FC2ブログ
ガードさせて下がる(家庭用下調べ)
カテゴリ: マキシ / テーマ: ソウルキャリバー3 / ジャンル: ゲーム
カサンドラのような足の速いキャラクターの場合、Aなどの隙の少ない技を相手にガードさせ、つられて攻撃を返してしまったところをバックステップで避け、スカし確定を入れるという戦術が可能です。この例の場合、相手キャラがマキシのときは、マキシ側がA,2A,B,2B,3B,4Bなどなど、主力技を出すとことごとく空振りします。せいぜいカサンドラのところまで届くのは2A+Bや66B+K、または6Aや66Aくらいのものですが、どれもバックステップからのガードが間に合ってしまうという状態。
このように、誘って下がって空振りさせて反撃する、というようなセットプレーを組むことは足の速いキャラにとってはとても大切です。相手に技を振ることそのものをためらわせることができるというのは非常に効果的だからです。


やられっぱなしでいるのも良くないので、我らがマキシでも同じ戦法がとれないかどうか、試してみる必要がありそうです。AEでの実験を前に、まずは家庭用SC3を使っての下調べをしてみました。調査は、PS2版のトレーニングモードを使います。マキシvsマキシにし、「ガードさせてから下がるとマキシの2AやBが届かない技」を探しました。相手キャラを同キャラに設定したのは、マキシの2Aが長さからいって標準的で目安にしやすいからです。


以下がこの条件に該当した技群です。
66A,4AbAA,1B,66BG,K,6K,4K,66K,236K,33A,33K,8A(ジャンプA),B→天枢A


ガードした相手がしゃがみ状態になる技についても調べました。
こちらはBと2Aではなく、しゃがみAと立ち途中Aを下がってスカせる技群です。
4AbA,aK4,6bA,2KK,kBA4



具体的に言いますと、上記の技を相手にガードさせ、そこからバックステップをすると、相手が出してくる技をスカしやすい。そこで、これらの技を相手に押し付けて、ガードしてくれたら即座に下がる(そして空振りしていたら確定を叩き込む)という、相手の反応を引き出すような戦い方ができるのです。ただ闇雲にスカし確定を狙うだけでは難しいですが、これだと相手の空振りを予期して行動することができるので、より実戦的だと思います。

あとはこれをAEでも実験してみる必要があります。成果がまとまったらここで発表します。
編集 / 2006.06.20 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