スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
オンラインプレイ体験会レポート
カテゴリ: ソウルキャリバー5 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
最初にひとこと


ラグがない!


今回ちょっとした縁がありましてソウルキャリバーVのプレス向け先行体験会にお誘いいただきました。オンラインプレイを実際にやらせてもらえるということで喜び勇んでバンナム本社へ。いろいろ説明を受けた後に会議室に用意された体験スペースでオン対戦を楽しんできました。

そこで感じたのが上記の点。すごい。今回のネット対戦、ラグをほとんど感じません。会場では使用してるモニターに2種類あって、今回使わせてもらったのはわずかに遅延のあるほうのディスプレイだったので、遅延がないほうのナナオ製モニターだったらさらに快適になってただろうと思うと震えますね。

夛湖プロデューサーいわく今回のキャリバーVオンラインのコンセプトは「最速かつ最高のオンラインで最強を目指せ」。「最速」とはバンナム製品史上最速のネットコードを搭載したことを指し、オン・オフ差を限界まで小さくしたとのこと。「最高」とはゲームニュースサイトで既に報じられているような多機能オンラインプレイで、コミュニティツールとして最高のものを用意したという自負の表れなのだそうです。

「ソウルキャリバーV」のメディア向け先行体験会で明らかになった充実の“オンライン機能”と最新トレイラーを紹介 - 4gamer.net
バンダイナムコ、「ソウルキャリバーV」先行体験会を開催 レポートその1:ネットワーク対戦やシステム関連情報を公開! - GAMEWatch
最速&最高のオンラインモードはかなり快適な印象。iOS版は懐かしくも新鮮なプレイが可能!PS3/Xbox 360「ソウルキャリバーV」メディア体験会レポート - Gamer
『ソウルキャリバーV』のメディア向け先行体験会が開催―――オンライン機能と最新ムービーを公開 - ファミ通.com
『ソウルキャリバーV』のメディア向け先行体験会が開催―――開発スタッフインタビュー - ファミ通.com

では既にわかってる部分も多いとは思いますが今回のオン対戦の仕様をまとめてみましょう。後半に続く。







【オンラインモード】
モードは5種類あります。
・ランクマッチ
・プレイヤーマッチ
・グローバルコロッセオ
・リーダーボード
・リプレイ

リーダーボードは特に説明がありませんでしたが要はランクマッチやタイムアタックなどの世界ランキングやフレンド内ランキングが確認できるものでしょう。

注目はリプレイ機能。対戦した試合は直近の8試合が自動的に一時保存されます(古いものから順次消されていきます)。残したい場合はこれを公開設定にするなどして別の場所に移すことで保存され、かつ他のプレイヤーが参照できるようになるようです(このへんもっと正確に確認しておけばよかった。でも大きく間違ってはいないと思います)。

リプレイ機能を実際に見せてもらったのですが、次の機能が内蔵されてました。

1.キーディスプレイ
再生中の試合で1P/2Pがそれぞれどんな操作をしていたのかすべて表示できます。難しいコンボの入力タイミングなんかを参考にできるはず。

2.体力バー表示カット
再生中の試合から各種データ表示を切って、キャラと背景のみ表示されるようにできます。ユーザーの手でPVやMADを作りたいひとにとっては垂涎の機能なんじゃないかと思います。

プレイヤーはダウンロードしてきた試合を以上のような機能を使って自由に再生することができるわけです。これは研究が進みそうなナイス機能!



【ランクマッチ】
今回のランクマッチは、SC4と違い上限が存在します。SC4は数字でレベルを表していて最終的にはレベル900なんて人もいましたが、今回はE5から始まりA1を頂点とする25ランク制。

担当の方によるとこの変更は「プレイヤーを実力にそって適切に棲み分けさせるためのもの」だそうです。上限が無いとどんどんのぼっていって相手がいなくなってしまうので、今回の仕様によりプレイヤーを実力に応じた層に構成したいという狙いとのこと。



【プレイヤーマッチ】
プレイヤーマッチでは、部屋主がプレイ方針(ガチなのかカジュアルなのかなど)、ボイスチャットの可否、最大人数、試合のオプション設定などを事細かに設定し、さらに部屋名を自由に入力して決めることができます。入室側はこれらを見ながら好きな部屋に入ることができます。

プレイヤーマッチは上限6名まで。対戦中の2人以外は観戦に回ってテキストチャットができることは、既に他のサイトで記事になっているとおり。テキチャ画面はボタンひとつでいつもの対戦画面に最大化することができます。

