FC2ブログ
Bの使い方
カテゴリ: マキシ / テーマ: ソウルキャリバー3 / ジャンル: ゲーム
マキシの最重要技を一つ挙げるとすればやはりBです。基本の縦斬りにして天枢連係の出発点。そして尋常ではないリーチの長さ。Bの打ち方の上手い人はマキシをかなりやり込んでいる人でしょうね。僕もマキシに慣れてきた頃はプラクティスモードでBを素振りしまくり、ドット単位でリーチを覚えようと繰り返し練習したのを覚えています。今日はこの技の使い方を紹介したいと思います。




Bの使い方の基本は、アルカディア7月号(最新号)でハメコ。さんが書いています。B→天枢AKとB→天枢A→玉衝KKのあまりに有名な二択と、天枢A部分をしゃがむなり2Aなりで対処してくる相手へのB→天枢BBK。2Aが来ると読みきったときには、天枢Kのジャンプ部分をいかして2Aを飛び越えて天枢K[K]→66B+Kを叩き込む。これが大体使われるパターンというわけです。

Bからの状況は、僕がwikiに書いた割り込みフレームデータを見てください。
got squashed マキシ - 天枢 割り込みフレームデータ(※家庭用)

また、家庭用マキシでの天枢の使い方はUSSR.jpの掲示板に僕が書いたログがあります。
USSR.jp雑談掲示板 製品版攻略スレ(59番、65番)

このデータや書き込みは家庭用のもので、AEでは調整が加えられています。
たとえば、Bガード時の天枢Bは家庭用では「割込不可」とあります。タキのAですらうまくいって相打ちがやっとでしたが、AEではそうした速い技が天枢Bをつぶすようです(もちろん、そのような安易な割り込みは天枢AKで潰せるのは言うまでもありません)。それを除けば、↑の家庭用の考え方とAE版とは変化無しです。


ただし、AE版で大きく変わった点といえば、構え中B+Kの宿星疾風がガードブレイク技になったこと。上段攻撃ながらガードさせて6フレーム有利というのは強力ですね。これを↑の天枢連係に組み込んでみてください。天枢には立ちガードだ、と考えている相手に対して効果を発揮します。ブレイク後は投げと中段で二択を仕掛けるほか、再度Bからの連係に付き合わせるなどの選択肢があります。

そして天枢A、天枢B、天枢K、天枢B+K、すべてに対応できるような相手が現れたとき、構え解除→投げ、あるいは七星転生1→玉衝KK、七星転生2→文曲二択、七星転生3→巨門Aから二択、…… というような構えチェンジをフル活用した天枢だけにとらわれない攻めを構築することになるのです。マキシ対策に終わりが無いと言われるのはこれが所以で、本当に無限数のパターンがある以上相手の対策もやり尽くすことがないわけです。



と、ここまでが近距離戦でのBの使い方。実はBには連係の始点としてだけではなくて、普通の中段縦斬りとしての用法もあります。発生の早さの割にリーチが長いことを利用した、相手の前進に対して突きつける牽制技としてのBも忘れてはならない用法だと思います。冒頭で書いた練習はこのためのものです。相手の皮膚に触れるか触れないかという間合いでBを出すようにして、相手にプレッシャーをかけていきます。

この間合いでくりだすBはあくまで相手をストップさせるためのもので、連係に行くのはオマケと考えたほうが良いでしょう。なぜならBの先端の間合いで近距離Bと同じようなことをやってしまうと、相手はバックステップ一択で済んでしまうからなのです。連係に無理矢理付き合わせるのが強みだったのに、間合いが遠いせいで下がれば何も当たらなくなるわけです。ですから、この間合いでBを出す場合は、そのまま構えをやめてしまって、足を止めた相手にこちらの選択を迫っていきます。そのなかで相手が暴れてくるようなら天枢BBKなどでやっつければいいでしょう。もしくは天枢B+Kのドラゴンキックで、下がる相手を一気に追い駆けるのもアリです。時計回りに移動されると当たらないので、そこだけ注意してください。

Bを中距離牽制技として使えるようになると、この間合いでの主導権を容易に握ることができます。相手は天枢に付き合いたくは無いため、Bをガードしたあと止まるなり下がるなり横に動くなりすることになります。どうしてもマキシのBより内側には踏み込めなくなってしまう。
ゆえに相手はBそのものを横移動で避けようとする傾向が強くなり、そこに待っているのはマキシの豊富な中距離戦用横斬りの数々……マキシ対策にはやはり終わりがありません。

遠近ともにキーとなるBの使い方。マキシ使いをこころざす人は、果敢にチャレンジしてみてください。
編集 / 2006.06.16 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