スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
6月3週 SC1ランキングバトル動画
カテゴリ: 動画 / テーマ: ソウルキャリバー3 / ジャンル: ゲーム
毎月第三日曜日はゲームニュートン大山店でソウルキャリバー1のランキングバトル!
6月分の大会動画です。

○トーナメント表
ooyama_1106_sc1.jpg

○一回戦から準決勝まで

準決勝終了時点で、録画機材にトラブルが出たのでいったんイベントを止めました。
幸いなことに録画に失敗した試合はない模様

○三位決定戦&決勝戦



次回は7月第一日曜日にSC3AEランキングバトルとなります。どうぞお越しください。
スポンサーサイト
編集 / 2011.06.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
EGMi インタビュー記事 ほか
カテゴリ: ソウルキャリバー5 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
○EGMで開発者インタビュー
既に公開から10日以上経ってしまってたんですがEGMiでソウルキャリバー5の開発者インタビュー記事が読めます。かなりの分量です。インタビューに回答しているのはおなじみの夛湖P、小田嶋Dに加え吉江秀郎氏の三氏です。
記事は EGMi の ISSUE 249.1 をクリックしてビューアを開き、表紙の「SOULCALIBUR V」をクリックするか、しばらくページをめくっていけば現れます。
SC5_stage_pics.jpg
だれだろう


○EVO2011に出展されます
7月29日にラスベガスで開催される格ゲーイベントEVO2011に、バンダイナムコが鉄拳タッグトーナメント2とソウルキャリバー5を出展するようです。体験可能かどうかは不明。E3と同じように、その時の最新のデモ版を出展するかんじでしょうか。
ソース:EVO公式サイト


○小田嶋Dの髪の色が・・・
こないだまでパトロクロス頭だったのにな~


○6月19日は大会開催日です
今週日曜日はゲームニュートン大山店にてランキングバトル開催です。今週は第三週となりますので、まず午後6時頃からソウルキャリバー1の大会、それに続いてソウルキャリバー3AEの対抗戦イベントをおこないます。毎月第一週はSC3AE&SC1、第三週はSC1&SC3AEとなっております。ぜひおこしください。

編集 / 2011.06.17 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Aris氏、E3でソウルキャリバー5を取材
カテゴリ: ソウルキャリバー5 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
先週おこなわれたゲーム展示発表会E3。その会場内ではバンダイナムコの夛湖久治プロデューサーがソウルキャリバー5の説明を各メディアにおこなっていました。そのなかでアメリカの格ゲープレイヤーAris氏が夛湖Pに直撃インタビューを敢行し、YouTubeにその模様を投稿しました。



インタビュアーはアメリカのソウルキャリバー&鉄拳プレイヤーAris氏。非常に特徴的な風貌で、日本にも隠れたArisファンは多い(ぼくもそう)です。昨年の鉄拳世界大会@有楽町のために米国代表選手として来日したのも記憶に新しいところです。

さてそんなAris氏とバンナム夛湖プロデューサーとの対話を以下文章化してみました。話したことそのままの文字おこしではなく、内容がわかりやすくなるよう敢えて話の順序や表現を替えたりしています。動画をご自身でご覧になった上でお読みください。


Aris氏の質問:
まず一つ目の質問です。
ソウルキャリバーはアーケードゲームとして出発し、現在は家庭用向けゲームにシフトしてきています。そこで質問したいのは、いかにして対戦バランスをとるかということです。SC3やSC4は、大会で競いあうような上級者同士のレベルになるとどうしても対戦バランスに気になるところがありました。SC5では対戦バランスを調整する方針としてどのようなものをお考えですか。たとえば修正パッチをリリースしていくなどの方策は検討していますか。

夛湖Pの回答:
ゲームの制作工程としては、バランスの改善を念頭におきながら新しい機能を搭載していくことによって良質の作品をつくるという点と、リリース前に何度も調整作業をすることでバランスを整えるという点がとりわけ重要です。定期的にパッチを出すなどの発売後のメンテナンスは、それらをきちんとこなした上でさらにしなければならないこととして捉えています。それは制作側が想定していなかった問題が発生したときにお客様に対応するための環境を用意しなければならないからです。

