スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
受身攻め
カテゴリ: マキシ / テーマ: ソウルキャリバーIV / ジャンル: ゲーム
マキシの受身攻めのパターンを列挙していきます。
このゲームの起き攻め・受身攻めにはキャラ差が存在するので(たとえばこれとかこれとか)、すぐにそのまま適用できるわけではありませんが、だいたいの方針にはなると思います。ちなみに今回の調査対象キャラはアルゴル。アルゴルはグループ2に属しているのでグループ1に対しては別に機会を設けて調べる必要があるはずですが、まずはここに公開しておきます。






【方針】
相手が受身をとったときに、後方・時計・反時計関係なく、どの方向の受身に対しても重なるパターンを探す。優先的に探すのは11Bが重なるパターン。11Bはリーチが長い、ダウン状態にもヒットする(横転には弱い)、ガードされても間合いが離れる、ソウルクラッシュ値が高い、といった長所をもつ。特に三番目と四番目がおいしく、ガードでソウルゲージを削ったうえ、相手の2Aや2Kには文曲Aが確定して再度起き攻めができるので、できるだけこのパターンに持ち込んで勝利したい。

【方針2】
相手をダウンさせたあと、相手がとれる行動は二段階に分かれている。まずは受身をとるか・とらないかの判断が第一段階で、ここでは後方受身をとる・時計回り受身をとる・反時計回り受身をとる・受身をとらずダウン状態を選択する(以下「ダウン選択」)の四種類を選ぶことになる。前方受身はSC4においてはほとんど意味のない行動なので割愛。
第二段階、つまりダウン選択後の行動も四種類に分かれる。すなわちその場で起き上がる・時計回り横転起き・反時計回り横転起き・後転起きの四種類。その場起き上がりの場合はそこから立ちガード・しゃがみガード・立ち途中攻撃による暴れなどが選択できる。
理想としては、受身をとってもダウン選択をしても空振りしないパターンを構築したい。それが難しい場合は、今回は受身に重なることを優先して調査。ダウン選択後の行動で空振りしてしまう場合は別途ダウン選択対策の選択肢を作っておくが、今回はそれは後回しにする。

【凡例】
以下、次のように表記。
受身をとった後の行動……「後方受身」「時計受身」「反時計受身」
ダウン選択後の行動……「後転」「時計横転」「反時計横転」



【調査結果】
○11Bが全方向の受身に重なる&ダウン選択後のすべての行動に空振りしない状況

6BBB,3A+K,22KK,玉衝KKヒット後

この4つはヒット後に11Bを出すと、後方・時計・反時計関係なくすべての受身に重なるほか、ダウン選択後の行動、すなわち受身をとらないことを選択したあとのその場起き上がり、横転、後転のすべてに重なる。6BBBと22KKは、ヒット時に間合いが離れることを期待して受身をとるひとが多い。3A+Kと玉衝KKはそれと反対に受身をとらないひとが多い。



○11Bが効率よく重なる状況(カッコ内の行動をされると空振りする)

4Kヒット後(後方受身),33B→玉衝KKヒット後(時計横転),22Bヒット後少し走ってから(横転),巨門BK→2B+KBヒット後(後方受身・横転),禄存B→2B+KBヒット後(後方受身・横転),揺光Aカウンター→2B+KBヒット後(後方受身・横転),文曲K→しゃがみBヒット後(横転),揺光BBA→背向けB+Kヒット後(時計受身)

これらは11Bを特定の行動でないと回避できないもの。接触さえできれば体力かソウルゲージかどちらかを奪えるので迷いなく出していく。ただし、両方向の横転で回避できるパターンは注意が必要。ダウン選択時に最優先で選択される行動は横転起き上がりであることがほとんどなので、受身をとることの少ない相手に出してしまうと「よくわからないけど勝手に空振りしてくれてラッキー」という結果になってしまう。特にリング端でダウンを奪ったときなどは受身をとらないのがこのゲームのセオリーなので、そうした状況では受身対策ではなく横転対策に切り替えて攻めることが重要。



