スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
それ絶対やってみよう vs.ナイトメア編 1
カテゴリ: キャラ対策 / テーマ: ソウルキャリバー5 / ジャンル: ゲーム
ソウルキャリバー5は一人用モードが少ないからつまらない! という感想もよく耳にしますので、ネット対戦していない一人用の時間をどう楽しむか、一例をご紹介しようと思います。

PSP版ソウルキャリバーにはガントレットモードというモードがありました。コミカルな外伝的ストーリーに沿って進行しながら、全キャラクターのキャラ対策をトレーニングのランダム再生でマスターしていくというものです。連続して成功していくとランクアップしてより難しいお題が出てくる、ハイスコアが記録に残るなど、やり込み要素としてもおもしろいし、対戦の練習としても役に立つので、今から考えても画期的&ソウルキャリバー5にも早く追加してほしいほどよくできたモードでした。

キャリバー5のトレモにも三種類登録できるランダム再生モードがありますので、これを利用してお手製のガントレットモードをつくって遊んでみましょう。登録内容によっては非常に実戦的なキャラ対策練習にもなるので、暇をつぶしながら強くなれるのがいいところ。


Watch live video from oosaka's channel on TwitchTV

やりかたはこの動画の通り。トレーニングモードのコマンドレコードに、相手の行動を記録します。それをランダム再生させ、適切な行動で対応していきます。

動画中では行なっていませんが、慣れないキャラクターに慣れようとする段階では、最初は動き始めた瞬間にポーズをかけるなどして、技モーションに目を慣らすところから始めると上達が早いです。これを繰り返すことで、特定の連携だけ横移動でよけるとか、特定の箇所だけ狙ってしゃがんで反撃するなど、防御の練習ができます。やってみるとわかるのですが、この練習は意外におもしろく、時間が瞬時に経過しますw


○今回の練習内容

1. 1A6~グリムストライドA (横斬りで割り込む)
2. 3AA (最低限ガードはする&できれば確定反撃を入れる)
3. 3A2A (ガードして確定反撃を入れる)

ナイトメアの横斬りで、中段と下段があるのを見分ける練習、およびそれにリスクをもたせる練習です。1Aは受け身に重ねて打ってくることも多く、その場合は甘んじてくらっておくべき技ですが、普通の状況で下段攻撃として(こちらの立ちガードを崩すために)打ってくるメア使いも多いです。まずはこの下段が見えないとお話にならないので、練習しましょう。

1Aの出始めのモーションを見たら、反応してしゃがむようにします。やや動きが似ている3Aには反応しないように注意。1Aだけをしゃがむよう練習します。1Aをガードできたら、そのあとは必ず「横斬り」で反撃しましょう。グリムストライドという特殊ステップからは、縦斬りを弾く攻撃が出るからです。安定はしゃがみAですが、動画中のようにカウンターからのコンボが狙える横斬りを出すのもいい選択肢です。

3Aからは中段と下段がありますが、早いのは中段の3AA、遅いのが下段の3A2Aです。タイミングが違うので覚えましょう。3A2Aのほうには比較的簡単に確定反撃が入りますが、3AAのほうは間合いが離れてしまいやすく、キャラによっては確反をとるのが困難です。その場合はガード後に前ダッシュから攻めていくか、最低限空振りしないだけの長さをもった技でガードゲージを削っていくようにするといいです。動画中では、3AAの2段目をジャストガードして確定反撃を入れる練習をしています。


○練習内容2(後半)

1. 33B6~グリムA
2. 33B.A+B+K
3. 3[B]~デキスターホールドK

ナイトメアの中段のダメージ源に対応する練習です。33Bは中間距離から突っ込んでくる浮かせ技。ガードされてもグリムAでフォローしてくるので、やはり縦斬りを出してはいけません。1Aのあとに比べて割り込める隙間が短いので、2Aのような早い横斬りをチョイスしましょう。または思い切ってしゃがんで反撃を狙ってもOKです。

ごまかしの選択肢として33Bのブレイブエッジがあります。こちらは2Aなどで割り込もうとするとカウンターでもらってしまう罠があるので、2段目に対応する必要があります。ポイントはブレイブエッジの時に出る黄色のオーラで、これを見たら対応を変えられるようにしておきたい。そこでランダム再生練習が有効というわけです。

なお、ガード後に手を出すと痛い目に遭う技として3Bを選びました。3Bをガードするとこちらはしゃがみ状態になります。そのあと発生の速くない立ち途中技などをうっかり出すと、デキスターホールドKをカウンターでくらって大変なことになってしまう。すばやくしゃがみAを出すか、上段攻撃をかわせる行動をとる、またはこの動画中のように我慢して反撃するなど、対策が必要です。

この課題は前半に比べるとちょっと簡単かも。組み合わせを変えるともう少し難易度を上げられそうです。たとえば3Bをクイックムーブのあとに出すことで若干見分けがつきにくくしたりとか。


今後もこんなかんじで、キャラ対策紹介の一環としてオススメのランダム再生パターンを載せていこうと思います。
編集 / 2012.03.10 / コメント: 7 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。