スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
キャリバーV 攻略メモ アイヴィー 2
カテゴリ: アイヴィー / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
前回の記事でアイヴィーの3Bの面白い使い方がわかりました。

アイヴィーの3Bの性能:
(1) 中段縦、カウンターヒット時は6B8で大ダメージ&強力起き攻め
(2) 出始めにしゃがみステータスと軸ずらし性能がある
(3) ガードされても不利フレーム小&間合いが離れ、ローリスク

特に重要なのは(2)で、6BやBBなどの技をガードさせてから出すと、相手が何か技を出すと回避しながらヒットするという性能になっていたわけです。もし相手が遅い技や二段技を出していた場合はカウンターヒットになり、6B8がつながります。(3)の特性も嬉しいところで、空振りさえしなければ3Bは非常に低リスクな技です。むしろ後述するようにガードしてもらいたいくらいの技といえます。

以上をふまえると

何か技を振って相手にさわりにいく
→ヒットして有利になったら3Bでカウンターを狙う
→ガードされて不利をしょったら3Bでカウンターを狙う

という使い方が狙えることになり、相手としては非常に困る展開になります。今回のアイヴィーの戦法の主軸に据えて良い性能だと思います。では前回に続き今回は、この3Bの性能をより活かすための裏の立ち回りを考えてみることにしましょう。



○中距離戦は66A
まずは中距離戦で相手にさわりにいきます。この時に最適なのは66Aです。横移動に当てやすく、ヒット時は起き攻めができます。起き攻めは「その場からジャンプBを出す」「走っていって2A+Bを出す」などがよさそうです。

さて問題は66Aがガードされたあとです。この状況はフレーム的には不利なのですが、前回触れたとおり間合いが大きく開くのが特徴。したがってここで3Bを出すと、相手のAAやBBなどにカウンターヒットします。
相手の側から考えると「フレーム的には先に動けるのに間合いのせいで66Aのあとは手が出せない」ということになり、言ってしまえば”事実上の有利”と呼んでも差し支えない状況になっていると思います。もし相手が3Bを覚えて手を出さないようになったら、66Aガードさせて再度66Aにいってみるなど、アグレッシブな行動が可能になります。

66Aはガードゲージを削る性能もそこそこ高めに設定されており(しゃがまれると痛い分ガード時の性能が高めになっています)、かつヒットしてもおいしい技だということがわかります。



○接近戦は6Bと3B
では接近戦ではどうか。66Aと同じことが、6B・3B・BBなどのあとにできます。接近戦で自分のターンがきたらこれらの技を振ってみて、ガード時は相手が離れるので3Bを出してみる。するとリーチ長め&判定厚めの攻撃がこない限りは勝てますので、これも”事実上の有利”というわけです。相手が何もしてこないなら自分のターンをずっと続けましょう。3Bをつぶす技を相手が選んでくる場合は横移動やバックステップなどで対応します。

もちろん上記の技は縦斬りばかりなので、横に回られないよう2Aや6[A]や投げ、あとは22Kなどを使っていきます。中距離に限定せず接近戦でも66Aを出してもいいでしょう。

また3Bを出すシーンでは相手の傾向をさぐる&スカ確狙い or タイムアップ狙いで一旦バックステップしてもいいと思います。3Bそのものの空振りを狙われると痛い目に遭うからです。



○ガードバーストを狙う
上述の戦い方をしていると、要所要所でガードダメージ値の高い技をガードさせていますので、相手の体力ゲージが赤くなってきます。赤くなったときに狙うべき技は44B+Kです。

ガードバースト間近の相手を、横斬りなどを上手くつかって横移動できない状態にしたり、あるいはダウンを奪って受け身の終わり際を狙うなどして、44B+Kで割りにいきます。一発目でガードバーストさせたらそのままガード不能が出るまで待ちましょう。ガード不能で浮いた相手には6B8が入ります。

※どこかで、相手が上手く回避行動をとればガードバースト後の44B+K二段目はよけられると読んだ覚えがありますが、いまのところトレモでそれを確認できていないので、仮にできるとしても実戦的なのは間違いないと思います



○今回のまとめ

・間合いを使った”事実上の有利”という状況を使って3Bカウンターヒットを狙う
・カウンターをとられないよう動く慎重派の相手にはガードバーストを狙う
・ガードバーストは44B+Kで発生させる

66Aや6Bをガードさせた”事実上の有利”とも呼べる状況は、フレーム的には不利なのに、間合いのおかげでこちらの3Bがカウンターヒットしやすい状況です。相手としては一旦様子を見てその3Bのスカりを狙うという対策をとるはずです。こちらはそれに対して66Aで横移動を狩ることができますが、横でなく後ろに行く相手には、無理に追いかけていくとリスクが増してしまい、この戦術をとる意義が低下します。

したがって最終的には6Bガード後はこっちも下がるし相手も下がる、という風になりますが、それはガードゲージを削った分こちらの勝ちと言えるわけですから、問題はないわけです。

今回のアイヴィーの理想形は、相手が一生懸命接近を試みるものの、全く近寄れずにじわじわ時間をかけていたぶられていって負ける、という展開ではないかと思っています。リーチの短いキャラにとっては天敵となりうるドSキャラです。Sっ気のある人、試合を長く楽しみたい人におすすめです。

