スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
SCBD マキシ攻略
カテゴリ: マキシ / テーマ: ソウルキャリバーBrokenDestiny / ジャンル: ゲーム
ガントレットモード・チャプター6以降はすべてキャラクター攻略問題です。各キャラクターの主力技や優秀な連係などが出題対象になります。ガントレットを何度もプレイすることで次の二つのメリットがあるものと思われます:

○ご利益
1. そのキャラクターを相手に回したときの対応がわかる
2. そのキャラクターの使い方がわかる

ガントレットでは知らないと思わず引っかかってしまう連係なり、目を慣らさないと見えない下段攻撃なりが出題されます。これらをもしガントレットなしで実戦でぶつけられたら、その試合は当然苦戦することになるでしょう。このモードはキャラ対策に役に立ちます。

そして逆から見れば、これは攻略本の代わりをガントレットが果たしているということです。もし自分がガントレット+トレーニングモードで研究済みで、相手がガントレット未プレイであれば……。出題される主力技を出していれば、あっさりと勝負が決まる可能性さえあります。

ガントレットのいいところは、6~9種類くらいの主力技をランダム再生してくれる点。この技とあの技は、それぞれ単体ならどうとでもなるけど、混ぜて組み合わせると急に対応しづらくなる……というのが実感できるモードです。攻めの構築の参考資料にしましょう。

というわけで、チャプター22のマキシを例にとり、ガントレットを教材にしたキャラクター攻略記事が書けるか挑戦してみました。



まずは出題と成功条件を確認していきます。
「対策と実践」では、ガントレットの内容が実戦でどのように役に立つのか解説します。



22-1 涙の南海荒波伊達男
テーマ:巨門の構えへの対応
キーワード:しゃがみ、ガード、ソウルゲージ


マキシの構えの中でも攻めに特化した構えが巨門です。相手の割り込みにカウンターをとる巨門BKや、ガードさせて有利な巨門Kがウリ。しかししゃがみどころがバレると途端に使いづらくなる一面も持っています。ガントレットで練習して、巨門のしゃがみどころをマスターしましょう。

一問目:A+K→6→巨門BK
構えに移行する動作から巨門BKを出してきます。一発目はオートガードで、二発目をしゃがんで反撃する課題になっています。一発目と二発目の間は割り込めませんし、最後までガードしてしまうと失敗になります(実戦では、巨門BKをガードするとマキシ有利が続いてしまいます)。必ず巨門BKの二発目はしゃがむようにし、最大級の反撃を叩き込みましょう。なんといってもマキシ戦の基礎はここです。

二問目:BBガード→巨門BK
BBガード後に巨門BKに対処する問題です。同じく最後までガードしてしまうと失敗になりますので、発生の早い打撃で割り込むか、巨門BK二発目をしゃがめばOK。時計回りにステップして巨門Bをかわしても正解です。

三問目:4Bガード→巨門BK
ほぼ同じ内容で、4Bガード後の巨門BKは打撃による割り込みが不可能。巨門BK二発目をしゃがんで反撃するのが正解となっています。三問目の連係は実戦で絶対に使われるものです。

四問目:4Bガード→巨門AK
巨門AKは下段→中段の連係です。モーションを覚えて最後までガードすれば確反を決めることができます。まずはマキシが座り込むモーションが危ないと覚えましょう。

五問目:4Bガード→巨門K
巨門Kはガードするとマキシ側有利の上段キック。ソウルゲージも大きく減らされてしまいます。出始めの青い光が目印になっているので、青が見えたらしゃがんで反撃しましょう。

(ランク☆☆になると)
A+K→6→巨門K
BBガード→巨門K
巨門Kはガードしてしまうと負け。青いカミナリをみてしゃがむ必要があります。

BBガード→巨門AK
この連係は最後までガードするとソウルクラッシュして失敗になってしまいます。BBガード後に打撃で割り込むのが最善ですが、適した技がないキャラクターの場合は巨門BKにカウンターをとられそうで怖いところ。巨門AKの最後の攻撃をガードインパクトするのが吉。体力が多めに用意されているので最後の蹴りを食らっても生き残れます。

4Bガード→☆→文曲A
巨門に移行した後、ニュートラル状態でいると文曲に構えを変更します。そこからの文曲Aを立ちガードでしのぐか、またはすぐに反応して打撃でつぶせばOK。

