スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
アルゴルvsマキシ十番勝負
カテゴリ: 動画 / テーマ: ソウルキャリバーIV / ジャンル: ゲーム
せっかくのお祭りということなんで、参加してきました。いま話題のアルゴル使いhatogin氏との10戦勝負です。立会人のかたがさっそく動画をあげてくださったので、チェックしてください。







すべての動画に、ぼくの視点から見た解説コメントがつけてあります。ぼくがやっている対策や、やろうとしてできなかったプラン(失策?)がわかるように書いたので、楽しんでチェックしていただければと思います。成功例も失敗例も入っているこの動画を見て、みなさんのキャラではどの状況でどんな選択肢をとることができるか、調べてみると楽しいですよ。




ぼくがこの挑戦を受けたときに考えていたのは、アルゴル11Aをガードしたときの確定反撃の使い分けについてでした。通常であれば、11Aガード時はマキシの立ち途中Aが確定して、文曲の構えで起き攻め・受身攻めが可能です。しかしアルゴルが4[A+B](左右に弾を発射する技)を打ってから出すと、せっかくガードしても立ち途中Aが弾に引っかかってしまって確定反撃にならない。この場合は立ち途中Aを立ち途中Bにして、禄存からの攻めを行うパターンに切り替えることで、ダメージをとりつつ弾を無効化して攻めることが可能です。

ところが実際にやってみると、オフでガードできてた11Aがまったくガードできないw
11Aがガードできることを前提にして、そのあとの確反の使い分けを考えていたぼくは、いわばオフライン式の思考法をしていたのです。hatogin氏のアルゴルはそうではなく、そもそもオンでは11Aなどガードできるはずがないのだから、安心して11Aが打てるようなお膳立てをつくることを最重要の方針としているわけです。ならば、オンでの挑戦を受けたぼくは「どう動けば11Aを打たせずに済むか?」という方針で対策を練らなければならなかったでしょう。

たとえてみるなら、オンとオフとはサッカーと野球のようなもので、ルールがぜんぜん違っている。hatogin氏はサッカーで勝負しようぜと言っていたのに、ぼくはサッカースタジアムに野球のユニフォームで来てしまったようなもので、これではかみ合わないのも当然ですw 今回の動画をみていただくと、10試合の間にぼくが野球の服を脱ぎ、サッカーに着替えていく様子がわかるのではないかと思います。

世間でよく言われるように、オフとオンとどっちが上かみたいな、そんな優劣をつけるつもりはぼくはないです。サッカーはサッカーで、野球は野球でしょう。両者並存が望ましいかな、でも個人的にはオフが好きかな、くらいです。だからこそアーケード化を希望するぜという、いつもの話になるのですがw

SC4でオンラインが実装されたことで、これまで未開拓だった潜在的キャリバー勢がどんどん活躍するようになりました。これは本当にすごいことで、このチャンスを見逃す手はないと考えています。今回こうして異種間の交流戦が起こり、そこにぼくが呼んでもらえたことはすごく嬉しかったです。ぜひ動画をチェックして、オフ派のひとはオンを、オン派のひとはオフを、それぞれ関心もっていただければなと願う次第です。
編集 / 2008.11.24 / コメント: 8 / トラックバック: 1 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。