スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
ソウルシリーズ初体験の人に知ってほしい10のこと(3)
カテゴリ: 未分類 / テーマ: ソウルキャリバーIV / ジャンル: ゲーム
前回と前々回に続き、7~10項目めです。今回で一区切りとなります。
ぼく個人がキャリバーのおもしろいところだと思っていることを中心に紹介してみます。


中距離の3すくみを意識しよう

第一回で「攻撃は先端で当てるのが効率的だ」と書きました。中距離戦の上達のためには、まずは持ちキャラの技リーチを徹底的に身体で覚えて、先端で当てることを意識してほしいと思います。

ですが、先端当てには弱点もあります。ほんのわずかなバックステップをされるだけで空振りしてしまうのです。牽制をかいくぐりたい接近戦キャラにとっては、ここに活路が見出せるわけです。牽制技が強くて近寄れないなら、わざと先端間合いでウロウロして技を振らせて、空振りに攻撃を合わせればいいことになります。

こうして順番に考えていくと、次の3すくみにたどり着きます。

1.置き技・牽制技に対しては空振りを待ってスカし確定をきめる。
2.待ち・下がりには接近していって二択をかける。
3.接近二択をつぶすには置き技・牽制技が有効。
1'.そして置き技・牽制技にはスカ確をとる。 ← 二周目に突入

格ゲーはじゃんけんだと言われますが、もっと詳しく言うと技同士のジャンケンではなく、戦術どうしのジャンケンなのです。ある状況下で相手に○○をされると当たる技がない、なんて状況はよくありますが、そのときはこのことを思い出してください。


キャリバーは「位置取りゲー」です

ソウルキャリバーは、8wayrunでリング上を動き回れる代わりに、リングアウトすれば即死しますし、壁にぶつかれば大惨事になります。いかに相手を端においやり、自分は安全なところに立つか。ソウルキャリバーが位置取りのゲームだと呼ばれるのはそれを考えるゲームだからです。

画面端での位置取りが、キャリバーで一番腕の差がでるポイントです。前回も書いたとおり、常に自分・相手・リング端の位置関係を確認してください。自分が端にいる場合は、ステップやランで位置をいれかえましょう。相手の攻撃をガードして有利になったら、攻撃を出さずに横移動してみてください。相手は不利なので固まるはず、その時間を活用して中央に戻るわけです。自分がダウンしている場合は、すぐに起き上がらず相手の起き攻めを横転でかわしてリング中央に戻ります。起き上がる=そこで位置が固定される、ということなのでリング中央に戻るまで起き上がらないでOKです。

逆に、自分が相手を追い詰めている場合は、なにがなんでも逃がさないようにしたいものです。リング中央に戻ろうと横移動するのを狙って横斬りを打てば、ランカウンターでリングアウト勝ちという展開が狙えます。相手キャラによっては真後ろに落とす技を持っていますので、それを誘って空振りさせるという狙いもおもしろいですね。

追いつめたときの位置取りのコツもお教えします。そのコツは「おいつめすぎないこと」。相手との距離が近すぎると、わずかな横移動をされるだけでも大きく角度が変わってしまい、取り逃がしてしまうことになります。自分の横斬りのリーチを覚えて、それが当たるギリギリのところに位置しましょう。相手はリング端にいるので下がれませんし横移動もできません。このパターンを多く作れるようになると勝率も変わってくるでしょう。


相手キャラの連係はすぐにトレモで確認!

中距離戦とリング端の立ち回りがうまくなれば、キャリバーらしい動きはだいたい完成です。あとは接近戦での読み合いを磨くことになりますが、接近戦では出される技の種類が豊富で、中距離戦以上にキャラ対策知識が必須になります。

相手キャラクターの連係をたくさん覚えれば、接近戦で自信をもって動けるようになります。どこまでが連続ヒットするのか。途中で打撃で割り込むことはできるのか。ガードすると有利になるのか不利になるのか。確定反撃はあるのか、それとも手を出すとカウンターで食らってしまうのか…… などなど。ポイントは技一個一個に注目するのではなく、技と技のつながりに注目することです。

やられて苦しかった連係は、忘れないように目に焼き付けましょう。対戦後はすぐにトレーニングモードに戻って、その連係をCPUに登録・再生します。自分のキャラだったらどんな対策がとれるか調べて、次の対戦に活かせるように練習しましょう。

とはいっても、相手の連係はいちいち覚えていられないのも事実。そういうときは対戦相手に直接質問してみたり、ネット上で他の人に知恵を借りましょう。戦術には流行り廃りがあるので、強力な連係であればいろんな人が対策を知っているかもしれません。そして尋ねた知識をトレーニングモードで確認・練習して次に備えるのです。


ひとがたくさん集まる場所を知ろう

最後に、ひとがたくさん集まるおすすめの場所を紹介しておきたいと思います。
対戦ゲームは、他の人と遊んだほうが絶対に楽しい。

○オンライン
SC4 LIVE
オンライン対戦のコミュニティとして魅力を増してきたのがこちら。アクセスするとチャット画面と、配信チャンネル名が並びます。配信されているチャンネルがあれば色が変わって表示されるので、そこをクリックするとustreamやjustin.tvの配信が見られるという仕組み。
みんなでチャットしながら、リアルタイムで進行する対戦を応援したり、わからない知識について話し合うことができる点で優れています。最近は5on5や10on10のチーム戦などが行われ、100人以上のユーザが同時接続して中継を受信していました。

○オフライン
Tokyo Game Night
オフライン対戦の機会をつくろうということで活動しているTGN。ぼくも格ゲー部門でスタッフをさせていただいてます。東京・阿佐ヶ谷を会場として、夕方から徹夜で翌朝までノンストップで対戦しまくるイベントを、既に3月と5月に開催しました。次回は7月18日にRTS部門、7月19日に格ゲー部門で対戦会が行われます。そろそろエントリーの時期がくるかなと思いますので要チェック。

23:59
TGNってどんな雰囲気のイベントなのか、それを知りたい場合はこちらをチェック。会場からはゲーム画面と会場内固定カメラをミックスして配信をおこなっています。配信映像を見ていただければ、場内の盛り上がりを感じ取っていただけると思います。

新潟POPY
今月の下旬、27・28日 (土・日)に、新潟にてオフライン対戦会の開催が決定。東京が遠すぎるという近隣の方、ぜひお越しください! 会場内にはアーケード版のキャリバー3と、プレイヤー持ち込みのキャリバー4が設置される予定です。ぼくを含め都内のプレイヤーは既に参加予定。うまいメシが揃う新潟でいっしょに遊びませんか。
準備のために参加人数の規模を知る必要がありますので、今週中が第一次締め切りとなっております。参加したいぞ~という方は今週中に参加表明をお願いします。このエントリにコメントを残していただく形でもOKです(受付をしている方へ取り次ぎます)。詳しい地図はお店のHPで。

※この件について、お店に直接問い合わせるのはご遠慮ください。
編集 / 2009.06.05 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。