スポンサーサイト
編集 / 2012.02.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
キャリバーV 攻略メモ マキシ 3
カテゴリ: マキシ / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
だいじなことは攻略メモ1攻略メモ2で書いたので……と思ったけど補足が二点。

1.書く順番間違えた。
  攻略メモ2のほうが大事な内容なので先に書いてもよかったかも

2.まだ双哭のことを書いてなかった。
  マキシの接近戦はコレです。コレがカギなんです。

というわけでバックナンバー(特に2)を見ながら双哭の解説も読んでね↓



○双哭とは
張式改・並び双哭(ちゃんしきかい・ならびそうこく)
6A+B

張式改・並び双哭漢駆け(ちゃんしきかい・ならびそうこくおとこがけ)
6a+bA+B+K

リ・ロンが持っていた双哭という技のアレンジという裏設定があるのでこの技名がついています(張はリ・ロンが旅先で名乗った偽名)。
ブレイブエッジ版は技名に漢とついているくらいなのですごい性能をしています。このあとに禄存Aがコンボになって4割減りますので、その見た目のインパクトから「ホワッチャドーン」の別名が最近では定着しつつある模様。



○技性能
【通常・BE共通】
発生16フレームの中段。ヒットするとダウン。
ガードされても確反がなく、間合いも離れるので低リスク。
早くからしゃがみステータスとなるため上段に負けることはほとんどない。
発生自体も速いため有利状況から双哭を出せば殴り合いでの負けはほぼありえない。
ピュラの236Bなど、16フレで確反とれる技はこのゲームに多数あるので
確定反撃として叩き込む練習もしておくと必ず良い結果が出ます。

【BE版の変更点1】
通常版の最大の弱点であったリーチの短さが改善。
大きく前進しながら攻撃が出るように変更される。
特に確反用として使う場合は届くか否かが重要なのでトレモで要チェック。

【BE版の変更点2】
禄存の構えに移行するように変更される。
ガード時はブレイクで大幅有利のため禄存の技が割り込み不可。
ヒット時はスタン中に禄存Aがつながって大ダメージ。



○使いどころなど
じつはこの技の性能があまりに強烈すぎてまだ使いどころが絞りきれていません(もしかしたら絞らなくていいのかもしれない)。ガードさせれば間合いが開くので、もう一回双哭を打つと相手の2Aの空振りに刺さったりします。もちろんAAや投げは当たらないし。そうこうしているうちにガードバーストが近づいてきたりして本当においしい。

いちばんまずいのはリーチが足りなくて空振りすることだけですね。相手の下がりや横移動がありそうかどうかだけ考えて打っていけばOK。最低限相手に触ることさえできていれば、出せば出すだけ結果が出る技だと思います。とりあえず有利なときも五分のときも不利なときも出しておけばいいと思う。

ブレイブエッジ版は後述するようにダメージがでかいし、攻撃発生16でこれだけのリーチを稼げるのは優秀なので、相手のスカりに差し込む技として使ってもいいでしょう。


ブレイブエッジ版をぶっぱなすときは必ずヒット確認をしましょう!

ヒット:
禄存A。ゲージに余裕があれば禄存Aもブレイブエッジ版で打つ。
ブレイブエッジx2のダメージは最低93、最高116でCE生当てより減る。

ガード:
禄存Aや禄存Kで暴れを狩ることができる。
禄存Aはガードされたときの隙がヤバイので、確反をとってくる相手には控える。
反対に言えばマキシを知らなくて確反とれない人にはぶっぱなすべし。
禄存Kはヒットでスタンコンボ(CEか、またはa+bG→文曲AB)、ガードでこっち有利。

禄存Aや禄存Kを警戒する相手には下記の選択肢を。

禄存[B]:最大ホールドをガードさせると禄存Aが確定。
禄存中6~巨門二択:巨門Bにいったり、巨門Aで連携をつないだりできる。
禄存中4~玉衝二択:玉衝KKと玉衝BBで太く二択をかけることもできる。

ヒット確認しながら、ガードされたときに構えチェンジを挟んでいくのはかなり大変。実戦で何度も挑戦してみないとなかなか成功しないと思いますが、やる価値は大いにあります。



○おまけ 入力法
すでにお気づきの方も多いと思いますがおまけ情報。このゲームのブレイブエッジは、Aを押しながらBとKを追加同時押し、などの入力で出せます。
なので双哭のブレイブエッジは6A+Bを入力し、それを押したままKボタンを追加するだけ。実に簡単。
コマンドが簡単というのは、実戦ではスカ確の速さなどに還元されますので超重要。この簡易入力をまだやっていないひとは是非覚えてください。

編集 / 2012.02.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
第2回週末大会参加しました
カテゴリ: 大会・催事 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
日曜日におこなわれた週末大会に参加しました。
第2回ソウルキャリバー5大会 結果報告 - 週末大会ブログ

二週前におこなわれた第1回大会では30名が参加し、邪神さんのヒルダが優勝。準優勝にはでーちさんという方のヴィオラが入りましたが、こちらの方はバーチャ勢ということでかなり話題になっていました。ぼく自身は別のことをしていて週末大会に出られなかったので、2回目こそ参加しようと思いエントリー。