○33Bが全方向の受身に重なる状況

(3Bカウンター or 2KB)→天枢B→文曲Kヒット後,6Kヒット後,天枢AKヒット後,文曲K→しゃがみBヒット後,揺光BBA→背向けB+Kヒット後

これらの状況では33Bが全方向の受身に重なる。つまり受身をとった瞬間、体力かソウルゲージかどちらかを奪えることが確定する(……といいのだが実は今回の調査ではインパクトで弾けるか否かは調査対象外。弾いて逃れることができるパターンもある)。相手が慌てて受身後の暴れを選んだ場合は、33Bがカウンターヒットして七星転生3(A+K)→巨門K が確定する。
33Bは後転や時計横転には引っかかるものの、反時計横転やその場で寝続ける行動に対して空振りする。リング状況をみて、相手が時計回り横転しそうだと判断したら狙い目。ガードされたあとは展開がちょっと厳しいが玉衝Bを出すと案外割り込まれにくい。マキシ対策のしっかりしている相手以外には出し得。



○文曲Kが受身に重なる状況(カッコ内の行動をされると空振りする)
しゃがみ1AB→巨門Bヒット後(後方受身),立ち途中A(ただし近距離ヒット時),A+BGカウンターヒット後

○文曲Bが受身に重なる状況(カッコ内の行動をされると空振りする)
4AB→巨門Bヒット後(後方受身),(236K or 33A)→A+BGヒット後,A+BGカウンターヒット後

巨門BやA+BGでコンボをしめると文曲での受身攻めが始まる。大まかな方針としては、ダウン選択には文曲K、受身には文曲Bを重ねていきたい。ただし後方受身をとられると両方とも届かないパターンがあり、この場合は構えを解いて仕切り直しにするのが無難かと思われる。
実戦でもっとも頼れるのは33Aヒット時にA+BGで追い打ちしてから文曲Bを重ねにいくパターン。33Aは横移動に強い・ガードされても隙がない・発生もそこそこ早い、という優秀な横斬り。ヒット時は運が悪くない限りA+BGが確定するので、これを当ててから文曲Bを出す。相手が横転受身をとると最低限ガードさせることができるので攻めが継続する。要注意はアスタロスやアイヴィーなど、後方受身をとると間合いが離れるキャラクター。文曲Bが目の前で空振りして泣くことになる。
なお、文曲Bヒット後は相手がダウン選択すると巨門Bがヒットし、もう一度文曲Bが受身に重なる状況に戻る。ループ性をもった攻めを構築できるので狙っていきたい。



○そのほかのパターン

6A+B
通常は玉衝Bでおいうちして41ダメージ。ただしヒット後は仕切り直しになってしまうので、タイムアップまでに逆転したいときなどはもっと狙いの大きな選択肢をとりたくなる。6A+B→七星転生3(A+K)→巨門Bは反時計受身以外にヒット。一方6A+B→七星転生1(6)→文曲Aは受身確定。したがって受身には文曲A、ダウン選択には巨門Bを狙う。狙い通りダウン選択に巨門Bがヒットした場合は文曲Bが重なり(ただし後方受身と時計横転で回避可能)、文曲Aが受身に刺さった場合は後述の展開にもちこむ。

66A
ヒット時、前ダッシュからの66B+Kが全受身に重なる。ただし走る距離の調整が面倒なので、その場合は前方ジャンプからの攻めを展開してもいい。前方ジャンプ後は常に同じ状況で攻めが再開するので前ダッシュの距離調整がしにくい場合におすすめ。

33Kカウンターヒット
中間距離で置いたり、前ダッシュから押しつけに行くのに最適な技だが、受身にぴったり重なるパターンは作りにくい。66Aとおなじく、前方ジャンプ中に受身の有無を確認してから攻めるパターンが最良か?

66Kヒット後,2KK二発目カウンターヒット後
236Aがすべての行動に重なる。2KKの場合はむしろ確定コンボ。

66B+K
再度66B+Kを打つと立ちガード以外のすべての行動にヒット。

A+Bカウンター
ここを参照

A+BGカウンター
上述のとおり。それに加え、文曲Aが受身確定なのも重要。

禄存AAB,揺光K
1Aが受身に重なる。

文曲A
しゃがみ1ABが全受身に重なる。アルゴルの場合、ダウン選択から横転を選んでも二発目をよけられないほか、後転を選んだ場合は「後転確定」となる(後転の終わり際に一瞬だけ存在するガード不能時間にヒット)。

文曲B
上述のとおり、ダウン選択には巨門Bが空振りしない(その場起き立ちガードだけはできたはず)。受身に対しては揺光に移行してからの揺光Aが重なる。


編集 / 2008.12.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。