スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
剣状態1A
カテゴリ: アイヴィー / テーマ: ソウルキャリバーBrokenDestiny / ジャンル: ゲーム
ガントレットでアイヴィーを調べていて目に留まったのが「お黙りっ」のセリフと共に剣の柄で突く剣状態1A。
リーチの短さは心もとないですが、使いどころを適切に絞れば強さを発揮できるかもしれません。具体的には、接近戦でのステップガード・8wayrun対策がメインになりそう。カウンターヒット時のコンボを忘れずに決めれば、ダメージも状況もなかなかのものです。




○使いどころ
・剣状態で、相手のステップガードやrunに対策するとき。
・相手の連係に暴れて割り込んでいくとき
 特に、ガードさせて有利な技ををガードしたとき。

前者は横移動対策として剣1Aを使おうというものです。剣1Aの発生は12フレーム。アイヴィーが有利な時なら、ステップやrunに対して確実にカウンターヒットがとれるようです(※横ステップを立ちガードでキャンセルするには、12~13フレーム程度必要)。

後者は相手の攻めに割り込む手段として使おうというもの。投げと中段の二択を迫ってくる相手に効果的です。このゲームは大体+3~+4くらいで二択タイムとなるわけですが、ここで剣1Aを出せば投げや3Bには勝てる計算。たとえばマキシの巨門K(ドラゴンキック)をガードさせてからの二択なんかはこれで拒否できます。


○カウンターヒット時のリターン
剣1Aを出す時には1aA+Kという入力で環状態に移行しておくのがおすすめ。カウンターヒットしたときのリターンが非常に大きくなります。具体的にいうと、カウンター時は環AA+Kが確定。合計で58ダメージを与えたうえ、相手が足元でダウンするという絶好の状況が訪れます。剣1Aは回復可能スタンを起こす技なのですが、実は回復できるのは14フレーム目から。13フレーム以内の技は回復不能の時間帯となっているので、環AA+Kは確定するのです。

環AA+Kで打撃投げを起こしたら、引っ張り中にB+Kで剣に移行しておきましょう。こうすると回避できない起き攻めとして剣214Kを出すことができます。相手の対応は起き上がりしゃがみガードのみ、他の行動をとるとアイヴィーの踏みつけがヒットします。剣214Kと剣33Bで回避できない完全二択になるのが優秀ですね。

環に変えるのが面倒なら、剣のままで剣6B8.Kをあてましょう。これも発生13フレームなので確定コンボとなります。ダメージは53。ただし当てて不利なので攻め方を注意する必要があります。おすすめは剣6B8を出すときにBボタンをおしっぱなしにしておくこと。こうすると、剣6B8.Kヒット後に剣2A+Kをだす攻めパターンがつくれます。

剣2A+Kはダメージ・回避性能・ガード硬直の短さの三点で、剣22Kの上位互換とよべる技。常に剣2A+Kを出したいくらいなのですが、普通に出すとコマンドの性質上、武器が環に変わってしまい、剣214Kの踏みつけができない(=追撃が安い)。それを補うためには「Bをおしっぱなしにしたまま2A+Kを入力」、「B+Kで剣に移行した直後は構えが変わらないので、この時間帯に出す」という二つの工夫があります。
剣2A+Kについては別のエントリでまた説明します。

さて前述したように剣6B8.Kヒット後は実は当て不利の状態。ここで剣2A+Kを出すと、その高い回避性能を発揮して、リーチの短い技や打点の高い技は軒並みスカしてしまうことができます。弱点は唯一、アッパー系の攻撃で割り込まれたときのみ。この場合、剣1Aカウンター後の追撃を剣6B8.A+Kと入力して、キックを出しながら環状態に移行、ノーブルゴースト(環214B)で対処できます。剣2A+Kと環214Bでずうずうしく択をかけるのはかなり有効な戦術です。

関連エントリ:
SCBD アイヴィー攻略 28-1
SCBD アイヴィー攻略 28-2

編集 / 2009.11.19 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。