今回は45名参加という大規模な大会となり、ブロックを2つに分けても2時間半を要する大ボリュームとなりました。自分はAブロックの配当で、ブロック決勝でデコポン君のティラに負けました。ほんと崩れない相手でした……

○ブロック決勝~三位決定戦~決勝戦


Video streaming by Ustream

ブロックトーナメントの映像とトーナメント表は週末大会さんのブログをご覧ください。
編集 / 2012.02.28 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ご声援ありがとうございました!
カテゴリ: 大会・催事 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
遅くなりましたがWGCに参加してまいりました。
フランス、ドイツ、イギリス、イタリアほか各国のトッププレイヤーと朝から晩までキャリバーで対戦し続けるという、夢のような4泊でした。のちのち写真などを添えてかんたんなレポートをつくりたいと考えています。

大会は初日チーム戦が一回戦でドイツ代表チームとあたって敗北、二日目の個人戦はベスト16で終了、三日目の国別対抗戦はフランスチームとの対戦で二回戦敗北と、あまりいいところなく終わってしまいました。世界の壁はまだまだ乗り越えるには高いと痛感させられました。

当日中は公式の生配信をご覧いただいたり、市川のe-sports squareに集まってのパブリックビューイングもされていたということで、ご声援まことにありがとうございました。配信中に対戦を見せられるところまでいけなかったのは本当に申し訳ありませんでした。力不足でした。

今までは想像するしかなかった壁を実際に見て帰ってくることができたのは、今後それを越えられるようがんばれるので、収穫の一つだと思っています。月並みですが、悔しさをばねにしてやりこんでいけたらと思います。強い日本チームをつくって再挑戦したいです!

本日からはおおブロも通常営業ということで再び攻略メモの投稿などをしていきます。よろしくお願いします。

編集 / 2012.02.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
フランスの大会に参加してきます!
カテゴリ: 大会・催事 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
すでにSTRIKEさんでご紹介いただいていますが、このたびフランスで行われるソウルキャリバーの大会に参加してくることとなりました。

日本人選手参戦!2/17・18・19『WGC2012』開催! - STRIKE

ソウルキャリバーVはEVOの公式種目になったこともあり、他の格闘ゲームのプレイヤーからも今年かなりの注目が集まるタイトルになると思います。そのキャリバーVの世界最初の一大イベントとなるのがこのWorld Game Cupで、フランスだけでなくヨーロッパ各国のプレイヤーが参戦します。
こんなすばらしいお祭りに日本人の姿がないのはどうにも寂しいので、せっかくだから参加してみようと考えました。個人戦と3on3がありますので、そうすひさん餅Aさんと一緒にがんばってきます!

金曜日:3on3チーム戦
土曜日:個人戦
日曜日:国別5on5チーム戦

という日程になっているようです。上位まであがらないと配信に映らないらしく、できればそこまでに残りたいところ……がんばります!

配信の時刻・URL等はSTRIKEさんに掲載されると思いますのでそちらをチェックしてください。


会場はこちら
COMING TO CANNES - WGC
カンヌ国際映画祭の会場にもなっている建物がWGCの会場のようです。なんと豪華な!

フランスではMalekさんたち現地プレイヤーのご協力により、たくさん野試合できるように取り計らってもらっています。フランス国内向けのソウルキャリバーのサイトでは、日の丸をサムネにした記事でぼくたちのことを紹介してくれていたりして、歓迎していただけているのがありがたいです。

Les japonais présents à la WGC 2012

せっかくの機会ですから、色んな人と対戦してネタや戦術・その他色々を日本に持って帰ってこようと思います。レポートを書こうと思っていますのでメモとりをがんばろうかとw

それでは、楽しんできます!

編集 / 2012.02.15 / コメント: 8 / トラックバック: 0 / PageTop↑
2月11日ガチ対戦(マキシvsピュラ)アーカイブ
カテゴリ: マキシ / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
そうすひさんのピュラと50連戦ほどやってみたもの。

Soul Calibur 5 player match Pyrrha vs Maxi (1/2)
Soul Calibur 5 player match Pyrrha vs Maxi (2/2)

マキシがたっぷり2時間半ほど出てきます。

動きを見ていただければ攻略メモで書いた立ち回りが具体的にどんなものなのかおわかりいただけるんじゃないかと思います。ピュラの得意間合いのギリ外側を常にキープしつつ、スカりをとるモードと崩しにいくモードを適宜切り替えていることに注目してください。これは攻略本でぼくが実戦の心得として紹介した内容とまったく同じものです。詳しい解説はテキストの16ページ以降を見てください。

テキスト↓
ソウルキャリバーV パーフェクトガイド(エンターブレイン)
編集 / 2012.02.12 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
キャリバーV 攻略メモ マキシ 2
カテゴリ: マキシ / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
前回のエントリ:キャリバーV 攻略メモ マキシ 1 と、そこについたコメントでおおよそ大切なことは語っているので、まずはそちらをご覧いただくとして、次は近距離戦の大体の方針を。


