スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
64B+G→22[K]への対処
カテゴリ: キャラ対策 / テーマ: ソウルキャリバー3 / ジャンル: ゲーム
アスタロスのわからん殺しネタとして挙げられるのが64B+G→22[K]。知らないと一瞬で殺されてしまうこのネタについてお話をします。





22[K]は、斧を逆さに構えて体重を乗せる技。ダウン中の相手にヒットすると悶絶やられになり、ここにさらに22Bが追い打ちとして確定するという恐ろしい技です。しかも、近距離では斧の部分が中段攻撃になっているのに、離れると地震が発生して22B4→236B+Gが確定するという特性も怖いですね。つまり遠距離では下段攻撃・近ければ中段攻撃になるという、残忍極まりない技というわけです。

これを64B+Gで放り投げた後に狙うというのが今回お話しするネタです。放り投げられた相手が受身をとらないでいると、寝ているところを22[K]で踏みつけられてしまい、22Bが確定して体力の半分を奪い去る。二度食らえば瀕死です。しかし焦って受身をとれば、地震やられに発展してしまい22B4→236B+Gを食らってしまう。どちらにしてもひどい有様です。


対処法としてみなさんに知っていただきたいのはこれです。↓

Gボタンで受身をとったら、すぐにしゃがんで地震を耐える


Gボタンで受身をとれば後方受身となり、アスタとの距離が離れます。すかさずしゃがみガードを固めると、地震にも耐えられるようになります。地震をガードしたら即座に確定反撃を叩き込みましょう。こうすれば投げのダメージ分だけで済み、ダメージ収支としてはこちらが黒字になるんですね。

アスタロスが22[K]を準備しはじめたのを見て、後ろへ受身をとってしゃがむ。これでOKです。

補足として、横転受身はとらないほうがいいと言っておきます。というのは、方向によってはアスタとの距離が離れず、これにより22[K]が中段攻撃に変わってしまい、それをしゃがみガードで食らってしまう危険があるからですね。こうなってしまうと214Aで拾われてもっと悲惨なことになりますから……
編集 / 2006.08.22 / コメント: 9 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。