スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
一週間で覚えるマキシ入門講座 第6回
カテゴリ: 入門講座 / テーマ: ソウルキャリバー3 / ジャンル: ゲーム
マキシの基本構え連係は第5回までですべてお伝えしました。B,4B,AAからの連係でしたよね。この攻めを試合の幹として、枝葉の部分は他の技で補っていく。そういう考え方で進めていけば、たやすくマキシをマスターできます。では今回は、構え連係に持ち込む前の課題・中距離戦についてのお勉強です。ラウンド開幕時くらいの距離でも、できることはたくさんありますよ。





離れた間合いですべきことは、体力でリードを奪うことです。相手よりも体力の多い状態で臨めばそれだけ試合で優位に立てます。時間切れのときは体力差で勝敗がつくだけに、こちらがリードすれば相手は打って出るしかなくなる。マキシの構え連係が生きてくるのはそこからです。逃げに入っている相手には構え連係は利かないものです。ならば、ラウンド開幕時のマキシ側の狙いは「いかにダメージをとりつつ近距離戦に入るか」ではないでしょうか。

実はそういうときにピッタリの技があります。マキシの主力下段攻撃・2A+Bと3B+Kです。この二つは発生が早くて見えないうえ、リーチも非常に長い。相手の手の出せない場所からでも平気で届いてしまう。この二つで相手の体力を削って、優位に立ったら近距離構え連係。これが理想的な勝ちパターンですね。

相手が勢いよく突っ込んでくるときには、漢魂(おとこ-だましい)という技で迎撃します。コマンドは66B4、ヌンチャクをプロペラのように回して相手を巻き込む技です。これを相手の前進したいタイミング・場所で置いておく、いわばトラップを設置するようなかんじで使いましょう。「置き漢魂」が上手いマキシ使いにはなかなか相手も接近できず、手をこまねいていると2A+Bでケズられてしまう……そんな展開にできれば御の字ですね。

離れたところで横移動して機会をうかがう相手には、33Aを繰り出します。ガードされても全然スキがないので、しゃがめるもんならしゃがんでみろ、という強気な姿勢でおしつけます。ヒット時は33Bが受け身確定になり、体力半分を奪い取ります。詳しくは過去ログ「受身確定」をご覧ください。

マキシを遠ざけようとして相手が技を振ってくるなら、スカ確(スカし確定)狙いに徹しましょう。といっても筆者自身はこれが実に苦手なんですけどね。相手の空振りには4BBを差し込んでいきましょう。発生がはやくリーチがあるので空振りの隙を狙っていくには向いています。4BBKのあとの展開は第4回で勉強したとおりですので、復習してください。

相手が前に出てこれなくなった状況では、今度はこっちの番ですから、一気に前ダッシュで間合いを詰めて、66B+Kやスライディング(前方走り中K)を狙います。66B+Kはダメージの大きな中段攻撃で上段スカし性能をもっています。スライディングもヒット時は3Bがコンボとなるうえ、下段攻撃や2Aを飛び越えます。両者ともにスキがおおきいのでガードされると苦しいのですが、マキシが突っ込んできてるのにガードを固めている相手などは構え連係のいいカモですから、存分にハメてあげればいいのです。

次回は近距離戦で役立つ技を紹介します。
編集 / 2006.08.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。