○近距離戦
横斬りから攻めようかなと思ったら → 6Aを出す
縦斬りから攻めようかなと思ったら → 4Bを出す
相手が何か出してきそうだと思ったら → 苦手方向へ動きつつ、頭の中では反撃の準備
最終目標 → 相手を下がらせていって画面端で圧殺



○6A
横移動を確実に止められるうえに、ランカウンターで天枢AKまでつながって約60ダメージ稼ぎ出す今回のマキシの主砲です。天枢AKを最後までガードされても確反はありませんので、とりあえずマキシをこれから覚えようという人は6AAK,6AAK,6AAKと繰り返し百篇出してください。それくらい強いです。

固まる人には次の選択肢を。
6A~天枢A[K]:キックの最大ホールド。ブレイクアタックなので大幅有利になります。
6A~天枢A~玉衝KK:横斬りのあとに一瞬待つと別の構えになります。そこからKKを出すと強烈な下段が。
6A~天枢A~投げと中段の二択:天枢Aは終わるのが早いので、二択タイムにもなります。

天枢AKが当たったら、44Bを使って起き攻めをします。これはガードさせると有利な状況で天枢にいけるので、やはり天枢Aを使った上記の攻めができるのです。なお44Bがヒットして相手がスタン状態になったら、ヒット確認からの天枢B~文曲ABというコンボを決めましょう。意識してヒット確認していればそこそこ安定するはずです。


○4B
リーチ長めの中段縦斬り。6Aが上段なので、その対の攻め手として用います。
4B~巨門Bは二発連続ヒットしてまとまったダメージが得られます。根性値補正を受けないので最後のトドメに使うと一見して生き残りそうな体力からでもKOできます。

4Bからは次のような連携があります。
4B~巨門BK:一発目をガードして手を出してきた相手にカウンターヒット。左方向へ落ちます。
4B~巨門B~文曲AB:巨門Bカウンターヒット時はこちらのほうがダメージが稼げます。
4B~巨門K:下段キック。意外に早いのでガードするのはきびしいかと。横移動対策でもあります。
4B~巨門AK:下段横→中段横。横移動対策その2です。発生が遅い代わりに二段連携になってます。
4B~巨門A~投げと中段の二択:二段連携なのを生かすとこういうあつかましいこともできます。

マキシをまったく知らない相手には4BBK,2A,4BBK,2A,4BBK,2A…でハマるというのが、ソウルシリーズで毎回見られる光景です。今回も有効ですのでマキシを覚えるときはここからやってみましょう。巨門BKのローリングソバットは上段攻撃なのでしゃがむことができます。しゃがまれてしまう場合は文曲ABに切り替えていくわけです。


○スカし
相手が何か技振りをしてきそうな気配なら6Aや4Bで仕掛けるのは控えて一旦バックステップや横移動をしておきます。短い技は後ろに、縦斬りは横にかわしていく狙いです。

スカらせる動きをするときは必ずどの技で反撃するかまでセットで考えておきます。予め頭の中で意識しておかないと実際には空振りに差し込むのが間に合わないからです。後ろにスカしたときの反撃としては4BBや3B、コマンドに自信があるなら死兆閉じでいきましょう。横移動でスカすときは1runB、6runBあたりがよいと思います。

スカらせる動きは、ある程度距離のある状態からでなければできません。密着状態からではよけきれないことのほうが多いからです。したがってマキシで近距離戦をするときは6Aや4Bがちょうど届くくらいの距離が攻めやすい&スカしやすいナイスな距離感であり、ド密着状態は特別な狙いがない限り避けたほうがよいということになります。


○構えの弱点
マキシの構えの弱点は「下がりに弱い」ということ。これに尽きます。
一旦構えてしまうと各種構え中のA,B,K三種類しか出せなくなるので、それが届かない間合いまで下がってしまえばむしろおいしいスカし確定の的です。しかも、↑で書いているようにマキシの仕掛けどころは構え始動技が先端で届くくらいの距離なので、マキシにとっては仕掛けやすい反面、相手にとっても構え連携をスカしやすい距離なのです。

マキシ対策は常に「いつ下がるか」の判断がカギになります。裏から見ればマキシ側は空振りをどうやって抑えるか、下がりをどう追いかけるかが永遠のテーマです。足の速いキャラ相手で無限遠ステージだったりするとマキシはかなり苦労します。反面、下がりの遅いキャラクター相手や狭いステージでの試合ではマキシは全く困ることがありません。

マキシに困っている人は構え中の二択ポイントなどでバックステップガードを試してみてください。バックステップガードをあまりやったことがない人はテキスト(攻略本)の19ページを見ながらトレーニングモードで練習していただけたらと思います。


○ラウンド開始時に考えていること
以上のように考えていくと、マキシは壁際に追い込んでゲームセットの状態をつくるまでの流れが非常に重要だということがわかります。ラウンド開始時はリング中央から始まりますが、ここからいかに相手を端へ寄せていくかという将棋が始まるわけです。

まずは相手との距離を適切にキープすることです。
距離が近いと、同じ一歩でも角度が大きくずれてしまいます。距離が離れていると横ステップ一回くらいでは角度が全然変わりません。この状態から、スカったらすぐに反撃するというプレッシャーをかけつつ、じわじわ相手を下がらせていきます。

