スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
SC5嘆願運動
カテゴリ: 未分類 / テーマ: ソウルキャリバーIV / ジャンル: ゲーム
ここ数日、アメリカを中心に(?)、ネット上でソウルキャリバー5発売を嘆願する運動が行われ始めました。この件について起こっていることを時系列にそってまとめてみました。

※8/24 追記




きっかけは鉄拳シリーズのプロデューサーであるナムコの原田勝弘氏のTwitterでした。

https://twitter.com/Harada_TEKKEN/status/20895603810
I want !RT @Play_Arts: N I want to see good Tekken and Soul Calibur action figures! The figures available in the market cannot be posed T_T

これは(鉄拳とかキャリバーのアクションフィギュアがほしいよ!いま手に入るやつはポーズがとれないんだ)というつぶやきに対して、原田さんも(おれもおれも!)と返しているところです。この原田さんのつぶやきに次のようなレスがつきました。

https://twitter.com/JasonAxelrod/status/21190046991
@Harada_TEKKEN We want Soulcalibur 5! And talk to the guys at 8wayrun.com!

レスをつけたのは8wayrun.comのJason Axelrod(プレイヤーネームはJaxel)。おれたちはアクションフィギュアもいいけどキャリバー5がやりたいんだぜ!っていうかんじでしょうかね。

https://twitter.com/Harada_TEKKEN/status/21235824446
okie dokie.I'll talk with my staff and directors. u have to be patient !! RT @JasonAxelrod: We want Soulcalibur 5!

原田さんも軽い感じで答えています。(オッケーオッケー、キャリバー5やりたがってる人がいることはナムコ社内で伝えておくから気長に待っててね)みたいなかんじでしょうか。

https://twitter.com/JasonAxelrod/status/21253395627
@Harada_TEKKEN Okay, I'll tell the guys at 8WayRun.Com to calm down; but we can't wait to hear some more news!

ところがそこでJason氏がガチで反応し始めます。上記のようなつぶやきを残したあと…

facebook上にSC5要望ページを作成し、
8wayrun.comにも記事を作成
さらにshoryuken.comの掲示板でイイネ!のクリックを呼びかけました。
Jasonさんがfacebookにつくったものは、いわゆる署名とは異なり「いいね」というボタンを押すだけのもの。クリックするだけのものなので数が集まりやすいのだろうと思いますが、それを差し引いても開始6時間で500人、開始16時間(日本時間8/16午後10時頃)で1000人から「いいね」を集めたのはかなりの注目度だと思います。

Jasonさんの呼びかけを見たプレイヤーが原田さんあてにツイートで殺到、とまではいかないようですが多数つぶやきを寄せます。これに対して原田さんは

https://twitter.com/Harada_TEKKEN/status/21252951637
Ok calm down To Soul Calibur fan. Plz follow me first then post. I'll share ur opinion with my staff. A lot of signatures r necessary 4 us.

と、かなり困惑している様子がうかがえます。最後に「たくさんの署名が必要です」と言っていますが、これは(SC5を出せというみなさんの声が実現につながるには)というニュアンスじゃないかと思うので、原田さんがプレイヤーに署名をしてもらいたがっているというよりは、単に一般論を述べてるだけなんじゃないかという解釈もできます。

流れをおってつぶやきを見ていくと、原田さんは気楽に軽いかんじで回答しているのに対して、JasonさんをはじめとするSCファンがやや勢いをつけすぎている感があるように思われます。
ナムコの有名なプロデューサーさんが社内で意見を伝えるらしいぞ!という風に盛り上がっているのですが、原田さんは鉄拳チームのかたであり、キャリバーチームのひとではないので、本当はキャリバーにGOサインを出せる立場ではないと思います(だからこそ原田さんもノリで回答しているのでしょう)。
原田さんは現在、ドイツのゲームショウのために日本を離れています。以上の一連の流れもドイツ出発前になされているものなので、出発準備の片手間に書き込んだものであって、あまり深い意味を読み取らないほうがいいんじゃないかとぼくは思います。

https://twitter.com/Harada_TEKKEN/status/21551474136
Ok everyone I'll share your opinion with TK & SC project Team. Thank You !!

ドイツ到着後の原田さんのつぶやきです。最後のThank youはもうこの件は切り上げようという意図で書いているんじゃないかというのは邪推でしょうか…

Twitter上でなされたやりとりは以上です。原田さんとJasonさんに温度差を感じるのはたぶんぼくだけではないはず。Jasonさんがつくった嘆願ページの「いいね」クリック数は、このエントリを書いている日本時間8月19日の夜11時の段階で2700人。だんだんと勢いが落ち着いてきているようです。




何人か、お前もこの運動に参加したらどうだ、というお声をいただいたのですが、まだぼく自身はちょっと遠慮しておこうかなと思っています。SC3アーケード化署名運動のときは、本当にキャリバー3がゲーセンで遊べなくなるんじゃないかという危惧がありましたが、今回はそれとは違い、SC5が発売されること自体はそんなに心配なさそうだからです。

