スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
格ゲーにおける「先読み」と「後出し」
カテゴリ: 未分類 / テーマ: ソウルキャリバー3 / ジャンル: ゲーム
たまには対戦理論っぽいものを書きたいと思います。他の人の頭の中と比べてみたい。




○格ゲーにおける「先読み」と「後出し」
対戦格闘ゲームで行うすべての行動は、先読みと後出しに分けられる。

先読みとは:
「中下二択を仕掛ける」のように結果が不確定な行動のこと。この場合でいうと攻撃の成否は相手の立ち・しゃがみに応じて変化するので、成功するかどうかは当たるまでわからない。ほかにも「相手の前進を読んで技を置いておく」「横移動を抑えるために牽制の横斬りを振る」などがある。

後出しとは:
「相手の空振り硬直にスカし確定を決める」のように、結果が確定している行動。相手の行動を誘導し、先に手を出させて反撃を加える。別の言い方でいうと、相手にアクションを起こさせて、それを見てからダメージを与える行動。ジャンケンの後出しと同じで、必勝の行動。「ガードして確定反撃」「上段をしゃがんで反撃」「技をスカして反撃」あるいは2D格ゲーでいう「ジャンプさせて昇竜で確定迎撃」もこの中に含まれるか。武道の世界では後の先と呼ばれているタイプの行動。


【重要】
後出しを重視することが勝利のカギである。

どんなに強力な二択でも、それは「先読み」で出されている限り防がれる可能性がある。それに対して「後出し」は結果が確定しているので信頼性が高い。したがって、できる限り多くの場面で「後出し」をすることが勝利に繋がる。


(問題点)
ただし、「後出しを選択する」という戦略自体は「先読み」に属していることに注意しなければならない。

例えば……
・「ガードして確反」という後出しをすべくガードを固めること自体は先読みである(=崩されるかもしれない)
・「上段や投げをしゃがんで確反」という後出しのためにしゃがむこと自体は先読みである(=3Bがくるかもしれない)
・「スカ確をとる」という後出しをするためにバックステップなどをするのは先読みである(=長い横斬りがくるかもしれない)

とはいえ、一律に危険なわけでもない。これら「後出しを選ぶという先読み行動」(後出し行動の先読み部分、ともいえる)は、それぞれ負っているリスクが異なっている。「ガードして確反」や「上段や投げをしゃがんで確反」は相手の二択で崩される危険性をもっているが、「スカ確狙い」は相手の高ダメージの技をターゲットにして動くことが多いから、読みが外れても安く済むことがある(例・横移動しておくと3Bにはスカ確がとれて、2Aは食らっても安い、という状況など)。後出し行動に伴う先読み部分のリスクが低ければ、より強い後出し行動だといえる。

(※補足)
このへんは相手キャラの技の構成にも関係がある。上段しかこない連係の派生を読んでしゃがむことは割とリスクがない(途中止めからの中段とはタイミングがずれる)わけだし、下段が弱いキャラには「ガードして確反」をするときに崩されるリスクを考えなくていい。逆に横斬りで高威力な技をもっているキャラに対しては「スカ確狙い」のほうが危険な場合もある。一般的にはスカ確のほうがリスク:リターン比でいうと効率が良い行動になるけど、それもあくまで相手次第だということ。
(※補足オワリ/)

もっと具体的に考えるためにスカし待ちという後出し戦法を例にすると、ここに伴う「先読み部分」は「本当に相手が狙い通りスカってくれるかどうか分からない(当たる技を出してくるかもしれない、技を振らないかもしれない)」という点にある。ここで、相手が自分に対して当てる技がない場合は、この後出しは非常に強力である。逆に、このスカし待ちに当てられる高威力の技があるならば、スカし待ち自体がリスキーな先読みになってしまう。

また、相手が技を振らずに接近を試みるケースもあるから、スカし待ちを成立させるにはある程度の牽制も振っておかないといけない。もし本当に空振りが発生するまでなにもしないのなら、容易に接近されて崩されてしまう。このとき、近づく相手を追っ払うために出す牽制技は「先読み」で打たなければならないというジレンマが起こる(ガードされるかもしれないし、スカされる可能性やカウンターで潰される恐れもある)。この牽制行動でリスクのない技をチョイスできるキャラはスカし待ちがしやすく、強力な後出しが可能。逆にそのような牽制がないキャラは待ちづらい(相手が前に出てないのに牽制打って自滅したり……ということが起こりやすい)。

(※リスクのない牽制行動の例)
・スカりにくい:リーチが長い、あるいは横に広い
・反撃されにくい:確反がない、ガードバックがでかい、スカり硬直が短い
・つぶされにくい:出が早い、相手の技をスカす
(雪華の33B・66Aペアはかなり優秀だね)


逆に攻め側の視点に立つと、後出しに対して勝つ唯一の方法は「後出しのために行う先読み行動」(後出し行動の先読み部分)にリスクを負わせてやることのみ。追っ払うための牽制技を打たせてスカすなどしないといけない。ここでいわゆる「スカしあい」の状況が発生し、先に手を出したほうが負け、というにらみ合いに発展する。これが長引くと、今度は相手の固まっているところに素早く二択を仕掛けられるプレイヤーが勝つ展開へと進む(大会では互いに慎重になるケースが多いので、ここで腹をくくれるプレイヤーが強い)。ただ、それはあくまでも両者スカし合いのあとにくる展開なので、まずはいかに相手より後出しができるかを考えて動くといい。

というところまで考えておきながら、実戦では先に技を振って自滅するおおさか乙


●参考文献など
対戦ゲームトータルバランス調整板 - 差し合いの心得
編集 / 2007.09.08 / コメント: 8 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。