リング端が近くなってきたら必然的に相手の横移動が増えます。この横移動は相手の動きそうな方向に強い技をふって抑えましょう。

マキシからみて右側にリング中央がある → 33B,66B+K,66A,22A,6A
マキシからみて左側にリング中央がある → 66A,22A,6A

だいたいの相手は無意識にリング中央にむかって横移動するはずです。それを利用して上記の技を最低でもガードさせていきましょう。これがプレッシャーになって相手を画面端へ寄せていくことにつながります。また、技を振るだけでなく、自分がリング中央側へ横移動することも忘れずに。自分の体を壁にして相手の移動方向を邪魔していくわけです。

最終的に追いつめることに成功したら、脱出しようとする横移動に6Aでランカウンターをとります。6A~天枢AK~壁ヒット~4BB~文曲A.bA+B+K~禄存A でラウンドが終わるはずです。次のラウンドもまた画面端へ寄せる立ち回りを徹底しましょう。
編集 / 2012.02.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
メーカー公認の日本最強決定戦開催
カテゴリ: 大会・催事 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
既に各所で報道されているとおり、バンダイナムコゲームス公認の日本最強決定戦が開催されます。詳細はこちらの応募サイトにまとまっています。

ソウルキャリバーV 最強日本一決定戦

○大事そうなところのまとめ○
・西日本予選と東日本予選がある(両方へのエントリー可能)
・PS3部門とXbox360部門がある(ハード越境エントリーはできない)
・賞金&賞品つき
・西日本は3/3(PS3)、3/4(Xbox)に、大阪のKO-HATSUで開催
・東日本は3/17に両部門を千葉・市川のe-sports SQUAREで開催
・東日本予選終了後、そのまま同日中に決勝リーグ戦をおこない順位決定


メーカー公認でしっかりした大会が開催されるのは実に数年ぶりのことだと思います。発売直後のやり込みがダイレクトに結果に影響する時期の大会ですし、これはもう出るしかない!

編集 / 2012.02.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
キャリバーV 攻略メモ アイヴィー 1
カテゴリ: アイヴィー / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
出かける前にアイヴィーの3Bについて調べてみました。

【アイヴィーの3Bの強さ】

・縦斬りと上段攻撃を同時にかわす瞬間があります。
 不利な状況で出すと、距離と不利フレームによっては
 相手の技を軒並み回避しながらつぶすことも可能。
・カウンターヒット時のダメージが魅力。
・ガードされてもリスクが小さく、むしろバースト値高め

アイヴィーは剣が大きいので、牽制技の先端で触ると、3Bを出すのにちょうどいい間合いになっていることが多いです。じゃあ具体的にはどこが出しどころなのかを調べてみようと思って調査。


【方法】
トレーニングモードでMODE:COUNTERに設定。
こうすると相手キャラがAA,BB,3Bを打ち返してきます。
相手の技をうまくかわしながら当てられそうなものを記録していきます。


出かける前にキャリバー5のアイヴィーを調べる配信

【結果】

距離問わずよさそう
6AK,66bA+B+K,6B,3K,66A,44A,66B

先端ヒットから出せる
AA,BB,4B,K,6B+K,立ち途中A,立ち途中K,22B

超先端(距離がちょっとシビア)
3B,1B,66K


【考察】
上記のような技で牽制しつつ相手の技振りのでだしを3Bで狩っていくのは戦法として十分ありそうに思えます。もちろん3Bでよけられないような中段横をうってきたり、一旦横移動やバクステで3Bをスカしてくる相手には別途対応を考えなければいけませんが、相手としては攻めたいときに3Bをちらつかされるのは面倒な印象のはずです。

「距離問わず」の技以外はきっちり間合い計って出さないと逆に自分が痛い目に遭います。

編集 / 2012.02.09 / コメント: 1 / トラックバック: 1 / PageTop↑
2月7日ガチ対戦部屋配信アーカイブ
カテゴリ: 動画 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
昨夜はTwitch.tvでのキャリバー配信に挑戦してみました。まだ設定が全然決まっていないためか途中でカクついたりちらついたりして見づらいのですが、アーカイブが残っているのでリンクを貼っておきます。

昨晩の見どころはなんといってもデコポンティラの仕上がり具合。
↓ティラの動きは要チェック。

1. セルバンテスvsマキシ、αパトロvsマキシ、御剣とアイヴィーのカラー変更、アイヴィー試運転
2. 真剣勝負部屋 マキシ、アイヴィー、ラファエル、αパトロ
3. マキシ、ティラ、ツヴァイ、ピュラΩ
4. ティラ、ナイトメア、シバ、マキシ、ピュラΩ
5. ティラ、ピュラΩ、マキシ、ヴィオラ
6. ピュラΩ、ヴィオラ、マキシ、αパトロ
おまけ. デビル仁しらべもの配信


○2月12日(日)週末大会開催!
ソウルキャリバー5リリース記念週末大会開催告知 - 週末大会情報局

今週日曜日にXboxLive上で週末大会開催決定!
20時エントリー締め切り、21時から大会開始予定です。
レギュレーションはすべてリンク先にまとまっています。

今回のリリース記念大会の感触によっては定期的な開催も視野に入っているということで、希望者はすぐエントリーすべし!

