スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
かわされない起き攻めをつくる
カテゴリ: システム / テーマ: ソウルキャリバーIV / ジャンル: ゲーム
たまには真面目で役に立つ攻略話。
このゲームは受身が始まるタイミングとダウン中行動が始まるタイミングがぜんぜん違うせいで、あるパターンの起き攻めが超強力になるよ、というお話をしたいと思います。

キャリバーの起き攻めは「受身をとる相手に重ねる攻撃」と「ダウン状態を選択して後転や横転する相手に当てる攻撃」の二種類を使い分けるのがセオリーです。ところが、受身とダウン中行動の開始タイミングには大きなズレがあるので、うまく調節すると受身をとってもダウン状態を選択してもまったくかわせない起き攻めというのが成立します。ジークフリートとマキシを例にして説明してみます。





わかりやすい例としてジークフリートの【投げ→22[B]】があります。
ジークの投げはA・Bともに相手が足元にダウンします。ここでジークが22[B]を出すと、ダウン選択からの横転・後転では回避できず、かといって受身をとっても受身終了後の相手にぴったり重なる、つまりかわすことができない起き攻めが成立します。

この起き攻めが成立するのは、受身の開始タイミングは超早いのに、ダウン中行動の開始タイミングは超遅いというズレがあるためです。ふつう、ダウン状態を狙った攻撃を受身でかわすことができるのは、

起き攻め側が技を出す → 被起き攻め側の受身モーションが発生

という順序になるからです。技のほうが先に出てしまうと、もうそこからはホーミングすることがないので、後から発生した受身モーションが技をかわしてくれるというわけ。しかしジークの【投げ→22[B]】という起き攻めパターンでは

被起き攻め側の受身モーションが発生 → ジークの22[B]が発生

というふうに、順序が逆になっているようです。受身が先で技が後という順序になると、受身で移動する相手に向き直ってから攻撃がでるのでかわされなくなるのです。

ではダウン状態からの横転ならこの手の攻撃はかわせるはずではないのか。というと実はそうではなくて、今度はダウン中行動の開始タイミングが超遅いせいで22[B]をかわせません。

結局、受身で攻撃を回避できる時間帯(早く訪れる)とダウン中行動で攻撃を回避できる時間帯(遅く訪れる)との間に、なにもできない時間帯がわずかながら存在しており、ジークの【投げ→22[B]】はその時間帯にぴったり重なっているわけです。


意図的に起き攻めの攻撃タイミングを遅らせることで、このような状況をつくりだすこともできます。マキシの【天枢K2A→44B】もそのひとつ。

マキシの天枢K2Aは、カカト落としから下段横斬りが出る連係で、二発目の下段横斬りはダウンを奪えます。ここですぐに44Bを出してしまうと、ダウン状態には当たる反面受身でかわされてしまうのであまりおいしくない。

そこで44Bを出すタイミングを遅らせます。下段がヒットして浮いた相手をじっくり観察して、相手が地面で小さくバウンドした瞬間に44Bを出します。するとジークの【投げ→22[B]】と同じ状況になり、受身にもダウン状態にも重なる起き攻めが成立するという仕組み。


 ・ダウン状態にヒットし
 ・横転に当てやすい厚みがあって
 ・ガードされたときにソウルゲージをたくさん減らせて
 ・確反を受けない、または受けにくい

という条件を満たす技があるなら、他のキャラクターでもこのような起き攻めをつくることができるはずです。起き攻めで伸び悩んでいるひとは自分のキャラの技のなかに上記の条件に当てはまる技がないか探してみて、ふだんの起き攻めよりも遅らせて打ってみるといいかもしれませんね。



(おまけ)
ジークの【投げ→22[B]】は、受身をとってからガードインパクトすれば対応できます。でもそれを除くと立ちガードで防ぐ以外に攻撃を食らわない手段がありません。22[B]はソウルゲージ削り量が優秀で、しかもデキスターK・デキスターA+B・デキスターBなどが控えているのでジーク側は超低リスク。

(おまけ2)
キャリバー3では受身の開始タイミングは一定ではなく、実は「遅らせ受身」が可能でした。SC4では遅らせ受身が削除されているため、受身とダウン中行動との間に空白期間ができてしまい、このような起き攻めが可能になっているわけです。
SCBDでは受身関連のシステムが見直されたり、受身から復帰したあとrunできるように修正されたりしたので、この手の起き攻めは再びできなくなりました。システムに穴のあるSC4限定ネタということでひとつ。
編集 / 2010.08.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。