FC2ブログ
中距離での横斬り
カテゴリ: マキシ / テーマ: ソウルキャリバー3 / ジャンル: ゲーム
・33A(上)
・66A(中上)
・33bA(上)
・44AB(上,中x3)
・3A(中)
・4AbA(上中)
・6A(上)
・1A(下)
・2A+B(下)






33A
中距離戦の主力ですね。
威力高、発生も遅くなく、リーチも長くてrunをよくとらえてくれます。当ててダウンとれるというのも大きいですし、吹っ飛ばす距離もなかなかのものでリングアウトさせやすい。しゃがまれたらしょうがないですが、後述するような技群が控えてるのでマキシ相手には普通しゃがめないでしょう。
受身確定で紹介しているように、ここからは33Bでさらなるコンボが狙えるのも魅力。うっかりGボタンを押してしまうとゲージ5割確定、位置によってはリングアウトで死亡確定という超強力な横斬りなんです。
ガードされてもなんのリスクもないので33Aはどんどん打ちましょう。先端ではやや空振りしやすくなり、また受け確が狙えなくなるということもあるので、距離の把握は怠らずに行いましょう。ちなみに近ければ3B+Kが追撃として確定しているみたいなので、受け確に頼らず確実にダメージをとりたい場合はこちらを使用しましょう。


66A
33Aの「先端だと空振りすることがある」「上段なのでしゃがまれるかもしれない」という欠点を一度に解決するのが66Aですね。中段なので信頼できます。マキシの周りをぐるりと覆ってくれる攻撃範囲が魅力的です。しかもこの技は技レベル(ブレイクレベルとも呼びます)が非常に高い。すなわち、相手の技とぶつかり合った場合、相手の攻撃を割りながらヒットするんです。牽制を撒いてくる相手にも強いというわけですね。
ただ、ガードされると二発目をしゃがまれてしまうのがつらい。相手キャラによっては体力1/3弱をもっていかれることもあるので、これをしゃがむことのできる相手にはちょっとためらってしまいます。そういう場合は、以下に挙げたような選択肢を使えばいいので、ダメならすぐに次!というのが大切です。


33bA
発生が遅いものの、runに対しての強さはこちらも劣らず。さらに、ガードさせたあとは有利な状態で文曲に移行します。ここからの文曲Aや文曲Bは非常に割り込みにくく優秀です。AAなどで割り込もうとする相手には文曲KKで潜ることができるので、こちら側から積極的に試合の主導権を握りたいときにうってつけです。
文曲KKを見てからしゃがめる人で、文曲Aや文曲Bに割り込んでこない慎重派の人には、文曲中B+Kの宿星疾風をガードさせにいきます。これでなんと6フレームも有利になって、マキシのターンが継続します。33bA→文曲B+K→33bA→文曲……なんていう非常にやかましい連係も組めちゃうんですね。


44AB
構えを積極的に押し付けるというならこれも優秀です。微妙にrunに当たらない弱い方向があるようですが、ランカウンターで連続ヒット&有利天枢というのがオイシイ。しかもガード時は相手を強制的にしゃがませてしまうので、しゃがんだ相手vs.天枢に構えてる俺、というこれもまた悪くない状況。基本的には天枢AKを押し付けていって良いと思いますが、上段スカし系の反撃に対しては天枢BBKで対抗しましょう。なお、相手がしゃがみAを出してきても、届かずにこちらの天枢Bがヒットするようです。
一発止めも悪くない選択肢です。普段は出し切り、たまに一発止めという頻度がオススメ。44A単発だと、技後に密着状態に持ち込めます。派生を気にして手を出してこない相手を投げてしまうといった奇策が使えるほか、近距離戦を嫌がる相手に接近する手段としても悪くないですね。


3A
これはマキシにとっては珍しく、反時計回りに強い横斬りです。縦横問わず時計回りに当てる技は多いんですが、反時計は微妙に薄いことが多かった。ところが3Aだけはそれが逆。反時計に強く、時計回りにはまったく当たらない面白い技です。ランカウンター以上で腹やられスタンを誘発するので、レバガチャに気をとられている相手に二択をかけていけます。
近距離反時計回りには非常に強いんですが、間合いが離れると届かなくなる弱点あり。中距離戦というよりは近距離戦の技ですが、反時計回りに動きつつ接近の機会をうかがう相手などにも使えないことはないので、引き出しにいれておきたいアイテムです。


4AbA
そして3Aとペアで覚えておきたい横斬りがコイツ。時計回りに強く、二発目まで連続ヒットします。四発目まで派生が続くので、ディレイや途中止めを絡めて自分のペースを作れる優秀連係です。
近距離で撒くほか、中距離で置き技として使う方法もおすすめしたいです。一発目から二発目への繋ぎが早いので、空振りを見てスカ確を入れようとする相手に引っかかるんです。これを罠として用意しておけば相手は来るに来れない状況になり、マキシはのびのびと動き回れるようになります。


6A
そして、上記の技群の弱点を全部解決してしまうのが6A。上段横斬りですがリーチが長く発生がメチャ速い。66Aや33Aでは遅すぎるけど、他の横斬りでは心許ない、そんな時には6Aを使いたいですね。特に遠めの反時計回り移動に対してこういうケースが起こりやすいので、そんなときは6Aの出番。このスピードの速さ・このテンポの良さで天枢に移行するので、相手が遅れがちになるところを突く戦法が可能です。


1A
下段も紹介しておきます。
1Aは遅い下段横斬りですが、ダメージの高さとスキのなさが魅力です。ガードされても全然問題がなく、しかも長いので出し得の技。もしこれが見えてない相手だったら乱発してもいいと言い切れますね。横方向にも若干の強さがあるのでイチ推しです。ヒット時は相手が横向きになるので、向き直ろうとするとこちらに近づいてしまう点を利用。投げにいくことでダメージ効率を高めましょう。


2A+B
そしてマキシの下段といえばこれでしょう。相手の射程外からでも平気であたるリーチの長さ。そして見てからでは絶対にガードできない発生の早さ。ヒットさせると3F有利になり、マキシの流れができるところも脅威的です。ガードされると反撃確定ですが、そんなことはどうでもいいやと思えるくらいに優秀です。
これはrun対策として使うにはやや問題があるというか、意外に避けやすいという弱点があるので、むしろ遠くからでも二択がかけられるという点を重視。横移動にひっかかればランカウンターでコケるので、当たった幸運に感謝しつつ起き上がりを攻めましょう。


と、こんな風に用途に応じて好きなように選べるのがマキシの強みですね。対応できない状況がないし、それぞれに個性と特長があるんです。一般的なキャラランクではマキシはBランクにいるようですが、ほかのBランクのキャラってこんなにたくさん引き出しを持ってないですよね。僕のなかではこのキャラクターはA上位かSに位置すると思っているのですが、その根拠の一部はこういう所にあります。

編集 / 2006.06.02 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