FC2ブログ
コンボ一覧 - その3
カテゴリ: マキシ / テーマ: ソウルキャリバー3 / ジャンル: ゲーム
コンボまとめの最後は壁コンボと受け身確定です。
狙う機会は限られますが、マキシのダメージ効率を最大限に発揮できるシーンです。




まだダメージ値をとれてないコンボもあります。その場合は数字が書かれていないので後々書き足します。


壁コンボ
4AB4 88(壊れない壁)、119(壊れる壁)
66K →壁→ B+KBBBA 119
44K →壁→ 3B → 66B 95
天枢AK →壁→ B+KBBBA
88ACH → 66K →壁→ B+KBBBA 145
22ACH → 祿存K → 33K →壁→ B+KBBBA 133
6A+B →壁→ 玉衝KK 90
33bA →壁→ 文曲A 81



受身確定
33A →受身→ 33B → 玉衝B+K → 3B+K 131
33bA →受身→ 文曲B → 3B 79
文曲B →受身→ 33B → 玉衝B+K → 3B+K 139
祿存B →受身→ 33B → 玉衝B+K → 3B+K
2KK二発目カウンター →受身→ 33B → 玉衝B+K → 3B+K 121
構え中B+K地上ヒット →受身→ 66B+K 96
構え中B+K空中ヒット →受身→ 33B → 玉衝B+K → 3B+K
88ACH → 2KK →受身→ 33B → 玉衝B+K → 3B+K
22ACH → 祿存K → 2KK →受身→ 33B → 玉衝B+K → 3B+K 155



(補足)
4AB4
漢魂の部分で壁に運ぶと、跳ね返ってきた相手がそのままプロペラに巻き込まれるというコンボ。見た目だけでなく威力も相当なもので、体力ゲージが派手に減るさまは見ていて面白いです。初段の4Aが横移動対策を兼ねているので壁際から脱出しようとする相手に有効かもしれないですね。壁際でインパクトに成功したときも狙いたいコンボです。
固い壊せない壁にぶつけた場合は二度目の壁ヒットで強制ダウン状態となりますが、破壊できる壁の場合は段数が増えます。リングアウト防止措置がはたらいているのか、開いた穴から落ちない代わりに巻き込み段数が増えるという面白い現象が起こります。

66K →壁→ B+KBBBA
とばす距離の長い66Kから死兆閉じにつなぐコンボ。コマンドが難しい場合は3B→66Bで妥協しましょう。死兆閉じはノーマルヒットでダメージ82というとてつもない技なので、壁コンボに組み込めば破壊力は段違いです。

33A →受身→ 33B → 玉衝B+K → 3B+K
マキシの受け身確定は33B→玉衝B+K→3B+Kが確定してしまうというものが多いです。技ダメージにプラスしてさらに4割追加という圧倒的なダメージ量を誇りますから、なにがなんでも狙いたいですね。その33B系受け身確定の代表格が33Aで、高性能な上段横斬りからの受け確だけに狙う機会は多いです。横移動を読んだら33Aをぶっぱなし、当たったら33Bを出しておくというのが大いに有効ですね。この受け身確定については5月のエントリ「受身確定」でも扱っています。

2KK二発目カウンター →受身→ 33B → 玉衝B+K → 3B+K
2KKの二発目がカウンターヒットすると相手はダウンしますが、実はここも33B系受け身確定ポイントのひとつ。しかも33Aからの受け確と違い、寝っぱなしを選択しても33Bがヒットします。相手は正しく右横転(反時計)受身をとるしかなく、マキシ対策をしっかりと立てていない限りはまず確定と考えてよい内容になっています。
2KKの二発目をカウンターで当てるのは難しいことですが、スタンコンボに組み込めばカンタンに同じ状況を作れます。それが88Aと22Aからのレシピです。近距離でカウンターヒットした場合は狙う価値アリです。

構え中B+K空中ヒット →受身→ 33B → 玉衝B+K → 3B+K
非常に狙いづらい受け確です。なんと「左横転(時計)受身限定」。その場受身に確定せずガードが間に合ってしまい、逆側である右横転(反時計)受身では回避されてしまうという、なんとも難しい受け確です。しかし決めたときのリターンは絶大で、33B→玉衝B+K→左受身→33B→玉衝B+K→3B+Kがフルにヒットすると体力ゲージの7割以上を奪う壮絶なコンボに。夢は大きく持ちましょう。
編集 / 2006.07.06 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