スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
攻略テロ御剣編その1 中距離戦
カテゴリ: 御剣 / テーマ: ソウルキャリバー3 / ジャンル: ゲーム
ちょっと前にmixiで僕がやった「攻略テロ」の文章をここに転載します。
攻略テロというのは一種の爆弾テロのようなもので、いきなりmixiで長文の攻略を送りつける行為です。今回御剣編で犠牲者になってもらったのは埼玉ポピーでバーチャなどをプレイしているディーノさん。彼に送信したメッセージをほぼそのまんまの形で転載しておきます。

--




【御剣】
あまりにも有名な「3Bと稲穂刈(2KB)の二択」をいかに仕掛けるかがカギですが、実は高性能な技を満載してるお得なキャラでもあります。二択にばかりこだわって、小さくまとまっていては御剣を使ううえでとっても勿体ない。じゃあどういう技を振ればいいのか、そのへんから考えたいと思います。

(この攻略のもくじ)
●中距離戦
 ・33B
 ・4A
 ・66A
 ・bA
 ・4A+K

●近距離戦
 ・6B8
 ・1B
 ・236B
 ・3A
 ・2A+B→3A
 ・214[A]→236B
 ・4[A]→霞
 ・居合[A]→霞

●コンボ

(もくじ ここまで)




●中距離戦
御剣はどの距離で戦わせても強いキャラなんですが、中距離戦はどちらかというと前フリ的な意味合い。近づいてさっさと二択かけて試合を終わらせたいけど、相手が中距離で牽制してくるから応戦しようかな、ってかんじです。御剣は一気にプレッシャーかけて接近して殺すキャラなんであまりこの距離にはこだわりを持たなくても良いと思います。


33B
御剣といえばコレ。浮かせ技として優秀です。相手の空振りにぶちこむほか、これをねじ込むようにして接近していくのも手。空振りだけ注意すればどんな用途にでも使える技です。コンボは236Bを確実に決めます。ただし、遠すぎると236Bが入らないことが稀にあります。そういう時は二発目を出すと入ると思います。

入力は、本当に「33B」と入力するわけではないので注意してください。立ち状態からとっさに出したいときには33Bでいいんですが、中距離戦はお互いに8wayrunで動き回ってる状況です。そこから出すなら「3または9に走りながらB」で出すのが一番早い。
具体的に言うと……レバーニュートラルを☆マークで表すことにすると、横移動ってのはこんなかんじの入力で始めますよね([]は長押し・ホールド入力を表します)。

8 ☆ [8] :画面奥へ走り出す
2 ☆ [2] :画面手前へ走り出す

これでキャラクターは「立ち状態」から「run状態」になります。で、8wayrun中の技というのは、run状態のときに対応した方向へレバーを入れて攻撃ボタン、で出せます。だから御剣の33Bは、技表で正しく言うなら「3or9方向run中B」なので

8 ☆ [8]→レバーを9にズラしてB :画面奥に走りつつ33Bを出せる
2 ☆ [2]→レバーを3にズラしてB :画面手前に走りつつ33Bを出せる

この入力で出せるわけです。ポイントはレバーをニュートラルに「戻さない」こと。run状態は、レバーをニュートラルにすると立ち状態に戻せるので、逆に言えば走って様子を見つつ空振りに攻撃を刺すならニュートラルには戻さないほうがいいんです。
これ、キャリバーを知っている人には既出すぎて煙たがられるような話なんですけど、そのせいでキャリバーを新しく始めようとする人が教えてもらえないケースが多いです。その結果、走りつつ33Bを出そうとして

8 ☆ [8](run状態) → ☆ 3 ☆ 3+B

なんていうまどろっこしい入力をしてしまう人が出てくる。これだとrun状態を一度解除して立ち状態に戻してから、再び33Bを入れなおしてることになっちゃいます。run状態からrun技を出すときには、レバーをニュートラルに戻さないで、入れたい方向にぐるりと回転させて攻撃ボタン! これは他のゲームにない入力なんで、苦しいとは思いますがマスターしてくださいね。


4A
基本的に御剣の中距離戦は、相手の牽制にスカ確の33Bを入れれば終わりです。相手が技を出してこないなら前ダッシュで間合いをつめて二択をかければいいし、それをさせまいと技を出してくるならスカして33B入れればいいだけ。スカ確のプレッシャーで一気に押さえ込めればあなたも一流御剣使いです。
ただ、これだけだとプレッシャーがちょっと足りないですね。相手からすれば、空振りさえしなければ御剣も技出してこないじゃん、ということに気付くわけです。そんな甘い考えを許していてはダメなんで、そのために振る技が4Aです。
リーチが馬鹿みたいに長い横斬りです。この技がどこまで届くのかは感覚で覚えてください。スカっちゃうと意味が無いので必ず先端を相手に当てるように出しましょう。これが届く範囲内なら相手は横移動できません。4Aがあるぞ、と意識させることでプレッシャーをかけて一気に接近します。
当てると相手は横を向いて硬直するので、間合いをガンと詰めて崩しにいきます。ガードされたら無理はせず横移動などで様子見。相手が慌てて縦斬りを返してくるようならスカ確をいれましょう。


66A
ランカウンター狙いならこの技もオススメです。このゲームは「横移動してるときに横斬りを食らうと起こすカウンター効果」ってのがありまして、それがランカウンターです。ランカウンターを起こせるのは横斬りだけで、縦斬りでは起きません。
66Aはカウンターヒットするとレバガチャ可能な腹崩れになります。相手の回復があまいならここにそのままコンボを決めればOK。レバガチャが早い人には何も確定しませんが、必死でレバガチャしてるところに二択をかけます。つまり接近のきっかけ作りとしてはちょうどいいわけですね。


bA
これは逆に、若干の軸ズラし性能に期待して、相手が突っ込んでくるのを迎撃する横斬りです。自分から攻めていきたいときに振る技ってかんじではないですね。ガードされるとかなりでかい確反をもらうんですが、いまのところキャリバーの世界でもほんの一握りの人しかここに反撃をいれてきません。すぐに硬直が終わってしまうので入れづらいのです。


4A+K
こちらも迎撃用の技。クリーンヒットすると打撃投げに移行してかなりのダメージが期待できます。突っ込んでくるところにエイと置いておくのがいいでしょう。隙がでかいので根元でガードされると危険です。刀の刃渡りの前半分を相手に当てるかんじで出すと、ガードされても距離があくのでおすすめです。遠すぎると打撃投げにならないので、そのさじ加減は練習次第。
中段攻撃ですが、しゃがんでいる相手に当てると打撃投げになりません。隙の大きさも考えると、自分から攻めていくときに出す技ではないですね。相手の投げをしゃがんだ時に確反として決めるとかなりカッコイイかも。
編集 / 2007.04.12 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。