FC2ブログ
置き技について
カテゴリ: マキシ / テーマ: ソウルキャリバー3 / ジャンル: ゲーム
マキシの中距離戦で大切な要素のひとつ、置き技について書きます。技を置くという戦法が上手く機能すれば中距離戦では優位に立てます。今回はそこについて考えてみたいと思います。






ここでは「技を置く」というのは、「本当だったら空振りするような間合いで、先読みで技を出しておくこと」を、指すことにします(たぶんこれが一般的な定義だと思います)。「置き技」というのは「置くように使う技」または「技を置くような戦法そのもの」を指します。マキシの場合はこれに便利な技があって、66B4(漢魂-おとこだましい)が置き技にピッタリです。

技をうまく置くためには、その技のリーチをよく知っている必要があります。漢魂のリーチは練習モードで何度も出していただければ体感できると思いますが、Bよりもすこし長めで、4Bと大体同じくらいです。コマンドの関係上、前に踏み出しながら出しているので、なかなかのリーチを稼ぎます。

間合いを覚えたら、今度はそれを空振り覚悟でちょっと遠い間合いから出していきます。原則的には技を空振りするというのは一番やってはいけないことですが、ここでは敢えて勇気を出して空振りさせます。ヌンチャクが回転している、その少し外側に相手がいるような間合いでこの技を出します。ラウンド開幕時の間合いが良い目安になるでしょう。

すると、そこで相手が技を出したり、または前に出ようとすると、回っているヌンチャクに引っかかってしまいます。横に動いても同じです。このゲームの横移動は相手を中心として円を描くので、漢魂の目の前で横移動すると引っかかるのです。ギリギリの所で出せば、相手はそこから動けなくなるということです。こういう出し方をなんとか練習して、体得してください。

漢魂がヒットしたら相手は左方向に吹き飛びます。リングアウトも狙えるので、位置をよく見ながら出していきます。リング中央で当たった場合は、祿存中B+Kで相手を追いかけるのが有効。もし相手が受身をとっていれば、ドラゴンキックの後半部分がピッタリ重なって、ガードしてしまった相手に確定で打撃をいれることができます。警戒して寝っぱなしor受身→しゃがみという行動に切り替えてくるまで、これは連発しても構いません。

漢魂をガードされたときや突っ込んでこないで様子見をされた時はちょっと危険です。Gボタンで回転を止めて祿存の構えにいき、祿存Aや祿存Bで逃げます。回転を止めるタイミングは毎回変えることが大事です。祿存への対抗策をよく知っている相手には、技を出さずに構えを解きましょう。この技はガードされると相手を脇に弾いて隙をさらしてしまうので、リスクを減らす意味でも空振りする間合いで出していきたいものです。


もっと遠距離で漢魂を使う方法もあります。ここまでで書いてきたのは開幕くらいの間合いでの話。さらに遠い、両者の技が全然届かないような間合いでも、漢魂を有効に使うことが可能です。

やり方は簡単。遠い間合いで適度に動いて距離を調整しながら、相手が突っ込んでくるのに反応して漢魂を出すのです。人によって反応の速さは違うので一概には言えませんが、相手のダッシュが見えてから、技コマンドを入力して漢魂が出るまでに、ちょうど先ほど述べたギリギリ触れる間合いになるような、その距離をよく研究してください。遠すぎると相手の動きに引っかからなくなり、近すぎると出るまでに止められたり、ガードさせてしまうので、何度も実戦で練習して勘を養うしかないです。

これが上手く当たるようになってくると、相手はまっすぐ突っ込んでこれなくなるという効果があります。攻めるチャンスを探している状況でも、常にマキシ側の動きを警戒して、横に回りこみながら遠距離で様子をうかがうようになります。こうすれば漢魂の外側からマキシの隙を突くことができるからです。

これを裏から見れば、相手が一旦様子を見てくれるということは、攻めターンを一度放棄してくれるということです。こうなればこちら側に権利が移っているので、さっさと寄っていって投げと中段の二択をかけることができます。2A+Bや3B+Kで体力を削ったり、33bAなどを出して構え連係に持ち込むこともできます。本来こうした行動は積極的に技を出してくる人には使えないのですが、置き技をうまく使うようにすることで攻めをためらわせれば使えるようになるのです。


漢魂以外にも置き技に向いている技があります。いくつか紹介しましょう。

死兆閉じ(B+KBBBA)
入力が正確で全部出せることが条件になるのですが、自信のある人にはオススメです。B+Kは意外と長い技ですが、ギリギリ空振りするように出しましょう。相手はマキシの空振りに反応してつい動いてしまいがちですが、そこを一気に巻き込んで大ダメージを与えようというわけです。ガードされたときは途中止めを使ってリスクを減らしましょう。

3B
マキシの3Bはリーチが長めで、先端ヒットでも浮くというなかなかの高性能。とはいえ近距離では他の中段のほうが使いやすいので、置き技としてばらまく使い方をおすすめします。3Bの優秀なところは空振りしても安心のリスクの低さ。漢魂や死兆閉じは攻撃が何発も長い間出ている技なので、空振りに反応すると巻き込まれてしまう。それを巧みに置いておけば、相手は空振りをもっとよく見極めようとしてきます。すると、3Bのようなすぐに終わる技は空振りしてもお咎め無し。ノーリスクに振り回せるようになります。相手の前進に引っ掛けるような3Bをぜひマスターしてください。

夜光虫(22A)、裏夜光虫(88A)
カウンターで当てれば高威力のコンボが期待できるものの、独特の遅さのせいでカウンターヒットを狙いづらいこの技。置き技として使えばカウンターヒットのチャンスが広がります。ポイントは、出るのが微妙に遅いこと。マキシの技スカりを狙って少し遠いところを横移動して様子見してるような相手に出していきます。すると、相手は夜光虫の初動に反応して技を振ってしまい、そこにカウンターヒットするという仕掛けです。


まとめると、

漢魂
無計画に突っ込んでくる人に強い。

死兆閉じ・夜光虫
マキシの空振りに技を差し込もうとする人に強い。

3B
置き技を警戒してはいるが、それでも少しずつ前に出ようとする人に強い。

寄っていって二択(投げなど)
自分から手を出すのをためらっている人に強い。


こんなかんじになります。
あとは自分から攻める場合の選択肢として中距離での横斬りとかガードさせて下がるとか、もろもろの戦術を身につければ完璧ですね。

他キャラを使っている人も、置き技としてはどんなものが有効になるかを考えてみると良いでしょう。置き技に向いているのはこんな技です。

・リーチがそれなりに長め
・ダメージが高め(=相手が「食らいたくないな」と思う程度に)
・空振りしても硬直が短い
編集 / 2006.11.16 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