正式なナンバリングタイトル「ソウルキャリバーⅤ」。ジャンルは対戦格闘。
・ストーリーは前作から17年後。主人公はソフィーティアの息子「パトロクロス」。
・発売ハードはPS3とXbox360。2012年発売。


ニュース記事。
  gamespot.com
  インサイド - バンダイナムコ、海外プレスイベントで『ソウルキャリバーV』を電撃発表
  Game Spark - バンダイナムコ、海外プレスイベントで『ソウルキャリバーV』を電撃発表

会場で流されたトレーラーをカメラで撮ったもの。
  Soulcalibur V Debut Trailer

本日深夜2時にカウントダウン終了予定の以下のサイト。
キャリバー5のトレーラー公開となるでしょうか。
  カウントダウン|バンダイナムコゲームス公式サイト

17年後の設定ということで、登場キャラクターはこれまでの設定資料にヒントがあるかも。
エッジ~キャリバーの資料を要チェック。
編集 / 2011.05.11 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。