FC2ブログ
ガントレットのすゝめ
カテゴリ: SCBD・ガントレット / テーマ: ソウルキャリバーBrokenDestiny / ジャンル: ゲーム
個人的にはいままでのソウルシリーズ家庭用のなかで、もっともよくできたモードだと思っているのがソウルキャリバーBDの「THE GAUNTLET」(ガントレット)。でもネット世間の評判は芳しくない様子。

たぶん、隠し要素を早く出してクリエイションがしたい人にとっては、ストーリーが一本道で、初見でクリアできない課題が次々に出てくるという構成がめんどくさく感じられるのでしょう。するとせっかくのガントレットがつまらない作業にしか思えなくなってしまうので、もったいないことだと思います。

世間のガントレットに対する誤解を正しておきたい、とまでは言いませんが、ガントレット勢を自認するぼくとしては、このモードを自分がどう楽しんでいるか書きたいなと思いました。ついでに、このモードの攻略記事にも取り組んでみたいと思います。





○ガントレットの楽しいところ

このゲームの楽しいところは、次々と現れる課題をテンポ良くしのぎ続けていくところにあります。最初のうちはミスしながらたどたどしくですが、わかってくれば連続成功回数をどんどんのばしていける。たとえて言うなら……

メイドインワリオとか、


リズム天国など


この手のテンポのいいミニゲーム集が大好きなひとなら、ガントレットにも間違いなくハマると思います。

各ミッションを初めてプレイするときは、失敗を重ねながらランクAまでたどり着けば、とりあえずはクリア扱いになります。でもぼくとしてはガントレットが面白くなるのはクリア済みの課題をもう一回プレイするときだと思います。

クリア済みの課題は、ランクAになってもそこで終了しません。ミスするまでエンドレスで課題が続きます。スピードも徐々にあがっていきますし、ランクAまでは出題されなかった課題も新たに出てきます。それをテキパキとさばいていくのはとても楽しい。


○ガントレットは格ゲーの対戦に活かせる

課題で出される技は、シリーズ経験者のぼくから見て、うまく選定されてるなと感じます。どれも実戦で出されそうな技が多いので、SP(サクセスポイント=連続成功回数)の更新を狙って何度もやりこんでいけば、自然とキャラ対策にもなります。

さらにこれを逆に考えると、ガントレットで出題されてる技は実戦でも使う価値アリの技ということになります。ガントレットモードが攻略本の代わりをしているということです。このモード、やる価値ありますよ。

格ゲーの対戦は、お互いがお互いに技の仕掛け合いをすることでなりたっています。相手の下段攻撃を、見てからガードできるか? とか、 上段攻撃の混ざった連係を、うまくしゃがんで反撃できるか? とか、自分のキャラの技や連係を「出題」しあって対戦するのが格ゲーなのです。

これは「このハイレベルな攻防に、おれ今ついていけてるぞ」っていう高揚感を伴う、めちゃくちゃ気持ちのいいものでして、これを味わってしまうと対戦格ゲーなしでは生きられないくらいハマってしまう。

ガントレットはそれを伝えたくて作られたモードなんだと思います。あとちょっと工夫すれば「めんどくさい作業モード」なんて評価はつかなかった、惜しいところのあるモードですが、やり込めばやり込むだけ旨みが引き出されるモードでもあると思います。


○↓ちょっと試してみてください

ゲームの気持ちよさは文字で語っても伝わらないものだと思います。これ以上は、実際にやってもらって判断してもらうしかないでしょう。

チャプター選択画面で△ボタンを押すとチャプターインデックスが開きます。ガントレットモードは大きく分けると次の二部構成です。

・チャプター1~5 基礎練習問題
・チャプター6~33 キャラクター攻略問題

ではまず、以下の記事を読みながらチャプター1に取り組んでみてください。画面の指示にしたがってプレーしていけば、何度かミスしながらでもとりあえずランクAをとって先に進んでいけるはずです。

1-4までクリアしてチャプター2が出現したら、もう一度1-1からプレイしてください。こんどはサクセスポイントをどこまで伸ばせるかに挑戦です。


1-1 黄昏のブレーメン

画面の指示にそって、攻撃をだしまくればクリアできる練習ミッション。壁が近くにあるときは壁コンボ(相手を壁にぶつけて、そこに叩き込む追撃)の練習をしてもOKです。

(ランクA以上になると)
アニキが立ちガードを固めていることがあります。この場合はダメージ大きめの下段を出したり、投げ技で崩しましょう。しゃがみに対しては中段攻撃で効率よく。壁が近い場合は壁コンボで一気に体力を減らすように心がけましょう。
体力満タンで残り5秒というお題も出ます。これは普通にやると間に合わないと思いますが、画面右側までアニキをよせていき、リングアウトさせれば全体力を奪うことができます。実戦ではリングアウトを狙って一発逆転の賭けに出る場面が頻繁に訪れるので、それを想定した練習だと思ってください。


1-2 夢のマダガスカル

横移動、立ちガード・しゃがみガード・ダウン状態に対して攻撃をヒットさせるミッション。空振りしたりガードされたりすると失敗と判定されます。横移動には横斬りを当てるのが基本ですが、縦斬りには特定の方向の横移動に強いものが存在するのでそれでもOK。色々振ってみて当たり方をチェックして下さい。
立ちガードに対して上・中段を出したり、しゃがみガードに対して上・下段を出すと失敗となります。ダウン状態に当たる攻撃は限られていて、指示文には2K・2B・1K・1Bを出せと書いてありますが、キャラによってはこれらの中にもダウンに当たらない技が含まれている場合があります。

(ランクA以上になると)
後ろrunで下がっていったり、後ろジャンプで離れていく動作が追加されます。これをみたらすぐに接近して攻撃を出さなければなりません。また、体力を多く残している状態での立ちガードも追加されます。この場合は安い下段攻撃を連打しても間に合わないので、投げ技を出しましょう。


1-3 絶対なる食物連鎖

相手はアスタロス流派の技をだしてきます。画面の指示にしたがって、上・中段攻撃は立ちガードし、下段攻撃はしゃがみガードすれば成功です。別解として、上段はしゃがみ、下段はジャンプしても成功となります。
出してくる技は4[B],AA,22B,4[A],1[A]です。1[A]以外は立ちガードでOKなので、この下段攻撃の始動モーションを覚えましょう。

(ランクA以上になると)
6AB,1KA,1[A]Aを出すようになります。特に1KAはぼーっとしているとガードできません。回転しながら身を沈める動作が見えたらしゃがみましょう。この技はリング端でアスタロスがだしてくる技なので、繰り返しプレーすれば防御力アップのための実戦的な練習になるはずです。


1-4 野生の王国

アスタロスの44[B]や3B+Kなど、出の遅い攻撃を出してきます。カウントダウンの時から十字キーの上か下を入れっぱなしにしておき、横移動でかわします。空振りの隙に攻撃を差し込むとスコアが加算されます。
1[A]をガードする課題では、最初からしゃがんでいてもOKですが、課題の作成意図をくんで、横移動からしゃがみに移行する練習をしてみましょう。上か下を入れっぱなしにして横移動し、1[A]の始動モーションが見えたらしゃがみガードに切り替えましょう。もちろん、ジャンプ技でかわしつつ攻撃しても正解です。
四つ目と五つ目は二段技への対応です。横移動でよけながら相手の技をよく観察。例題で出てくるBBのように二段目が縦斬りなら、そのままrunし続けて二段目を空振りさせて反撃。3K[A]のように二段目が横斬りならrunをやめて二発目をガードしましょう。なお別解として、一発目空振りの隙をついて二発目が出る前に技をさしこんでも正解となります。実戦では「歩きっぱなし」「足を止めてガード」「技を差し込む」を使い分けられれば理想的ですね。

(ランクA以上になると)
2Kを出してくるようになります。カウントダウンの時から十字キーを上か下にいれておかないと食らってしまいます。この課題の意図をちゃんと汲まないとだめよ、ということですね。
なお、このミッションは攻撃を食らわずにやりすごしさえすればOKなのですが、こちらの攻撃を当てないとスコアが入りません。実戦では相手の攻撃をかわしたら即座に差し込むのが一番なので、これもその練習のため、なるべくかわしたあとに攻撃を入れるようにしましょう。


いかがでしょう、以上4つのミッションで最高ランクの☆☆☆を出せましたか? サクセスポイント25以上でこのランクが出ます。おそらくこれに挑戦している間、みなさんの中でよく分からない快感がぶわっとわいてきたのではないかと思います。

おおブロでは今後、ガントレットの攻略をゆっくり連載していきたいと思います。特にガントレットの課題が実戦ではどう役に立つのかを解説していければいいかな、と思っています。
編集 / 2009.08.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