※ 夛湖Pはここでかなり慎重な答え方をしていると感じました。おそらく夛湖さんの念頭にあったのは「バランスの悪いゲームを出してしまっても発売後にパッチをあてさえすればいいや」というような考え方をソウルチームが持っていると思われては困る、というところなのでしょう。


Aris氏の質問:
では私が聞きたかったもう一つの質問をしたいと思います。
鉄拳シリーズは日本で、そして韓国でも大いに成功を収めていると思いますが、その鉄拳シリーズからソウルキャリバーにアイデアやゲーム性をもってくるというようなことはお考えではないでしょうか。

夛湖Pの回答:
鉄拳チームはソウルチームからみても良きライバルであり良き仲間であると認識しています。参考にする部分もあるし、反対に鉄拳とは違う何かをソウルキャリバーは追い求めていかなければならないとも思っています。
例えば、鉄拳はキャラクターのモデリングこそ3Dですが、実質的には2D格ゲーとしてのゲーム性をもっています。一方でソウルキャリバーは、ほぼ唯一に近い本当の意味での3D格闘ゲームだと思っています。格ゲーファンとしてユーザーを共有するタイトルではあると思いますが、”遊びのしかた”が鉄拳とキャリバーでは全く違うのではないか、と考えています。


Aris氏の質問:
では最後の質問です。ヒルダとアルゴルについてどう思いますか(笑)

夛湖Pの回答:
ヒルダとアルゴルがアメリカの大会で禁止キャラクターとして設定されていることはプロジェクトチームとしても認識しています。これらのキャラクター以外にも、クリティカルフィニッシュなど、SC4にはバランスを壊す要素がたくさん存在しました。今回のSC5ではキャラクターやシステムについてはじっくりとバランスをとってからリリースしたいと考えています。

Aris氏:
大変お忙しい中、本当にありがとうございました。
編集 / 2011.06.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
6月1週 SC3AEランキングバトル動画
カテゴリ: 動画 / テーマ: ソウルキャリバー3 / ジャンル: ゲーム
6月5日に開催されたゲームニュートン大山店ソウルキャリバー3AEランキングバトルの動画をアップロードしていただきました。今回は参加者が22名と、今年に入って最も多くのプレイヤーが参加して、なごやかに大会をおこなうことができました。

○トーナメント表
ooyama_1106_sc3.jpg
※この写真のウズ選手の欄にゼロ回戦がひとつ追加されています







次回は6月第3日曜日の19日にイベントをおこないます。
まず午後6時頃よりSC1ランキングバトルを開催し、その後SC3AEでキャラランダム対抗戦となります。
編集 / 2011.06.13 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
本日までのソウルキャリバー5情報まとめ
カテゴリ: ソウルキャリバー5 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
○ソウルキャリバー5公式サイト(バンダイナムコ版)オープン
これまでもソウルキャリバー5公式サイトが2つ存在しましたが、今回はバンダイナムコの家庭用ゲーム部門のサイトにSC5サイトがオープン。今日までに登場が発表された4キャラクターについて、プロフィール等がまとめられています。このサイトのキャラクター欄を見る限り、登場キャラクターは28 or 29名…くらいでしょうか?
既にファミ通.comの番組でナイトメア登場という情報が小田嶋氏の口から出たことと、次に紹介するアイヴィーの登場のことなど、反映が楽しみです。

SOULCALIBUR V



○夛湖P、アイヴィー登場を明言?
ドバイそしてアメリカと海外出張が続く夛湖プロデューサー。E3会期中、海外メディアとのインタビューの中で、ソウルキャリバー5にアイヴィーが続投すると回答したと報じられました。この記事にすぐに世界中のプレイヤーが反応。E3の最後に残されたサプライズといえるでしょう。

ソース:Kotaku.com - What Will A Middle-Aged Ivy Look Like In Soulcalibur V?
簡単な和訳記事:ゲームたぬき - ソウルキャリバー5にアイヴィーは出る



○小田嶋D、新システムについて語る
小田嶋ディレクターはE3の間、日本に残って開発室にいたようです。ファンの質問にひとつだけ答えるので、ということでツイッター上で質問を募集しており、その回答がツイートされました。



