FC2ブログ
4Bを食らっても……(2)
カテゴリ: キャラ対策 / テーマ: ソウルキャリバー3 / ジャンル: ゲーム
前回エントリで並べたのはあくまでも家庭用の結果でした。やはりアーケードエディションについて調べてみないと無意味でしょう、ということで調べてみました。その結果、ちょっと判定面で家庭用と違いがあるかも?おもしろい事実が明らかになってきましたよ。


アイヴィー:
時計周り前方run(9方向)で三種全対応。
ただしアスタの通常B投げのみアイヴィーを掴むことができる(?)
ちなみに真横(8方向)はタックルが引っかかる。

マキシ:
時計周り前方run(9方向)で投げと頭突きを回避。
タックルは時計回りではどうしても引っかかってしまう。

カサンドラ:
時計周り前方run(9方向)で三種全対応。
アイヴィーと異なり投げの種類を問わない。

雪華:
どうがんばっても頭突きやタックルをかわせません。

ヴォルド:
時計周り後方run(7方向)で三種全対応。
8方向だと頭突き、9方向ではタックルが引っかかってしまう。



以上5キャラ分の調査結果です。
アイヴィーやカサンドラが全対応なのは家庭用と一致しました。ヴォルドは後方runを取り入れることで全対応選択肢をゲット。こうしたキャラクターの場合はアスタの4Bを食らっても強気の逆二択が可能です。主力技をスカして持てる限りの最大反撃を叩き込み、アスタロス側の有利フレームを形骸化させちゃいましょう。むしろ4Bを自分からもらいに行くくらいでちょうどいいです。

マキシのようなキャラの場合は全対応するものがないので、食らってもいいと思うものは捨ててある程度バクチに出るのも手。たとえばタックルを食らう覚悟で9方向に動いて残り二者がきていた場合は浮かせるとか、逆に頭突きは食らってもいいし投げは抜ければいいから反時計にまわろうとか、あるいは頭突きは食らうけど投げはスカせてタックルはガードできる「時計回りステップガード」とか、そういう割り切りですね。このへんはじゃんけんの強い人に向いています。

雪華のようなキャラだと以上のようなうさんくさい読み合いは無理です。素直に守りを固めましょう。大切なのはフレームの流れに逆らわないモラルなのです。不利なときに動こうなんて、そうは問屋が卸しませんからね。雪華はモラリストが使うキャラクターなのです。たぶん。

みなさんも自キャラではどうなるか、他のキャラクターの頻出技でこんなケースがないか、勝ちたい相手が使っているあのキャラクターの対策にこういう考え方が応用できないかなどなど、いろいろと試行錯誤してみてください。もし面白いことが発見されましたら、コッソリ教えてくださるとありがたいです。
編集 / 2006.05.26 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