編集 / 2012.02.08 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
キャリバーV 攻略メモ ツヴァイ 2
カテゴリ: ツヴァイ / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
ブレイブエッジの使い方。


○33B A+B+K
スカ確要員その4。必ず33Bをヒット確認して出すこと(そうしないとゲージが無駄遣いになってしまう)。空中コンボでアインパンチが3発入っている間にツヴァイを思いっきり前ダッシュさせる。スライディングを絡めた起き攻めができるので、そのまま一気にラウンドを終わらせたい。


○4B A+B+K
発生の早い中段から膝蹴りが出るブレイブエッジ。ディレイ版でも連続ヒットするのでヒット確認して出すべし。
A+Gから、4Aと同じくコンボになるということが重要。画面端でA投げが決まったらこの技でリングアウトや壁コンボが狙えちゃう。しかもツヴァイ本体の攻撃なので直後にアイン召喚可能。なんてお得な技なのかしら・・・これが今ならなんとクリティカルゲージ0.5本。お安い!


○66a A+B+K
中間距離から攻めるときお世話になる66Aの強化版。横斬りのあとにアインさんが上からパンチして相手をおさえつけてくれるので、その間にツヴァイが接近して有利な状況をつくれる。


○b+k A+B+K
個人的には一番好きなブレイブエッジがこれ。召喚後しばらくするとアインが出てきてダメージ56のパンチを出す。このパンチはダウン状態にも容赦なくヒットするので、起き攻めで出すとラウンドを終わらせる破壊力あり。

・66Aや66BAなど、アインを呼ばずにダウンを奪える技のあと
・空中コンボをA+Bや4A+Bでしめたあと

などはこの起き攻めがしやすい。特に画面端までもっていって上記の状況になったら狙っていって損はない。

起き攻めで狙うのは11K。普段使われない下段攻撃だが、この技がヒットしている間はアインパンチが連続ヒットするため、なにげなく食らっただけで体力の1/3近くが吹っ飛ぶ恐怖の起き攻めになる。

※ツヴァイの下段攻撃のうち、2Kのヒット時のみ、食らい硬直中にアインの攻撃をガード可能。つまりb+k A+B+Kでアインを呼んでおいて2Kを見えない大ダメージ下段に変化させる、ということはさすがにできない。それができたらやばすぎますw


○3a A+B+K
中段横から中段がでるブレイブエッジ。3AAは中→上の連携なので、二段目をしゃがむ相手に当てる狙いがひとつ。もうひとつは純粋にコンボ用として使う場合か。今のところあまりお世話になってはいないかな。3AAは大幅にディレイがきくがこのブレイブエッジはディレイ不可能なので要注意。


○1k A+B+K
中段のふみつけのあとにアインが登場。ダウンしている相手に当てると浮かせてA+Bで追撃できるので見た目的にもおもしろい。リング端でダウンしている相手を落とせるので、起き攻めやコンボレシピに組み込むといいかも。



こうして並べてみるとツヴァイってブレイブエッジの種類かなり豊富ですねw
編集 / 2012.02.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
キャリバーV 攻略メモ ツヴァイ 1
カテゴリ: ツヴァイ / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
まずは主力技から整理していきます。
ノート代わりにブログに書いているようなかんじなのであまり整理しきれてないのは勘弁してね


○4A
ボタンホールドでアインを召喚できる主力技。A+Gがヒットしたあとに連続ヒットする。

ホールドしてすぐに離すと、4Aヒット時アインの爪(中段縦)が割り込めない。この爪がヒットするとA+Bがコンボになる。爪ガード時は大幅有利なので、その場合A+Bが横移動などで回避できない。つまりどっちにせよA+G→4[A](短)→A+B はかなり鉄板の連携といっていい。A+Bに確定反撃をとれる相手にだけ要注意。

※もしかしたらキャラ限でA+B届かないとかあったかもしれないので要調査

これを警戒するとA+G→4[A]後に相手は動くわけにはいかなくなるので、本命の連携にいきたい。

A+G→4[A]→Aを離さずに214B→(アインの爪が発動)→3B→A+B

4[A]のAボタンをずっと押しっぱなしにしたままそれ以降のコマンドを入力。214Bのガードブレイク中はアインの攻撃がガードできないため、爪がヒットする。さらに3Bが連続ヒットして空中コンボへ。

本命連携はアインを待機させている間は隙だらけなので、暴れや横移動で対応されてしまうことに注意。これに対しては素直に最初の選択肢(Aボタンを離してA+B)にすれば対応可能。


○1[B]K
アイン召喚技の主力その2。
召喚後すぐにBを離すパターンの場合、一発目がカウンターヒットすると三段すべて連続ヒットするというダメージの高さ、二段目の上段横が微妙に横移動を追うこと、そしてすぐに中段のキックでフォローができることなど、リスクがあまりないことが魅力的。

接近戦ではこれをとりあえずぶんぶん振り回しておくだけで手軽にツヴァイ使いの気分が味わえる。(攻略本のストーリーモード攻略でもとにかく1[B]Kを出せと書いた所以です)

慣れてきたら[B]中に別の行動を狙ってみる。Bボタンは使えないので、AやKを使うことになるが、派生を意識させているということでそのまま前につめていってA投げを狙いにいくなど工夫の余地は多い。