どうやら一番多い質問はクリティカルゲージの使い方みたいだね。もっと困る事でも良かったのに…とか(笑
今回ゲージが付いた大きい理由は「勝負所というのを意図的に儲けたい」この一言に尽きるね。
まずクリティカルエッジを出す為に使う。今の所、MAX状態で2回出せる。
イメージ的には「クリティカルフィニッシュの発動+ソウルエッジのクリティカルエッジ」だと思えばOK。ソウルエッジ&キャリバーの正当進化です、キリッ。
後は特定の技から強力な追加攻撃が出せる様になる、これは各キャラによって個別に異なるコマンドに用意している。
例えばパトロクロスの66Aがあるんだけど…ゲージを使うとエフェクトと共に派生のBが出る。
画像1 画像2 画像3
SC5_patro_66AB.jpg

ガードさせて有利になる技やコンボパーツになる技もあって個別に異なる性能になっている。
まぁ他にも使い道があるので検討段階。決まったらその内呟くよ。
なんかケチ臭い感じがしてきたのでもう一つ。ガードクラッシュは残りますかって質問が多かったのでそれも答えると…残る。ガードクラッシュって名前じゃないけどね。


小田嶋Dの一連のつぶやき:1 2 3 4 5 6 7 8 9


小田嶋Dのつぶやきからも多くのことがわかってきたソウルキャリバー5の新システム。対戦がさらに熱くなるものであることに期待しています。

編集 / 2011.06.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
E3開幕!
カテゴリ: ソウルキャリバー5 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
今年もE3が開幕。マイクロソフト・ソニー・任天堂の各陣営も発表会を催し、リアルタイム中継で各所が盛り上がっております。Wii Uはなんだかよくわかんないけど楽しそうなかんじがよく出てたな~。

SC5では新しいスクリーンショットがIGNで公開されています。
IGN: Soulcalibur V Screenshots, Wallpapers and Pics
キャリバー絵師・川野琢嗣先生の描くパトロクロス・ジーク・ピュラ・御剣のイラストも掲載済み。



○デモ版が登場
そしてE3になんと実機で動いて対戦している模様が登場!
ファミ通.comのMIDNIGHT LIVEでこっそりと開発バージョンの対戦シーンが映っていましたが、これは本格的に対戦シーンのお披露目となります。ゲージ類もすでに揃っています。




○夛湖さんインタビュー
夛湖久治PがE3会場でインタビューに回答しているところ。その後ろには実際に動いているSC5がモニターに映されています。上の動画とは異なる技が確認できます。



うーむ楽しみ
早く!早くヌンチャクのキャラをみせてくれ!

編集 / 2011.06.08 / コメント: 9 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ソウルキャリバー5 最新トレーラー
カテゴリ: ソウルキャリバー5 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
今月7日より始まるE3に合わせ、本日現地時間深夜1時(日本時間14時)から以下の番組内でソウルキャリバー5の最新トレーラーが放送されました。

GT.TV 第412回 E3 First Look ― June 3, 2011
はじめにトゥームレイダーのPVが3分半流れます。その次がSC5。

放送終了後、gametrailers.comにトレーラーが掲載されました。
E3 2011: Exclusive Gameplay Debut  (高画質版

相手をスタンさせたり浮かせたりしたところに、暗転の演出から繰り出される「クリティカルエッジ」のような技を叩き込むシーンが見られます。ソウルキャリバー5は「コンボをより簡単に」というコンセプトを掲げていますが、ソウルシリーズの初代作品である「ソウルエッジ」からシステムを復活させることでそれを実現させる狙いでしょうか。

横移動が非常に軽快にできることや、ガードインパクトのシステムに変更が加わっている様子もみえます。





16:45 追記
高画質版をダウンロードしてコマ送りしてみました。

0:34 ジークagAをガードさせて3[B]に連係。ピュラは時計回りにrunして回避する。エンジェルステップから上段回し蹴りを出して空振りの隙にヒットさせ、スタン状態を誘発させる。暗転の演出が入り、必殺技がヒット。

0:41 ジークAABを出す。パトロクロスは一発目をガードし、二発目を体が青く光る特殊なガードで受け止め、三発目が出る前に割り込んでカウンターをとる。カウンターで連続ヒットする三段連係からサマーソルトキックで〆

