スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
コンボと補正切れ
カテゴリ: ロック / テーマ: ソウルキャリバーIV / ジャンル: ゲーム
前回エントリではロックのダウン投げについて触れました。あとはダウン投げを決めるための道のりを理解すればOK。そこでロックのコンボリストをまとめました。そしてダウン投げコンボでダメージを稼ぐために知っておきたい「補正切れ」についても考えてみたいとおもいます。






○「補正切れ」とは
ロックのダウン投げは、スタン状態にいれたかどうかでダメージが変化しています。スタンコンボと判定されれば、スタンコンボ補正が適用されてダメージがどんどん安くなっていきます。ところが相手が受け身をとり、その受け身のダウン判定をつかんだ場合「もうスタンコンボではない」と判定され、補正が切れてすべて正規のダメージが追加されていきます。これを補正切れと呼ぶことにします。これはロックだけに限らず、各キャラのダウン追い討ち系コンボにほぼ共通する仕様と思われます。

そのため、ロックのコンボレシピをまとめるうえでは
 1.スタンを起こすかどうか
 2.相手がGを押すと受け身が発生するかどうか(補正切れが起こるかどうか)
の二点に注意しなければなりませんでした。今回はすべて備考欄に記入してあります。すなわち、

非スタンコンボ:スタンしていないのでスタン補正がかからない。
スタンコンボ:スタンコンボ補正がかかるので、投げ続けてもダメージがあがらない。
受け身をとると補正切れ:相手が受け身をとるとスタン補正がかからなくなる。

この三種類で示してあります。


○補正切れを狙うには
ダメージアップを狙うなら、当然補正切れを狙っていきたいですね。「非スタンコンボ」や補正切れ対応コンボを優先的に使って、相手がGボタンを間違えて押してしまうのを期待しましょう。4A+Bのように、相手が受け身をとる間もなく掴むコンボは、手動でダウン投げの入力を遅らせれば補正切れを起こすことができますが、タイミングが少しでもずれれば相手は受け身を終えて立ち上がってしまうのでオススメできません。この場合はダウン投げを長く続けずに、足側3A+G→22B、頭側1B+G→22Bのようなレシピで直接的にダメージをとりにいったほうがいいでしょう。
相手が絶対にGを押したくないと思うようになったら、ダウン投げにいかずに22BやB+Kなど、ダウン状態にヒットさせると大ダメージが期待できる打撃技にシフトするのも手だと思います。
編集 / 2008.08.08 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。