キャリバー4ではユーザーが配信付き大会などを開催してきましたが、このプレイヤーマッチの仕様ならかなり大会がやりやすくなります。



【グローバルコロッセオ】
アップデート後に追加される今回のオンラインの目玉モード。まずは国名と都市名を選ぶことで、入室するロビーを決めます(サーバそのものがそこにあるわけではなく、覚えやすいようにロビーに都市の名前がつけられてるようです)。グローバルコロッセオは夛湖さんの説明によれば他のモードとは異なる専用のサーバを用意するそうです。

ロビー内には最大50名が同時接続できます。各個人は自分でクリエイションで作成したアイコン(サムネイル)で表示され、移動したり、他の人のアイコンをクリックしてプレイヤー情報を見たり、テキストチャットで会話を楽しむことができます。サシで対戦したい相手に直接対戦を申し込むこともできますし、何人かで集まって組み合わせをシャッフルして対戦をまわすこともできます。こうしたロビーが64か所用意されるそうです。

自由に待ち合わせができ、対戦せずにチャットだけしていてもいいというユルさがかなり心地よい印象です。「東京ロビーは週末混雑するから福岡ロビーで待機しようぜ」といった会話が発売後にかわされるにちがいないでしょう。

ロビー内には小さなロビーをつくることができます(ラウンジと呼ぶ)。ラウンジ主のアイコンをクリックして入室を選べばラウンジに入れます。ひとつのラウンジには16人まで入室可能。もちろんプレイヤーマッチ同様、ラウンジにも自由に名前を入力することができます。

ラウンジに入ると、そのラウンジ内のメンバーだけに届くテキストチャットができるようになります。同じ話題の人が集まったり、同じイベントに参加する人&運営さんが入室したりすれば、対戦や進行が円滑にこなせるはず。これも大会運営に便利なシステムといえるとおもいます。

グローバルコロッセオのロビーでは月始めと中ごろにオフィシャルな大会が開催されます。といってもこれは一か所にみんなで集まるトーナメントではなく、一定期間のうち最多勝利数をあげるのは誰か、といった対戦促進イベントのようなものになるそうです。ガチガチの大会にするというより、もっとフランクで親しみやすいものにするとのこと。優勝賞品のようなものはなく、ふだんの対戦にちょっとした目標を添えるためのシステムを意図しているといいます。

グローバルコロッセオはアップデート後に運用開始ということで、スタッフさんにいつ始まるのか問い詰めたところ、念のためそうは言ってるけどたぶん発売日にアップデートできるのではないかと思う、と教えてくれました。また、仮にグローバルコロッセオが数日遅れたとしても、ランクマッチとプレイヤーマッチは発売日に必ず遊べるとのことです。



【ソウルリンク】
対戦したことのある相手をブックマーク(あるいはフォローというべきか)して、その人のデータをリアルタイムで参照できるシステムです。ソウルリンクでライバル登録をすると、ゲーム中の各モード選択のとき常に自分とその人の進行状況が表示されるようになります。タイムアタックの最高記録や、オンライン対戦の勝率比較、キャラクター使用率、プレイ時間の長さ……など、ライバルのやりこみをチェックできるというわけです(フォロー先は最大3名)。

質疑応答では担当スタッフおすすめのソウルリンク活用法が紹介されました。

1.友人を登録する
進行具合を競い合うという遊びかた。

2.トッププレイヤーを登録する
目標にするという遊びかた。フォロー先の人の最新動向はソウルリンクから参照できるので、その人がアップロードしたリプレイをすぐさまダウンロードして研究する、ということもできるそうです。RSSみたいな使い方で、これはおもしろいなと思いました。

3.クリエイション職人を登録する
目の保養にするという遊びかた。このゲームでは各プレイヤーは自身を表すサムネイルを常に一枚もっているので、その人がサムネイルを変更するとそれがソウルリンクですぐにわかります。リプレイを落とせばその人のキャラクリ対戦も見れちゃう。


オンライン周りの情報は以上となります。
自分の場合報道というよりプレイヤーの視点で各機能をチェックできたのでわくわくしながらの体験プレイとなりました。

ぼくはラグをあまり感じませんでしたがみなさんはどうでしょうか? 28日の体験会は、今回ぼくが遊んできたのと同じ内容を体験できるといいます。これはもう応募するしかない! 当日ぼくは大学関係の催しでバンナムには行けないので、当選したひとは楽しんできて下さい(キャリバー開発室の生中継が同時におこなわれるはずなので帰宅後にアーカイブ楽しみにしてます)


このあとは会場内レポート編を投稿します。


編集 / 2012.01.15 / コメント: 6 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。