0:51 ピュラ、ソフィの44B+Kを出す。ガードしたジークはしゃがみ状態になり、立ち途中Kで切り返す。ピュラはこの一段目を4Gのガードインパクトでさばくが、前作と異なり受け流し動作などに切り替わらず、体が青く光った状態に。ジークの二発目の蹴りがくるが、これは体が赤く光った状態で耐える。そのままエンジェルステップ中の突きを繰り出して反撃。打撃投げに移行している。

0:56 御剣がB6を出し、パトロクロスがガードする。パトロクロスは下から振り上げる縦斬りを出すが御剣は4Bで回避。パトロクロスは6Gのガードインパクトで弾こうとするが御剣が攻撃をためていたので空振り。その硬直に攻撃が刺さって打撃投げへ。水色に光るエフェクトはガードブレイク効果を示している?

0:58 御剣が霞の構えからの上段突きから霞A+Bを繰り出す。この連係の一段目をガードしたピュラはrunで二段目を回避。ここでピュラが赤く円いエフェクトを出しながらカサンドラの22B→ソフィの66Bという連係を差し込み、空中コンボへ。浮いた御剣を画面奥側へのrunで追いかけながら、run中の攻撃で追撃している?

1:06 ジークがBBBを出す。三段目をパトロクロスが青ガード(0:41と同じ防御動作)。ジークにできた隙にカサンドラの66Aのようなモーションの縦斬りを決めて浮かせる。暗転演出が入り、デビル仁の持ってたアッパーのような技で追撃する必殺技を決める。

ポイント
・上記メモではrunと書きましたが、横ステップかもしれません。移動が速くなっており、縦斬りの連係などを途中でかわすことができそう。
・なにか条件を満たすと……ということなのでしょうが、暗転演出の入る必殺技を出すことができ、スタン中の相手や浮かせた相手にコンボとして決めることができます。
・パトロクロスが行なっている青ガードは、他のゲームで言えば直前ガードのようなシステムかも。ガード硬直を減らして、割り込めない連係に割り込むことができそうです。
・実は青ガードではなくて6Gのガードインパクトが新しくなったもの、という可能性もあります。ただ0:56で出ている空振り動作と、青ガード成功時のモーションがずいぶん違うので、インパクトはインパクトで残っているかも。
・ピュラが0:51で出している新しいさばきのシステムが気になります。さばきに成功すると前作では相手を受け流してダウンさせていましたが、今回は相手の攻撃終了まで待って反撃するシステムになった?
・ピュラが0:58で出してる赤い円のエフェクトとパトロクロスが必殺技で出している赤い円のエフェクトは同じものか?
・パトロクロスの真昇竜拳は、盾の内部に設けた鞘の部分に剣を納める→盾アッパー→抜剣して空中の相手に投げて刺す→自分も飛んで剣を握る→しょーりゅーけーん



6月6日 14:50 追記
0:58、ピュラのカサンドラの22B→ソフィの66Bの連係はチャージキャンセルかもしれない。22Bのモーションに入ってから打撃ヒットまでの間に赤い円のエフェクトが出ているのが気になる。これは要するに…

1.8wayrun中にB入力(打撃モーション始まる)
2.すぐにA+B+Kなどと入力(赤い円のエフェクトが出てチャージキャンセル受付完了)
3.攻撃終了後に硬直をキャンセルして66Bに連係できる

と、こういうシステムなのかもしれないと想像してみた。
チャージキャンセルはソウルゲージを消費して発動するのでやりすぎるとソウルクラッシュされるリスクがあり、クラッシュで隙ができるとそこにクリティカルエッジを受けてしまう…なんて仕組みだったら面白いかも
編集 / 2011.06.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ソウルキャリバー5 スクリーンショット
カテゴリ: ソウルキャリバー5 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
海外のゲーム誌『Electronic Gaming Monthly』(EGM)の次号予告にソウルキャリバー5のスクリーンショットが登場しました。6月14日発売号ではSC5が表紙を飾り、開発チームのインタビューも掲載されると予告しています。

EGMi - The Digital Magazine
このサイトにアクセスして、最新号のイメージをクリックしてください。右向き矢印ボタンをクリックしていくとキャリバー5の予告が見られます。

1UP.com - Is This Soulcalibur V's First In-Game Screenshot?
手っ取り早く画像をみたいかたはこちらが便利。

ソース:Game Over
編集 / 2011.06.01 / コメント: 6 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。