スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
TGSソウルキャリバートークライブその1
カテゴリ: ソウルキャリバー5 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
今回の東京ゲームショウではバンダイナムコゲームスブースだけでなく、音楽制作のCIAのブース、そしてマイクロソフトブースの計3ヶ所にSCVが設置されました。CIAではソウルキャリバーの楽曲制作についてのトークライブを行うなど、ファンとの接近を積極的に図っていました。

今回、16日の由良さん中鶴さんトークショー、および18日の夛湖さん小田嶋さんトークショーにおいて、トーク内容を聴きながらざっと記録してきましたので、ここでそれをテキストにして掲載したいと思います。

その1となる今回は夛湖プロデューサーと小田嶋ディレクターのトークライブ内容です。

ODandTG_mini.jpg






夛湖さん
ソウルキャリバーVは前作から3年もの期間があきました。欧米では発売時期を2012年第1四半期とアナウンスしました。正式発表はまだですが、やはり日本でも同じ時期にリリースしなければと考えていますので、発表を待っていて下さい。
さて、きょうのイベントはトレーラーを流すのではなく質疑応答タイムにしてみたいと思います。小田嶋ディレクターもいますのでみなさんの疑問を氷解させてください。
まずは自分から小田嶋くんに質問しますが…

Q.「今までのゲームにあった技をわざわざコマンド変更している場合が多いが何故そんなことをするのか?」という疑問をネット上でよく見かけます。これってどうしてなの?

小田嶋さん
あっ、これはぼくが答えるイベントなんですか(笑)
キャラクターのコマンドというのは基本的に、新しい人向けに出しやすいように設定しました。4までとは違うゲームにしたいという狙いもあります。既存シリーズを遊んでいた人にとってはちょっと慣れるのが大変かもしれませんが練習してみてください。

Q.シャンファの娘は名前とイラストだけ公開されていますが、続報はいつ頃公開されますか?

夛湖さん
レイシャは10月頃の発表です。期待していて下さい。

Q.新しいゲームモードなどについて話せることがあればお願いします。

夛湖さん
ゲームに仕込まれるギミック的な面でお話ししますが、例えばキャラクタークリエイトでいえば、これは質も量も増大させます。クリエイションの機能を強化したり、アイテムの点数も増大しますよ。詳しくは秋冬頃の発表を待って下さい。

Q.オンライン対戦が実装されると思いますが、SC4はランクマッチとプレイヤーマッチという構成でした。次回はどうなりますか。

夛湖さん
SC4の通信ではラグが大変で本当に申し訳ありませんでした。SC5では通信プログラムを載せ替えます。社内で開発中の最新のものを載せますので、ラグについては最小限になります。
通信速度以外の部分についてはまだ詳しいことを発表できませんが、みなさんが集って対戦相手を探しやすくなるシステムを搭載する予定です。続報を待って下さい。

Q.新規キャラクターと既存キャラクターはどのくらいの割合になりますか?

小田嶋さん
以前雑誌のインタビューでは半々と答えたことがあるんですが、だいたい既存6:新規4くらいになるかなと思います。

Q.その「新規キャラクター」というのは、ナツやレイシャなどをカウントに入れて、ということですか?

小田嶋さん
そういう数え方です。
えっと…じゃあむしろぼくのほうから夛湖さんに質問しちゃうんですけど、みんな木人キャラって好きですよね。木人キャラは出るんでしょうかね。

※注: 木人(モクジン)とは鉄拳シリーズのキャラクターで、ラウンドごとに毎回ランダムで中身のキャラクターが変わるという上級者向けキャラ。ソウルキャリバーではエッジマスター、シャレード、オルカダンといったキャラクターが該当します。

夛湖さん
うっ、何故そんなギリギリのことを。冷や汗をかいちゃったよ(笑)
出る出ないで言えば、出ます! しかも1体ではないんですよね、小田嶋くん?

小田嶋さん
ぼ、ぼくは全然知らないですよ! わからないですよ!

夛湖さん
まぁ木人キャラといえば全キャラクターの技を使用できるというのがありますが、それだけでは仕掛けとしては面白くないですから… 一風変わった仕掛けが入っていて、しかも1体ではありません! あとはキャラクター選択画面を見ながら想像してください。

夛湖さん
では質疑応答タイムもおしまいということで、最後にひとつだけ強調しておきたいことがあります。
SC4のフィードバックを我々はじっくりと検討しました。今回はとにかく発売後のパッチのリリースなど、対戦が面白くなるようメンテナンスに特に力を入れていく考えです。これは未完成品をリリースしてもパッチで直せばいいやという考えではありません。バランス調整をしっかりと行なっていくという意味です。
それ以外にも新しい仕掛けをどんどん打って、反応を得て、さらに次へと進んでいきたいと考えています。そのためにもユーザーの声を届けて下さい。小田嶋くんのTwitterを設置したのもそれが目的ですので、臆す事なく何でも気軽にメッセージを書いていただければと思います。今までのソウルキャリバーのゲーム作りとは違う姿勢だと思いますが、みなさまの声で一緒につくりあげていくというコンセプトです。よろしくお願いします。

小田嶋さん
ではぼくからも付け加えて一点だけ…… 新しい「ソウルキャリバーV」になるということで、「新しいゲームをやっているんだ」と思ってプレイしてもらえたら嬉しいです。
前回に比べるとこうだ、という点ばかりこだわらずに楽しんでほしいと思って作っています。新しい要素をどんどん試してもらって、その感想を教えてほしいです。なぜかというと、それを突き詰めていくと既存の作品をプレイしていればいいことになってしまいますから。なので、新しい要素に積極的にチャレンジして、新しい遊びに気づいてもらえたらと思っています。

夛湖さん
そうですね。海外の取材でも答えましたが、我々としては今後6,7,8,9,…ときて、100作まで出したいという意気込みでやっています。そのためにはみなさんの意見が大切ですので、今後お客様のみなさまのところに我々の方から入っていくことになると思います。その時はぜひご協力いただければ幸いです。


編集 / 2011.09.20 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。