スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
SCBD ラファエル攻略
カテゴリ: ラファエル / テーマ: ソウルキャリバーBrokenDestiny / ジャンル: ゲーム
ガントレット・チャプター8、ラファエルの問題を解説します。ラファエルを初めて使うときに役に立ちそうな情報がかなりたくさん隠されているので、このチャプターはやっておくと吉。自分もこれを機会にサブキャラに加えてみようかと思ってます。



8-1 漆黒の変態貴族
テーマ:確定反撃
キーワード:確定反撃、差し込み

ラファエル戦で重要になる確定反撃をマスターする課題です。それぞれにちゃんとした用途があり、実戦でも使われる可能性が高い技がチョイスされています。
それにしても、こんな単語を見出しに掲げなきゃいけないなんて、どういう羞恥プレイなんだ……

一問目:6BBB
最後まですべてガードして確反を決めるか、または最初からしゃがんでおいて三発目に割り込めば成功です。ダメージを与えられないと失敗扱いになってしまいます。

二問目:3[B]→プレパラションA
ガードして確反、またはステップで回避して差し込めばOK。12フレーム以内の打撃なら割り込みが可能なので、それも正解になります。暴れ抑制の選択肢ですが、慌てず横に回避できるのだということは覚えておいて損ナシです。

三問目:3[B]→プレパラションBBBB
最後まで我慢してガードから確定反撃を決める、最後(プレパラBBBB4段目)を横に回避して差し込む、あるいは3[B]をガードしてプレパラBに割り込むなどで成功。三番目の対応はプレパラAに勝てるものを持っている一部キャラでのみ可能です。一般のキャラは3[B]ガード後におとなしくガードするか、横移動することで対応しましょう。

四問目:B+K→ヴルコラクBB
五問目:B+K→ヴルコラクA
ヴルコラクBBは二発ともガードして確反をいれるか、または最後を横に回避して差し込めばOK。しかしヴルコラクAは一発目をガード、二発目をしゃがんで反撃しないとダメです。ガードしても反撃できないどころか、密着状態まで引き込まれてフレーム的にも不利になります。ランクA以上では、ラファエルが横に身をかわしたらヴルAを警戒、その一発目がきたらしゃがみの準備、ヴルBだったら今度は横移動or確反の準備を。

(ランク☆☆になると)
B+K→ヴルコラクK
ガードからAAなどを返せば成功。
このミッションで高ランクを目指すときに気をつけたいのは3[B]→プレパラションAとB+K→ヴルコラクAの二つ。どちらも展開の早さについていけないと反撃不可能なので最優先で警戒。そうしていればプレパラションBBBB、ヴルコラクBB、そしてヴルコラクKには特に苦労せず反撃ができるはず。

236B
ガードすると強制的にしゃがまされるので、しゃがみからの反撃技を用意する必要があります。プレパラションBBBB四発目、ヴルコラクBB二発目と同じ見た目の技ですが、236Bは単発技で展開が早く、しかも硬直がかなり少なめ。しゃがみからの小技を最速で反応して出さないと決まらないので、優先的に警戒しておくべき技です。

1BB
一発目に反応してしゃがむのは無理ですが、食らってしまっても落ち着いて二発目をしゃがみガードして反撃可能です。ただししゃがみAが届かないことに注意。しゃがみBなどで反撃を。

A+BA
ラファエルがもつ優秀な固有技。最後までガードしても反撃できません。二発目と三発目のつなぎが早く、共通ジャンプ攻撃(8A,8B,8K)とガードインパクト以外では割り込み不可能。それゆえ、ジャンプ攻撃が弱いキャラクターでは対応困難な技となります。
インパクトで割り込む場合は、まず中段二発をガードしたらガードボタンから指を離し、三発目がくるタイミングで3Gを入力します。
マキシでこのミッションやるのホントきついんすけど……w

2A+B
足を突いてダウンを奪う下段。慣れないうちはまったくガードが間に合わないはず。ちょっとだけ浮いて身体が回転するという独特の予備動作が見えたら、しゃがみガードからの反撃を。横移動に弱い攻撃なので、ラファエル戦では極力足を止めないようにしつつ、立ち止まらなきゃいけない局面ではこの技も警戒しておきましょう。


(対策と実践)
3[B]からのプレパラション連係と、ヴルコラクAをガードさせてからの近距離戦は、ラファエルを知らないと必ずひっかかってしまうネタだといえます。暴れつぶしのプレパラAは横移動も確反も可能である、ヴルコラクAは二発目をしゃがめば反撃できる、といった知識をガントレットで仕入れておくのがラファエル戦の第一歩。

自分がラファエルを使う場合は、まず3[B]→プレパラAを出してみて、相手がうまく対応できないならこれを攻めの起点に使っていきます。プレパラAカウンターヒット時は3[B]→プレパラBBBB がコンボとしてお手軽でいいかんじ。

