FC2ブログ
モーションを見分ける練習
カテゴリ: 未分類 / テーマ: ソウルキャリバー3 / ジャンル: ゲーム
雪華の33Aという技がありまして、これはザンギエフのダブルラリアットの要領で(わからない人ごめんなさい)中段と上段に横斬りを繰り出す技です。中段横斬りから始まるのでしゃがみと横移動に強く、ガードされても状況は五分だそうで、相手は二発目をしゃがんで反撃を入れなければいけない。




ところが、同じく雪華が持っている3Aという技は単発の中段横斬りで、モーションが33Aの出始めによく似ているんです。そこで、33Aに慣れてきた相手に3Aをさりげなくフッと出すと、33Aと間違えてありもしない二発目をしゃがもうとしてしまう。するとせっかく3Aをガードできたのに攻守切り替えのチャンスを見逃してしまう、なんてことがある。これは厄介ですね。

クルリと回って横斬りを出すという点では11Aも似てると言えなくもないですね。11Aは単発下段横斬りなので、こちらは最初からしゃがんでいないといけない。ガードできれば確定反撃があるとはいえ上段スカし性能もついており、なかなか優秀な下段攻撃です。

となるとこんな奇策も成り立ちます。すなわち、それ単体ではバレバレの33Aを、3Aや11Aのなかに隠して擬態してしまうというわけです。お互いのモーションが似ていることから相手の判断ミスを招く相乗効果が期待できますし、対応してガードしようとすると相手は突っ立っていないといけなくなるので投げが決まりやすくなる。一度見せたら二度はできない傍流の戦法ですが、こんなのもアリでしょう。

そしてこれは同時に、雪華対策をするうえでの練習にも応用できます。対戦で2P側のプレイヤーに雪華を選択してもらい、3A、33A、11A、さらに66AやらBBやら2Aやら、いろいろな技をでたらめに出してもらう。そして、33Aがきた時だけ二発目をしゃがんで確定反撃をきめ、11Aがきた時のみ反応してしゃがんで確反を入れる。そういう練習ができます。投げ抜けが苦手な人ならこの練習にA+Gの投げを加えます。掴まれたと思ったらAボタンを押すクセをつける良い練習にもなりますよ。


同じようなことはシャンファやマキシでもできます。シャンファの場合4A(中)、44[A](中上)、22A(中中)がそれぞれソックリ。マキシも3A(中)、44AB(上中中中)、66A(中上)が似ています。みなさんは二発目の上段攻撃だけ的確にしゃがめますか?



さすがにこの練習に1回100円を払うのはキツイと思いますので、各地で行なわれているフリープレーなどの機会を利用してやってみてください。意外に盛り上がります。一番反射神経がいいのは誰かなんていうのを複数で競ってみるのも楽しいですよ。


ちなみに僕たちは埼玉POPYで50円玉を積んでみんなでこの練習をしました。たのしかったです。
編集 / 2006.08.04 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