世界をみるとキャリバー4のセールスは鉄拳6以上だったと聞きます。ナムコにとっては依然としてソウルキャリバーがドル箱タイトルの一角であることには変わりがないらしいのです。また、ヨーロッパでは現在でも人気が高く、フランスでおこなわれたキャリバー4の世界大会では参加者がおよそ250人も集まったそうです。日本代表を派遣できなかったことが悔やまれます。

そう考えるとSC5が発売されること自体は特に心配要らなさそうです。SC5が対戦ツールとして面白いデキに仕上がるかどうかとか、それこそアーケード化されるかどうかとか、そちらのほうが心配です。先日キャリバー5調整要望というエントリを書いたのもそう思っていたからでした。

発売そのものの嘆願運動ではなく、どういうSC5が遊びたいかという具体的な希望や、SC4の感想などをネット上で話しあうほうが、次回作にとってより効果的なんじゃないかという気がします。実際、すでにJasonさんたちもそのようなスレッドを立てていたりしますし、ぼくたち日本のキャリバーファンも、もしなにかするのであればそちらの方面からアプローチしたほうがいいんじゃないでしょうか。




追加:

8月24日現在の動向を追記しておきます。

鉄拳の開発者・原田勝弘さんは、ドイツのケルンを発つとそのまますぐにイギリスへ出発。ゲーセンに顔を出したり、ロンドンで開催されたSuper VS Battle(SVB)という格ゲーイベントを視察に行ったりしたようです。

鉄拳の大会の決勝戦の写真(これとかこれとか)もありますね。「ウメハラが負けちまった!」みたいなツイートもありますw

その合間にもいくつか、キャリバーに関するツイートに回答しています。

https://twitter.com/Harada_TEKKEN/status/21776031829
Yeah i found Soooooul Calibur !! I did co-director. My development team will be create new one .....? .....? http://twitpic.com/2gxdml
(おっ、ソウルキャリバーみっけ! おれこのゲームでは副ディレクターの仕事をしたんだよ。ナムコの開発チームもキャリバーの新作をつくることになるのかな……?)

これはSVBのイベント会場でソウルキャリバー4を発見したときのもの。SVBの種目にもSC4は含まれているので、そのための野試合コーナーかなにかでしょうか。
原田さんがキャリバー4の開発に携わったのは事実のようで、スタッフロールにも確かに名前があります。「co-」は「共~」とか「副~」と訳されることが多いようで、要は一緒に何かをする補佐役みたいなかんじです。鉄拳チームとキャリバーチームとでノウハウの共有があるという話を聞いたことがありますが、それの一環として一緒にお仕事をされたのかもしれません。

https://twitter.com/Harada_TEKKEN/status/21847041603
I did share all SC fan's opinion with my staff & Yotoriyama RT @RaphireRedDiver Soul Calibur is beautiful game and deserves a new version!
(キャリバーファンのみなさんのご意見は、ナムコスタッフや世取山さんに伝えましたよ)

新作をつくることになるのかな、という予測の根拠になってるのはたぶんこれなんだろうと思います。多数のツイートと、嘆願運動の盛り上がりを見て、そのことをキャリバー開発チームに伝えたということですね。
世取山さんといえばシリーズのファンはおなじみ、ソウルキャリバーのプロデューサーさんです。ぼくたちがかつておこなった「ソウルキャリバー3アーケード化署名運動」で、その受け取り人になってくださったかたでもあります。

https://twitter.com/Harada_TEKKEN/status/21898079656
To All European TK&SC&SF fan, Gamescom staff, SVB staff, Madcats staff, Capcom & my staff, and Twitter followers. Thank you very much !! =)

海外出張を終えて日本への帰路に着くときのコメント。European TK&SC&SF fanとあるので、キャリバーのプレイヤーの人とも話をしたのかもしれません。


SC5嘆願運動の会場となっているJaxel氏のfacebookはその後順調に得票をのばしているようで、8/24日本時間で午後9時現在、4100人を超えています。ちょっと伸びが落ち着いたかなとも思ったんですが、また勢いがついてきました。原田さんのコメントで盛り上がっているのかもしれません。


以上の件をうけて、日本でもキャリバー5のことが話題になり始めてます。
EEE ソウルキャリバー新作登場か
ゲーム情報&ブログ2.0『ナムコ、ソウルキャリバー5を開発中?』記事が掲載中。

楽しみにしている人は当然たくさんいます。
新作の情報が待ち遠しいですね。

--
そういえば誤解を招くかもしれないのでちょっと申し開きを。ぼくは別に海外のこのfacebookの運動を冷ややかに見ているわけでもなんでもないです。もしfacebookのアカウントをもっていればボタンも押しているだろうし。

ただ、それだけでなんとなく満足しちゃったり、事が済んだような気分になってしまうとまずいので、ボタンを押すだけでなくどういうSC5をぼくらは望んでいるのか話し合うのも忘れないほうがいいと考えています。

海外のほうではボタン押しが先行してていまいちディスカッションが盛り上がっていないみたいです。さびしい限り。ぼくらはぼくらのやり方でSC5を支援しましょう。

編集 / 2010.08.19 / コメント: 5 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。