スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
さばき→66A+B→さばき…
カテゴリ: ソン・ミナ / テーマ: ソウルキャリバーIV / ジャンル: ゲーム
ミナの66A+Bをさばき成功時に出すと、ダウン選択でも受身をとっても回避できず、必ずヒット(体力ゲージ奪取)orガード(ソウルゲージ奪取)となります。つまり、どちらかを確実に減らせるという意味では「確定」と言えるわけです。これは便利。




ガードインパクトは二種類ありますが、投げがインパクトできない特性から、基本的には【弾き→投げ】が確定しており、さばきよりも弾きを狙うのが得策とされています。ですが、投げ掴みは抜けることができるので、もしさばきの後に確定するものがあればそちらを狙いたくなります。ミナの66A+Bは、体力が確実に減らせるわけではありませんが、上記の意味で「確定」と言ってよく、さばき後に狙う価値ありと判断できます。

それに加えて、66A+Bはガードさせると強制しゃがませで11フレーム程度の不利がつきます。確定反撃となるのはエイミの6BB程度であり、他のキャラクターからは確反を受ける心配がありません。それどころか、ここでさばきを仕込んでおくと、相手がしゃがみ技や立ち途中技を出してきたときにさばくことができ、再び66A+Bを重ねることができます。

したがって、66A+B近距離ガード後は(手を出す癖のある相手には)さばきを狙う価値が出てくることになり、

さばき→66A+B→さばき→66A+B→……

というループ性のある攻めが可能になるのです。もちろん、相手が66A+Bガード後に様子見をする可能性もあります。この場合はインパクト待ちの相手に対して、自分もステップガードや立ちガード、4Aの下がりなどをチョイスしたり、あるいは別の技に連係させて強引に流れをつくってしまうこともできるでしょう。


(さばきについて)
・ガードボタンを含む入力であるため先行入力ができない。
・横斬りは、その技の方向にしたがって受け流す。
・縦切りは技の属性にしたがって次のように受け流し方向が決まる。
 突き:さばき側からみて左側
 振り下ろし:さばき側からみて左側
 振り上げ:さばき側からみて右側
・さばかれた相手はインパクト返しができず、強制的にダウン。壁がある場合は激突する
・さばかれた直後は受け身をとることができる。16フレーム前後の攻撃が受け身確定
編集 / 2009.07.06 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。