ちなみにツヴァイのキックがヒットするまでBを離すのを我慢していれば、キック→爪の順にヒットし、そこからCEで拾うコンボも可能。


○66A+B
アイン召喚技の主力その3。
ヒットすると爪の浮かせ技のあとに4[A+B]が入って大ダメージ。しかもアインの爪をガードさせたあとは大幅有利で、66Bを重ねておくと横移動などでの回避が不可能。ヒット確認できれば強いが、とりあえずは「一発目が当たっていたら4[A+B]、一発目が当たってなかったらそれ以外の行動」くらいの判断でも問題なし。

ガードバースト値が高いので何度かガードさせればすぐに割れる。しかも有利なので振らない理由なし。横移動しなくなった相手にはぶんぶん振っていくと吉。

※エントリ投稿時は「横移動などでの回避が不可能」って書いたのですが記憶に自信がないのであとでもう一回調べておきます


○66BA
アインを召喚せずともダメージが稼げるスカ確用の技。
ヒット確認が不可能なのでリターンを得るには思い切って出し切るしかないが、ガードされると二発目をしゃがまれて大変な目に遭う。自分から能動的に振っていくというよりは相手の空振りに差し込む技として使っていく。

一応攻撃が出る直前にしゃがみステータスがあることと、リーチが長く若干横方向の厚みも期待できるので、相手が上段横を出したくなるような距離での様子見局面でも出してOK、かもしれない。

ヒットするとクリティカルゲージが一気にたまるのも魅力。


○22K
スカ確要員その2。
上段攻撃ながら、ヒットすると[B]が確定してまとまったダメージが得られる。牽制の先端を触れさせてから横移動するなどして相手の技をスカして叩き込みたい。

[B]でコンボにした場合、その直後の起き攻めはまだアイン召喚可能状態ではないので注意。


○立ち途中B
スカ確要員その3。
投げや上段攻撃をしゃがんでかわしたら絶対にこれを決めること。

立ち途中B→背向け中B+K→振り向きA+B

という空中コンボは体力1/3を一気に持っていくツヴァイ最大の狙いのひとつ。これが当たる当たらないで勝率にダイレクトに影響してくる。

このコンボのリターンを考えると、近距離戦で相手の二択を受ける場合や、中距離戦で様子見をするときは、中段をくらうリスクを払ってでもしゃがむ価値は大きい。上段と投げがきた場合は相手に感謝しながら浮かせていく。



●ここまでのまとめ
以上の主力技を実戦で使っていくことを考えると、だいたいこんな戦略になります↓

中距離戦では基本的には様子見。次点は前ダッシュからの二択。様子見中は常に上記スカ確要員を空振りの隙に決められるように意識しつつ、相手の苦手距離をうろうろしたり、上段横の牽制がきそうなタイミングでおもむろにしゃがんだりする。スカ確成功時は駆け寄っていって接近戦に移行する。

接近戦では4Aと1Bと投げがメイン。投げはA投げを中心とし、ヒット時は4Aからの連携でダメージをとっていく。1Bは有利状況で暴れをつぶす狙いなどに適している。投げ抜けされてもとにかく投げ続けること。

接近戦で不利になったら、バクステガードで間合いをひろげる動きをするだけでなく、縦斬り読みのクイックムーブ(~22K or 66BA)、投げ読みのしゃがみガード(~立ち途中B)を多めに行うといい。



とりあえず第一回はこんなかんじで。これだけでもかなり戦えますが困る場面がいくつか出てきます。それは次回以降。
編集 / 2012.02.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
キャリバーV 攻略メモ 御剣 1
カテゴリ: 御剣 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
初日に使ったキャラクターはマキシの他、御剣、エツィオ、アスタロス、ツヴァイ、ナツなど。それぞれのキャラについて自分で使うときに意識してることを書きとめておきます。


○狙い
・遠距離で空振りを誘って33Bを入れたい
・同じく遠距離で相手の横移動に44Aを当てたい
・受け身確定で一気に倒したい


○33B
遠距離で相手の技が届かない位置をキープし、横移動し続ける
相手の攻撃がスカったら、2移動中は3へ、8移動中は9へレバーをずらしてB
この入力で33Bを8wayrun中にスムーズに出せるので常に意識しておく

33Bが相手の隙にヒットしたら236Bを当てる
この時点でかなりのダメージを与えているので、
もし体力的なリードが大きければ自分は一旦リング中央の安全な位置まで下がる
相手は空中制御で仕切り直しているはずなので、もう一回遠距離戦が始まるはず

もし33Bを当てた時点で相手のうしろに崖が迫っていた場合は
236bA+B+K(236Bのブレイブエッジ)で叩きつけやられ状態をつくり
そこにクリティカルエッジを当ててリングアウトさせる
ゲージ1.5本消費は確かに安くはないが、ラウンドは確実にとっておきたい


○44A
発生の遅い中段横斬り、ヒットさせても有利にはならないが
ダメージが異常なまでに大きいので遠距離戦の大本命のひとつ
こちらの縦斬りを警戒して横移動+前後移動などの動きを相手が始めたらチャンス
44Aを先端でかすらせるような距離で出して相手にひっかける

