FC2ブログ
一週間で覚えるマキシ入門講座 第5回
カテゴリ: 入門講座 / テーマ: ソウルキャリバー3 / ジャンル: ゲーム
B始動連係、4B始動連係の次はAAからの攻めを学びましょう。これは他に比べると非常に単純なつくりをしています。ちょっと頭が混乱してきたよ……という方も、ここでクールダウンしましょう。






AAを振るとマキシはヌンチャクを首に回す構え・文曲へとシフトします。ここからは下段攻撃でダメージがおおきい文曲KKが優秀。リングアウト能力も高いのでこれを狙っていきます。要はまずはじめにAA KKという連係を積極的に出していけばOKということです。文曲KKは上段スカし性能に優れているため、相手がAAや投げで割り込もうとしてもすべて潜り込んでしまいます。対策ができていない人・マキシ慣れしていない人はコロリとひっかかるため、そういう意味でもこの連係はとりあえず連発していいでしょう。

上段攻撃がダメなら低い技で割り込めるだろうということで、2Aや下段攻撃で割り込んでくる相手なら、今度は文曲Bの出番。AA Bという連係になるわけですが、これはジャンプ判定が非常に早く出るのが特長ですね。2Aで割り込んできても飛び越えて上から攻撃できます。文曲Bは放っておくと祿存構えに移ってしまいコンボがつながらないので、文曲B[G]とGボタン押しを活用します。こうすれば通常構えに戻せるので、文曲Bから3Bがコンボになります。

発生の早い中段攻撃がくれば、文曲KKも文曲Bも勝てません。この場合のみ、AA後はおとなしくガードを固め、反撃のチャンスを待つことになります。ただし、AAヒット時は何をやっても相手は割り込めなくなるので、ダメージ期待値の高い文曲Aをだしていくのが理想的。AAがヒットしたかガードされたかをよく見て行動を変えていきます。



と、AAからの連係は実はこれだけ。B連係に比べるとえらくスッキリして拍子抜けするほどですね。ただし工夫のしがいはありまして、AAヒット時にしっかりと文曲攻めに対応されたらどうするかなど、考えるべき課題は山積みです。そこにどう対処していくか。実はその答えはもうみなさんにお伝え済みですので、二度は言いますまい。


今回で基礎的な構え連係はすべて修了。あとはみなさんがゲーセンで試すだけです。残りの二回は中距離戦と近距離戦でそれぞれ役立つ便利な技を紹介して、マキシ入門講座を終えたいと思います。
編集 / 2006.08.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