近距離で有利をつくったら6BBを出します。カウンターヒットの赤エフェクトが見えたら三発目まで入力。ノーマルヒットのときに間違って出し切ると確反を食らうので要注意。

接近戦で有効なのがA+BAの途中止めと出し切りの使い分け。ミッションでやってみてわかるように、この技に対応するのはなかなか難しいものです。一発目カウンターで全段連続ヒット、三発目に割り込もうとしてカウンターでダウンすると追い討ち確定など、ローリスクでリターンがあるのが優秀です。



8-2 フォーエバー満月
テーマ:プレパラションへの対応
キーワード:確定反撃、割り込み

8-1でも軽く触れたプレパラション連係を、さらに深く突っ込んで学ぶミッションです。

一問目:3[B]→プレパラションA
ガードして確反を入れる、またはステップから差し込む。これは前ミッションと同じ内容です。違うのはここから。

二問目:3[B]→プレパラションB[B]→プレパラションA
最後までガードし続けてプレAに確定反撃を決めれば成功。早い打撃で割り込んだり、横移動からスカし確定を決めてもOKです。
一問目と二問目はセットになっていて、ランクA取得後の☆☆☆チャレンジで重要になってきます。ラファエル自身の台詞にあるとおり、プレパラションAを待って固まっているとプレパラションBBで再度同じ選択を迫ることができる仕組みになっています。カサンドラのアドバイス通りプレパラションAがくるまでずっと待っていて確定反撃を決めてもいいし、ステップで回避するのも好手といえるでしょう。
こういうのは順番に問題を解くだけだと意味が分からないので、実際に☆☆☆に挑戦してみましょう。

三問目:3[B]→プレパラションBBBB
ガード確反またはステップからの差し込みで成功となります。
二問目はプレパラションBBガード後に割り込むことでも成功になりますが、それをやろうとするとラファエルもプレパラションBBBB出し切りでつぶしにくることができる、というのが出題意図です。
プレパラションBBガード後に、先行入力時計回り二回入れrunで三発目を回避できるキャラも存在します。その場合はプレAもこれも関係なく差し込めますね。

四問目:3[B]→プレパラションKK
ガード確反またはステップ・runからの差し込みで成功となります。3B後に立ちガードする時はこの下段に注意。エレガントな動きをしたらしゃがむ、と覚えておきましょう。確定反撃まできっちり決めれば成功です。

五問目:44A[B]→プレパラションA
最後までガードして確反を入れましょう。44A[B]は強制しゃがませ技。しゃがみAを出したとしても相打ちでミッション失敗になってしまうので、打撃で割り込むのは現実的ではありません。3[B]ばかりを警戒していると、別の技でプレパラションに移行されたときに対応をミスすることがあります。

(ランク☆☆になると)
3[B]→プレパラションB[B]→プレパラションKK
二問目と三問目の裏選択肢です。プレパラBBまでガードしてしまうと、割り込み潰しの連係が存在するため立ちガードが最も安全なカードになるわけですが、そのときにプレパラKKが見えていないとアウトとなります。3[B]ガード後に横移動してしまうのが根本的な対策になりそう。
さて、以上ざっとラファエル側ができることを並べてみると、じつはすべて3[B]後に横移動していれば回避できることに気付くはずです。

3[B]→プレパラション中B+K→ヴルコラクBB
3[B]→プレパラション中2→シャドウシンクA中[B]→プレパラションA
3[B]→プレパラション中2→シャドウシンクA中[B]→プレパラションKK
プレAもBもKも……全部横に動けばかわせます。ではラファエル側はそれで詰みかというとそうでもなく、B+Kでヴルコラク移行、2でシャドウシンク移行など、タイミングをずらして攻め続けるという選択肢がありうるわけです。

44A[B]→プレパラションKK
じゃあ実戦では3[B]そのものを横移動でかわして、ガードしなければいいや……という風に考えていると今度は横斬りからプレパラションに移行できたりするわけです。そうなったときのために、確定反撃の練習もきちんとこなしておきましょう。


(対策と実践)
プレパラションに移行する技として、縦斬りの代表3[B]、横斬りの代表44A[B]が例題になっています。どちらもガードしてしまうと割り込みが厳しい状況になるので、防御的な対応を覚えておく必要があります。確反、しゃがみ、横移動ができるポイントをそれぞれ理解しておきましょう。

最終的に、プレパラKKとヴルコラクAだけはしゃがむようにして、あとは確定反撃を見逃さないようにするだけでも問題ありません。しかしそれで安定させようとすると、3Bでソウルゲージを削られていってしまうので、ある程度横移動からのスカ確も決めていきたいところです。ラファエル戦はとかく縦切りが多用されるので、意識して横移動を多めに混ぜましょう。

ところで、プレパラション対策が完了している相手にラファエルが何をすべきか、このミッションはちゃんとカバーしています。ラファエルを使おうと思っている人にも参考になりますね。