4回当てれば勝てる技だが、ヒットしても有利ではないので
当たっていても一回下がって遠距離戦に戻すといい


○受け身確定
近距離で下段や投げを意識させておいて、相手がしゃがんだら3Bを通す
3Bヒット時は236Bを当てる空中コンボが基本だがゲージに余裕があるならブレイブエッジ化
3B ~ 236bA+B+K ~ 66A+Bはダウン状態&前後方向受け身に対して大ダメージがとれる

この他に試合で使えそうな受け身確定は:
66A+Bヒット ~ 236[B](最大ホールド)
236[B](最大) ~ 236~クリティカルエッジ

236[B]ヒット後はクリティカルエッジが確定しているが、
最速で入力せずに236236の前半の236をわざと見せるようにすると補正切りのチャンス
相手が受け身を入力すると、ダウン状態のダメージ補正がなくなるのでねらい目


編集 / 2012.02.03 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
キャリバーV 攻略メモ マキシ 1
カテゴリ: マキシ / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
攻略本制作中は人との対戦が一切できない状態でしたので、発売後になってようやく対人戦が遊べるようになりました。最初のうちは体系的なキャラ攻略というよりは気付いたことをノート代わりに書き留めていこうと思います。まずはマキシから。


○遠距離
自分から仕掛ける場合 → 66A(幅が広い)、66B(大ダメージの中段)
相手の出方を待つ場合 → スカりに1or7runBを入れる心の準備をしつつ横移動し続ける


○66A
超長い上段横斬り、ヒットさせると相手に後ろを向かせて有利になる(距離は少し遠め)
相手の暴れをつぶしたい時は → 6A~天枢AK(カウンターで三段ヒットして大ダメージ)
相手が固まると読んだら → 接近して投げと中段で択をかける
自分の体力に余裕があるときは → 無理せずもう一度下がって遠距離で相手を待つ


○66B
超長い中段振り下ろし攻撃、ヒットすると禄存Aでおいうちできる
そのあとは66を入力して接近の準備をしつつ、相手の受け身が見えたらB(66Bを重ねる)
相手が受け身のあとにガード以外の行動をしているともう一回コンボが決まって状況がループ

66Bがガードされたときはちょっと工夫が要る
とりあえず最初に出すのは禄存A
発生が超早いので相手が的確に技を選ばないとカウンターヒットする
禄存Aに相手が対応してくる場合は次の選択肢で応じる
相手が中段攻撃で切り返してくると読んだら → 禄存中B+K(破軍)で弾く
相手が縦斬りor上段攻撃で切り返してくると読んだら → 禄存Bでかわす


○11B
太鼓をバチで叩くようなモーションの技。
シリーズを通してダメージが高く今作でも遠距離のスカし確定でお世話になる
遠距離では22や88でクイックムーブを出して横に移動するが
その状態で相手の空振りが見えたら、2移動中は1へ、8移動中は7へレバーをずらしてB
こうすると1or7方向run中Bとして認識されるのでスムーズにこの技が出せる

相手の空振りにヒットしたら先行入力で66Bを出す
ダウン状態を選択したり、前方・後方受け身を選択するとヒットする
左右の受け身を選択された場合は当たらない

編集 / 2012.02.03 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
新章開幕!ソウルキャリバーV今日発売
カテゴリ: ソウルキャリバー5 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
ついにきょうを迎えました。
ソウルキャリバーシリーズ最新作がいよいよ本日発売となります!

オフィシャル攻略本を書かせていただきましたけれども(是非お求め下さい!)、また今日からは一般のプレイヤーとして、自分の気づいた点をこのブログに載せていこうと思います。
最初のうちはメモ書きのような内容のほうが多いかもしれませんが、気付いたことは片っ端から出していくというつもりでやっていきたいと思います。

新作でも、おおブロをどうぞよろしくお願いします!



○リンク集

ソウルキャリバーの情報がどこに集まるかわからん、という方は以下のサイトをどうぞ。目的に応じて利用してみてください。
形式は違えど情報共有を進めようという意図は同じなので、お持ちの情報があればどんどん投稿して下さい。

Wiki:ソウルキャリバーV wiki
掲示板:ソウルキャリバーⅤ掲示板
配信&チャット:ソウルキャリバー Live TV
SNS:SOUL ALLIANCE
イベント情報:STRIKE
海外情報:8wayrun.com

これに加えて、攻略情報を互いに共有しようというサイトがあるので、ぼくはそちらのほうにも参加しようと考えています。
(有)しのたに



○発売日当日大会、開催!

自信のある人もない人も集まれ!
ということでオンライン大会の開催が決定しています。発売日当日大会は発売日当日にしかできません。PS3/Xbox360両機種でそれぞれ行われますので下記の詳細を要チェックです。

(xbox360版) SCV 発売日大会
(PS3版) SCV 発売日大会

本日23時より、PSNのメンテナンスが予定されています。それに伴いPS3版大会は参加可能人数などで上限が設けられていますので、希望者は参加登録をお早めに。ぼく自身はXbox版の大会のほうで何かお手伝いすることがあるようなのでそちらにまわります。

編集 / 2012.02.02 / コメント: 6 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。