FC2ブログ
1kAAほか
カテゴリ: シャンファ / テーマ: ソウルキャリバー3 / ジャンル: ゲーム
シャンファについて調べているときに、おもしろいな~と思ってある技の性能を調べ始めました。それはその日の調査の目的とはまったく異なる脱線ではありましたが、こういう脱線もとても楽しいものです。

さて、その脱線して調べた技というのがシャンファの1kAAです。






この技はノーマルヒットでも三発つながり、ダメージ58を与えられます。これは全体力の約四分の一に相当しますので、発生こそ遅いものの、中段横斬りとしてはかなりのダメージ量です。ヒット時は2F有利。暴れは大抵AAでカウンターをとれる計算です。ガードされたときのリスクは少なく、-8F程度と推定しています(正確な実験をしていないため)。

派生はここから中段と下段の二種類に分かれます。注意深くシャンファの動きをみていれば判別できるものと思われますので、二択に使うというよりは割り込み抑制のためにある技だと考えましょう。1kAAK(最後が中段)は1kAAをガードした相手の14Fの割り込みと相打ち。ただしジャンプ判定になっていますので2Aには勝ちます。一方、1kAAB(最後が下段)はおなじく14Fと相打ち。こちらはしゃがみ判定となっておりAAに勝つことができます。

どちらも発生15F以降の技には勝つことができます。これは、1kAAガード後に二択をかけられる危険性が抑えられるということを意味します。というのは、このゲームにおいて中段・下段・投げなどはほとんどが15F以降で発生するからです。

派生は二種類とも隙がおおきいので、ガードされると反撃が確定してしまいます。1kAAの段階で止めることをメインにし、相手の行動が絞れたら派生にいってもよいでしょう。

この1kAAは下段攻撃である1Kとモーションが似ていて区別しづらいというのが強みです。シャンファは他にもそっくりな動きをする技を多数持っているので、リストアップしてみます。

1K
1kAA
4A
44[A]
22A
33A
2A+B

連続して出してみると感じると思うのですが、それぞれの技の動きはそれぞれに違っていて、しかも全体としてはどことなく似ていませんか。おそらくこれらをミックスしてばらまかれた場合、すべてを見分けるのは無理なのではないかと思います。しかもこの中には、横移動を効果的につぶせるもの、しゃがみ判定になるのが早いもの、ガードされてもシャンファのターンが続くもの、立ちガードを崩すものなどが含まれています。

シャンファの攻めターンがきたら、こういった見分けづらさを盾にした戦術をとるというのもおもしろいかもしれません。

参考:モーションを見分ける練習
編集 / 2007.02.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