8-3 夜の帝王
テーマ:ラファエル対策
キーワード:ガード、投げ抜け

8-3はプレパラションとヴルコラクの対策ができた人向けの補足問題集です。

一問目:66A+B→2A
66A+Bをガードしてから、中下段の小技で割り込むのが正解。上段攻撃を出すとミスになります。横移動も2Aで止められてしまうので失敗。ジャンプ技を出しても正解になりますが、リング上のこの位置では撃墜されるとリングアウトになるので、実戦ではあまりおすすめできません。

二問目:しゃがみ3BB
一発目を食らった時に暴れると二発目をカウンターで被弾してしまいます。我慢して二発目までガードすれば成功。プレパラBBBBやブルコラクBBのときと同じ確定反撃が決まることを覚えておきましょう。

三問目:B+K→ヴルコラクA→2A
正解は二発目をしゃがんで反撃すること。二発ともガードしてしまうとラファエル側が有利になり、2Aに勝てなくなります。その場合はおとなしくさらに立ちガード。

四問目:B+G
ラファエルはB投げで正面に落とすことができます。掴まれたらBボタンで投げ抜けすれば成功です。一問目と同じ位置からスタートするので、Aランク以上で☆☆☆を目指してプレーするときは、B抜けしつつ66A+Bをガードするようにしましょう。

五問目:A+G
一方、A投げはラファエルからみて右側に落とすことができます。これも投げ抜けすれば成功です。三問目と同じ場所から始まるので、投げ抜けを意識しつつヴルコラクAが来たときはきちんと二発目をしゃがまなければならない、おもしろい問題です。

(ランク☆☆になると)
2K→立ち途中B
チャプター4-1では2Kを食らったら手を出してもOKと説明されましたが、当然ながらそこにトラップを張ることのできるキャラもいるわけで、ラファエルもその一人。立ち途中Bはしゃがみ状態で攻撃が出るので上段攻撃を出すと負けてしまうのです。かといって割り込まずにいると2K→投げ、なんていう選択肢が通ってしまうので、立ち途中Bに空振りせず割り込める攻撃を探しておくといいでしょう。

立ち途中Bカウンターヒット→44B
さてその立ち途中Bをうっかりカウンターで食らったらどうするか、というところから出題される問題です。慌てて受け身をとると受け身確定で44Bがヒットして失敗になります。寝っぱなしでやりすごしてなんとかしましょう。

3[B]→プレパラションA
そしてもうおなじみのこの連係。下手に割り込むと失敗になるのは今までさんざんやってきた通りです。とにかく慌てないことが大切。位置関係的に、B投げを警戒しながら相手の攻撃をガードすることになります。投げではなく打撃が来たからといって、安易に割り込もうとするとプレパラAがくるという展開。実戦では非常にありがちです。

66A+B→1K
1K→4A+B
66A+Bをガードすると、上段での割り込みは2Aに負けてしまいます。それで割り込みに困って立ちガードを選ぶと、1Kで崩しにくるという大胆な選択肢が通ってしまいます。きちんと共通対応策として早めの中下段で割り込むようにしましょう。もっとも、ラファエル側もそれを出させてスカすなど逆対応が可能ですが……
66A+Bと1Kは共に起き攻めで使われる技です。1Kを立ち状態で食らった場合は、こちらが若干有利になります。66A+Bをガードしたときとほぼ同じフレーム状況になるわけです。このようなこちら微有利・ラファエル微不利のときは、AAや2Aがラファエルの4A+Bにさばかれてしまいます。
4A+Bに勝つには縦切りを出せばいいのですが、縦切りはrunに弱いので、ここで読み合いが発生します。



(おまけ)
一問目から三問目までに出てきたことを組み合わせると、ラファエル入門攻略として通用するだけのものが揃ってます。ここになにか補足するとしたら……

○投げで位置を入れ替える
A+Gで右側へ、B+Gで正面へ落とすことができるのはミッションでやったとおり。さらにもう一つ側面投げも覚えておきましょう。密着状態から時計回りにステップ→相手の右側面から投げ、で元々いた場所からみて後方へ落とすことができます。リング端に追い詰められた状態で有利フレームがもらえたら狙ってみてもいいでしょう。

○runからの反撃
ラファエル自身がスカ確に何を使うか、はガントレットでは出てきません。練習しておくとよさそうなのは:

22[B]→ヴルコラクB:B 60ダメージ

22[B]からヴルコラクBまでは連続ヒット。ヴルコラクBBもジャスト入力成功で連続ヒットです。ジャスト入力に失敗すると普通のヴルコラクBBが出て最後をガードされ、確定反撃を食らってしまいます。ジャストのタイミングはヴルコラクBが相手に接触する瞬間、つまり早め。練習で安定可能だと思います。ヒット時は1Kで起き攻めしましょう。

バックステップからのスカ確は3[B]→プレパラBBがおすすめ。そこから今まで学んだ選択を仕掛けていきます。


関連エントリ:
ガントレット チャプター3~5
ラファエル クラッシュ値 (データはSC4のもの)

編集 / 2009.09.25 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。