FC2ブログ
4Bを食らっても……
カテゴリ: キャラ対策 / テーマ: ソウルキャリバー3 / ジャンル: ゲーム
スオーリーランドさんより。

アスタロスぷち対策
アスタロスの4Bを喰らったあとに66Kを出された場合、
普通のキャラだと横移動でかわせないのに
アイヴィーだとかわせるのを家庭用で確認。
時計回りに横移動すれば投げも回避できるのでこれは大きい。

----------------------------------------------------------

これはまったく知りませんでした!というわけで家庭用で検証。練習モードを使い、CPUアスタに行動を登録、1st KEYRECORD, 2nd STAND GUARDに設定してrunを試しました。


アイヴィー

  |頭|タ|投
―――――――――
時|○|○|○
反|×|○|×
後|×|×|○

表はアスタの4Bを至近距離で食らった時に、レバー入れっぱなしrunをして次の技を回避できるかどうかを示します。頭=アスタ4B、タ=アスタ66K(タックル)、投=アスタの投げ。時は時計方向run(1P側の8方向)、反は反時計方向run(1P側の2方向)、後は後方run(4方向)への移動です。

表で示したとおり、アスタの4Bを食らったあとは、アイヴィー側が時計周りにrunするだけで4B、66K、投げ、全部空振りします。これはアスタロスの三本柱ともいえる技なので、これがことごとく当たらないというのは大きなアドバンテージです!発見したスオーリーランドのすお~さんはすごいですね。これはダイヤグラムが塗り変わる可能性もある大発見じゃないかと思います。

興奮が収まらなかったので、そのまま全キャラクター調べました。




ザサラメール
  |頭|タ|投
―――――――――
時|×|○|○
反|×|○|×
後|×|×|○

ティラ
  |頭|タ|投
―――――――――
時|×|○|○
反|○|○|×
後|×|×|○

雪華
  |頭|タ|投
―――――――――
時|×|×|○
反|×|×|×
後|×|×|○

御剣
  |頭|タ|投
―――――――――
時|×|×|○
反|×|×|×
後|×|×|○

タキ
  |頭|タ|投
―――――――――
時|×|×|○
反|○|○|×
後|×|×|○

ジーク
  |頭|タ|投
―――――――――
時|×|×|○
反|○|○|※ (※=通常投げは引っかかり、コマ投げは回避)
後|×|×|○

メア
  |頭|タ|投
―――――――――
時|×|○|○
反|○|○|※
後|×|×|○

アスタ
  |頭|タ|投
―――――――――
時|×|○|○
反|○|○|※
後|×|×|×

ヴォルド
  |頭|タ|投
―――――――――
時|×|×|○
反|×|○|×
後|×|×|○

キリク
  |頭|タ|投
―――――――――
時|×|×|○
反|×|○|×
後|×|×|○

シャンファ
  |頭|タ|投
―――――――――
時|×|○|○
反|○|○|※
後|×|×|○

マキシ
  |頭|タ|投
―――――――――
時|△|×|○ (△=4Bを遠めで食らったときは回避可。あるいは時計前方(9)で回避可)
反|×|×|×
後|×|×|○

ミナ
  |頭|タ|投
―――――――――
時|×|×|○
反|×|○|※
後|×|×|○

ユンスン
  |頭|タ|投
―――――――――
時|×|×|○
反|×|○|×
後|×|×|○

タリム
  |頭|タ|投
―――――――――
時|×|○|○
反|×|×|×
後|×|×|○

ラファエル
  |頭|タ|投
―――――――――
時|○|×|○
反|×|○|×
後|×|×|○

カサンドラ
  |頭|タ|投
―――――――――
時|○|○|○
反|×|○|※
後|×|×|○

吉光
  |頭|タ|投
―――――――――
時|×|○|○
反|○|○|※
後|×|×|○

ロック
  |頭|タ|投
―――――――――
時|×|○|○
反|○|○|×
後|×|×|×

ソフィ
  |頭|タ|投
―――――――――
時|○|○|○
反|×|○|※
後|×|×|○

セルバンテス
  |頭|タ|投
―――――――――
時|×|○|○
反|○|○|※
後|×|×|○

トカゲ
  |頭|タ|投
―――――――――
時|×|○|○
反|×|○|×
後|×|×|○

というわけでアイヴィー、カサンドラ、ソフィーティアの3人は、4Bを食らった後でも時計移動することでアスタロスの主力技をかわすことができます。そのあとには確実に大きなスカ確を入れていきましょう。アスタは横斬りなどの効率のよくない選択肢を取り入れざるを得なくなります。

一応注意点をいくつか書いておきます。
この調査の「投げ」はその場から最速で出したものです。ステップインからの投げは勘定に入れていません。また、2と8と4のrunしか調べていないので、場合によっては斜め方向のrunで状況が変わるキャラクターもいます(ヴォルドは斜め後方runで回避できるシーンなどがありました)。自分のキャラクターはどうなんだろうと気になった方はどうぞ練習モードで検証してみて下さい。

時計回りrunでタックルと投げに両対応というキャラクターが多いですね。頭突きは横移動中にもらっても単なるノーマルヒットですので、安いと割り切って狙ってみるのも良いでしょう。逆に反時計周りrunで頭突きとタックルをかわせるキャラの場合は、投げ抜けに自信があるなら事実上の三種全対応ということで、狙う価値があります。

御剣と雪華はほとんど回避できませんでした。ただしAEになって移動速度などに変更が入っているとしたら分かりません。また、ロックは家庭用よりもAEのほうが確実に足が速くなっているはずなので、結果が違う可能性は大いにあります。

アスタは4B、66K、投げの3種類が戦術の中核。これらに対応する選択肢は、各キャラクター各状況ごとにこまかく用意しておきたいですね。みなさんも自キャラvsアスタのセットプレー研究をすすめてみてはいかがでしょうか。
編集 / 2006.05.24 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