FC2ブログ
SCBD クレイトス攻略 27-1
カテゴリ: クレイトス / テーマ: ソウルキャリバーBrokenDestiny / ジャンル: ゲーム
チャプター1つ分だと文章量が長すぎると思っていたので、今回からはもっと細かく区切って、1エントリ1チャプターではなく1エントリ1ミッション進める形に変えます。というわけでクレイトスさんの問題をクリアする方法をまとめてみましょう。




27-1 スパルタの亡霊
テーマ:技対応(ガード確反、回避~差し込み)
キーワード:確定反撃、ガードインパクト、差し込み、割り込み

クレイトスの技にリスクを負わせる練習問題。ガードして反撃可能な場合はガードを、ガードしても反撃が入らない場合は回避できる方法を練習していきます。

一問目:FC8A+B
上中段攻撃に対して完全無敵になる技。ガードした場合の確定反撃を練習しておきましょう。一旦この技をガードすることができたら、あとは強制ガードですのでガードボタンから手を離してしまっても大丈夫。決めたい確反を頭に思い描きながら、技の終わり際になったら先行入力を始めましょう。

二問目:BBB
一発目をガードしたあと、二発目をインパクトまたは横移動で回避して反撃を叩き込みましょう。実戦ではクレイトス側はBBまで出しておいて当たっていたら三発目を出してくるはず。二発目をかわして差し込めるよう、横移動のタイミングをマスターしましょう。

三問目:AAB
遠距離戦で出される横斬り始動連係。最後までガードしても確定反撃が入らないので、二発目をしゃがんで空振りの硬直に差し込むのが最適な対応です。実戦ではやはりAAで止めて様子をみてくることが予想されますので、二発目をしゃがみ即反撃、という行動を反復練習しておくと効果的。なお一発目をノーマルヒットで食らっても二発目はしゃがめるので覚えておきましょう。

四問目:11BAA
コンボ用の技として多用される11BAAですが、立ち合いで最後までガードしてしまうとクレイトス側大幅有利となります(+14)。実戦ではそんなことがないよう、二発目をしゃがんでかわして差し込みましょう。一発目のモーションが独特なので慣れれば分かりやすいはず。

五問目:22[K]K
踏みつけが二回出される技です。ガードブレイク技ですが、見た目にだまされないように。一発目をガードしたあとはコンボ始動技で割り込めるほど余裕があります。ちなみに単発止めでもクレイトス側が不利、クラッシュ値もそれほど高くないので実戦での頻度はあまり高くないかも。一発目を食らってしまった時は厄介な受身攻めがあるので注意(詳細は次ミッション)。なおこの技は遠距離だと下段攻撃(地震)に変わります。

(ランク☆☆になると)
A+BB
突きの連打。最後の上段攻撃はしゃがんでかわすことができます。すこし難しいですが、横移動でかわすこともできます。いずれかで回避してから差し込みましょう。最後までガードし続けると距離が離れて反撃不可能になります。

B+K ~ カオスラッシュB
空中に鎖をかけ、振り子の反動で切りかかってくる技。ガードすれば硬直が-20フレームくらいあるので浮かせ技やコンボ始動技で反撃しましょう。ただし上段攻撃は当たらないので要注意。

6BB
コンパクトな中→上の二段連係。二発目をしゃがんで回避すれば差し込めます。展開が早いので慣れが必要です。最初のうちは出終わってから6BBだったことに気付くくらいかも。

1AA
下段→中段の横斬り連係。連続ヒットではないため、一発目をくらっても二発目を立ちガードでき、確反を返すことができます。

4B
割り込みに使われる上段攻撃。ガード後に反撃を決めることができればクリア。展開が非常に早いので、他の技に注意しているとこの技への反応が遅れがち。何度も練習して慣れましょう。27-1のうち最も難しい問題かもしれません。

続きます。

関連エントリ:
SCBD クレイトス攻略 27-2
SCBD クレイトス まとめ

編集 / 2009.10.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