4B~巨門Bガード→文曲A
巨門BK二発目をしゃがもうとしていると、文曲からの攻撃がとんできます。落ち着いて最後までガードするか、打撃で割り込めば成功。

(対策と実践)
マキシの巨門の構えには、安易に割り込まないで静観。巨門BKの二発目をしゃがんで反撃、巨門Kの青い光が見えたらしゃがんで背後投げで反撃、巨門AKは見てからしゃがむ……という具合に、しゃがみどころをマスターすればラクになります。ただし巨門から別の構えにスイッチして攻め込んでくる場合があります(例題では4BB→文曲や、4B→☆→文曲)。その都度頭を切り替えて対応できれば一番ですが、構えチェンジを読んだらコンボ始動技で強気に割り込むのも好手です。

マキシ側としては、まず4B→巨門BKや4B→巨門Kに適切な対応ができるかを観察して、相手が素直なガードや無理な暴れで負けてくれるうちはこれをメインに据えればよし。上段を見てからしゃがむようになったら、その手前で構えを変えたり、巨門Aに切り替えたりしましょう。



22-2 これぞ唸り雲龍伊達双哭
テーマ:文曲の構えへの対応
キーワード:ガード、割り込み、しゃがみ、ソウルゲージ


強力な中段・下段をもつ文曲の構え。しかし下段である文曲Kさえ見て反応できれば、致命傷には至らなくなります。このミッションを何度かプレイすれば、文曲には落ち着いて対応できるようになるでしょう。

一問目:AAヒット→文曲A
AAを食らった状態で課題がスタートします。マキシのAAを食らったあとは、打撃割り込みが困難なので立ちガードを固めておくのが基本です。文曲Aをガードすると強制しゃがませのためにしゃがみ状態からスタートしますが、接近戦で有利になるため、投げと中段の二択を迫ることができます。

二問目:AAガード→文曲A
次はAAをガードした状態からスタート。今度は打撃割り込みが可能です。発生の早い中段攻撃で割り込むのがベター。このミッションでは扱っていませんが、文曲Kが上段攻撃に、文曲Bが下段攻撃に強いため、文曲の構えに割り込むなら中段攻撃がいいとされています。

三問目:AAヒット→文曲B~巨門BK
文曲Aがくるかもしれないのでこの状況は立ちガードを選択。その裏選択として文曲Bがきたら、反応がよければインパクトして空中やられを起こさせます。反応が遅れた場合は文曲Bまでをガードしておき、次の巨門BKの二発目をしゃがんで反撃すればOK。なお、巨門Bを時計方向にステップして回避しても成功となります。

四問目:AAヒット→文曲KKK
やはり文曲Aが怖いので立ちガードしておくのですが、文曲Kが見えたらしゃがみガード→立ちガードで二発目まで防ぎます。あとは打撃で割り込むか、三発目をしゃがんで反撃。文曲Kはリング端で食らうと落とされてしまう危険が高いので、なにがなんでも見てからガードできるように目を慣らしましょう。

五問目:33bA→文曲A
33bAをガードしても、文曲へのつなぎが早いため割り込みは(不可能ではないですが)困難。おとなしくAAを食らった時のように立ちガードしておきましょう。このミッションでは立ちガードでしのぎさえすれば成功判定となります。実戦ではこのあとに文曲Aと見せかけて文曲KKKが使われたりしますが、やはり見てからのガード切り替えを。

(ランク☆☆になると)
33bA→文曲KKK
A+K→4→文曲KKK
文曲KKKへの対応は同じ。回転しながら沈み込むモーションを見て文曲Kをしゃがみガードし、二発目で立ち上がり、三発目に打撃で割り込み or しゃがみます。文曲への移行ルートはこのミッションで扱ったAAと33bAの二つが主流なので、このふたつからの二択が見切れれば文曲は怖くありませんね。

4B→巨門BK
このミッションになぜか混ざっている巨門BK。もちろん三発目でしゃがんでください。びっくりして二発目をくらったりしないように注意。

(対策と実践)
破壊力が高い文曲の構え。まずはAA被弾時と33bAガード時に、変な動きをして文曲Aを食らわないようにしましょう。AAを食らった時に暴れないというのは他のキャラクターと共通ですが、中距離から出される横斬り(33bA)をガードしたときに技を出さないで様子を見るというのはなかなか特殊なのでは。文曲Aをガードすれば接近戦での二択タイム、投げと立ち途中攻撃を中心にダメージをとりにいきましょう。

文曲Aに割り込めない局面を覚えたら、その状態で文曲Kがきたときにきちんとしゃがめるかどうか、文曲Bがきたときに暴れず巨門の対応に頭を切り替えられるか、をチェックしておきたいものです。

マキシ側としては、どれが当たってもダメージが大きいので文曲二択は積極的にしかけていきたい攻めパターンの一つです。相手が文曲KKKを見てガードできるかどうか観察しておきましょう。当たるようなら文曲に移行するパターンをたくさんつくり、そこから文曲二択につないでダメージをとっていきます。逆に文曲二択を見切れる相手には、文曲をGで終わらせて、通常構えからの連係にシフトさせます。



22-3 名前のない男
テーマ:天枢の構えへの対応
キーワード:ガード、割り込み、しゃがみ


構えを使った攻め その3、「天枢」への対応を学ぶミッションです。

一問目:2A+K→天枢AK
天枢AKの一発目と二発目の間には割り込みができないので、最後まで立ちガードします。AAなどが確定反撃になりますので我慢しましょう。

二問目:2A+K→天枢A→玉衝KK
天枢AKと天枢A→玉衝KKを二択にするのは、ソウルキャリバー1(1998年)から10年以上続く伝統連係。天枢Aでストップした場合構えが切り替わるので、それが目安にしてしゃがみましょう。一発目をしゃがみガードしたら、そのまま二発目の上段キックまでやりすごして、隙だらけのマキシに最大級のスカし確定を叩き込んでください。

三問目:2A+K→天枢A[K]→A+B
天枢A[K]をガードしてしまうと大幅不利になります。天枢Aガード後はまず立ちガード(天枢AK警戒)、次にしゃがみガード(玉衝KK警戒)、マキシが青いカミナリを発していたら再度立ちガードという防御法がいいでしょう。今回の課題では暴れつぶし技としてCPUがA+Bを出してきますが、この技は二発ガードすれば大きな確定反撃を決めることができます。

四問目:3B→天枢A→玉衝KK
天枢連係に移行する一番有効なルートが3B始動。3Bから天枢Aにつなぐルートは2A以外で打撃割り込みできず、天枢Aガード後は上記の攻めを構築できます。もちろん天枢AKとの二択にもなっているのをお忘れなく。

五問目:3B→天枢B
天枢Aをしゃがんでかわして反撃するのは非常に有効な天枢対策ですが、それを読まれると天枢Bがくるかも。この課題では天枢Bを落ち着いてガードすれば成功と判定されます。

(ランク☆☆になると)
2A+K→天枢AK(小ホールド)
3B→天枢AK(小ホールド)
天枢A→玉衝KKとの二択に使う、天枢AK(小ホールド)をガードして防ぐ問題です。上記の対応法(青い光を見たら立ちガード)を徹底すれば、ガードして確定反撃を決めることができるはずです。

3B→天枢KK
3B→天枢K2A
3Bをガードしたら、即座に2Aを出すことで天枢Aと天枢Bに割り込むことができます。しかしマキシ側も天枢Kで2Aを飛び越えることができます。天枢Kのあとは、中段の天枢KK、下段の天枢K2Aに派生可能。下段攻撃のほうは、跳躍→カカト落とし→しゃがみ込んで身体をひねる という動作から繰り出されるので、モーションを覚えれば二択を防ぎきることができます。

(対策と実践)
ソウルキャリバーシリーズを通じてマキシがずっと使い続けてきた天枢二択、威力はSCBDでも健在です。ただし天枢AKガード後に反撃可能、ホールド時はカミナリエフェクトが出る、などの知識をもっていれば練習次第で被弾を防げるようになります。ただし、マキシは3Bからの天枢だけでなく、4Bからの巨門、33bAからの文曲も得意連係。始動技ごとに適切な対応がちがうので、実戦では3Bと4Bを見間違えないようにするなど、落ち着きが最大のカギとなります。

攻めるマキシ側からこの問題を考えると、まずやるべきことは3B~天枢Aを出すこと。天枢AKと玉衝KKを出して、相手がこの二択にどのくらい対応できるかをチェック。対応の甘い点は徹底的につきます。3B~天枢Aに何らかの対応を見せてきてダメージが奪えなくなったら、天枢Bや天枢Kに変更するか、3Bで止めて構えを変更するか、通常構えに戻すか、などの工夫が可能です。



いかがでしょう、まずはぼく自身の使用キャラということで、チャプター22のマキシの問題を解説してみました。プレイしてみて驚いたのは、もし自分が問題作成者だったら作っていたであろう問題が出題されているということでした。ガントレットをやり込めば、攻略・対策の両面で役に立つんだということをもう一度強調しておきたいとおもいます。

(活用法)
自分のキャラのチャプターを、☆☆☆が出るまで何度もプレイ。CPUキャラが出題してきた連係をメモしておき、自分でも出せるようにする。それと同時に、プレイしてみてミスした箇所も覚えておく。自分がミスした箇所は、実戦では相手をひっかけることができる技(連係)である可能性大。


ガントレットのすごさが改めて確認できたところで、次回以降はチャプター順に出題内容とその解説をしていきたいと思います。
編集 / 2009.09.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。