FC2ブログ
剣状態の技フレームと立ち回り雑感
カテゴリ: アイヴィー / テーマ: ソウルキャリバー3 / ジャンル: ゲーム
アイヴィーを使ってみたいけど、難しいコマンド投げは出せないよ! という人は多い(かも?)

今回はそういうニーズがあるかどうかはわかりませんが、コマンド投げやジルフェ中の鞭五連発が出せない人でもアイヴィーで戦えるようにならないもんか、という記事です。コマンドの練習もしないでアイヴィーを使おうだなんて!! と本職のアイヴィー使いの皆さんは怒ると思いますが、ふだんの立ち回りに関わる知識を整理しているんだなと思って大目にみてください。アイヴィーは面白いキャラクターだろうと思うので、これから始める人に敷居を下げるようなものが書ければと思います。




○フレームデータ
以下、すべて剣状態

i :発生フレーム、B :ガード時硬直差、H :ヒット時硬直差
ws:立ち途中攻撃


4B  i12 B -2 H +5
33A  i18 B -8
22B  i18 B -1  ※ガード時強制しゃがませ
wsA  i17 B -6 H +4
wsB  B -5   ※ガード時強制しゃがませ
214K i16 H -1


とりあえずこのあたりの技をメインにして戦ってみましょう。どれも隙が少ないうえに使い勝手のいいものばかりなので、アイヴィーを初めて触る人におすすめしたい技群です。

4Bは、アイヴィーのもつ最速の技。踏み込むことなく、前進せずに長い突きを出せるので迎撃向きの技。自分から切り込んでいくときに使うというよりも、相手の攻勢をストップしたいときに使えます。リーチがえらく長いうえにガードバックが少々あるので、これが届く範囲内では多用してOKだと思います。半キャラ分くらい空いているところで4Bをガードさせたあとに22Bを出すと、相手がAAを出してきたときに、一発目のAがアイヴィーまで届かず、二発目のAにカウンターをとれるケースもあります。横に弱く上段攻撃ですが、特長である長さ・早さ・隙のなさを活かしましょう。

33Aは剣状態でのメインウェポンのひとつ。66Aと基本的な性能は同じですが、ヒット時に214Kがコンボになるという点が違います。ダメージ量&起き攻めチャンスを考えると、66Aはほぼ必要ないので、常に33Aを出すようにしましょう。横移動で様子を見つつ33Aで飛び込んだり、相手の技の空振りにヒットさせるのが基本。ガードさせても反撃を受けないどころか、相手がうかつに技を振ってきたら再度横移動→今度こそスカりに33Aが確定……なんていう嫌な戦法が可能です。

22Bも気軽に打てる攻撃です。横に弱いこと以外はほぼ弱点のない技です。カウンターで6B8が追い打ちになるのでダメージソースとして振れる技なんですが、ガード時の状況も特筆すべきものがあります。なんと相手を強制的にしゃがませて-1Fの状態。相手はAAなどの最速技が出せず、しかも大半のしゃがみ中技には上段スカし判定がないので、4Bを出しておけば大体の技はつぶせてしまいます。あとは立ち途中攻撃による切り返しを警戒して、2Aを打つなり相手キャラの苦手方向に移動するなりすればOK。能動的に次の展開をつくれるのがポイントですのでガンガン振りましょう。

そしてこれらに22Kを加えれば、とりあえず必要なものは揃います。22Kはヒット時に214Kがコンボになるおなじみの下段蹴り。上段スカし性能も高いですし、超接近戦でもない限り確定反撃を受ける心配はしなくて大丈夫という高性能ぶり。見てからガードできる人がすくなく、非常に低いリスクで打てる下段攻撃ということになります。これが見えない人には22Kだけで勝てるといって過言ではないほど優秀なので、対戦では妥協なく出し続けましょう。

●近距離戦まとめ
使う技。
4B、2A:割り込み用、相手の行動を止める目的。
33A:牽制&ダメージ源。横移動対策。ガードされても次の読み合いにもちこめる。
22B:中段攻撃。しゃがみ対策、カウンターでおいしい、立ちガードされても次がある。
22K:ガード崩し&ダメージ源。相手が泣くまでこれを出す。


次回は中距離戦です。
編集 / 2007.02.17 / コメント: 5 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

おおさか

Author:おおさか
Twitter : oosaka_twt
XboxLive : ooosaka
生放送 : おおブロ出張所@ニコニコ動画
Twitch.tv : oosakaチャンネル

都内在住、マキシ使ってます。アーケード版のSC1、SC3AEもプレイします(隔週水・日曜日のゲームニュートン大山店のキャリバー対戦会&大会に参加してます)。

エンターブレイン刊のオフィシャル攻略本ソウルキャリバーV パーフェクトガイドの執筆者です。ブログ記事中でも攻略本の内容に言及することがあります。よさそうな本だ、と思ったらお求めいただければ幸いです。

おおブロの過去記事をご覧になるときは、こちらのもくじを開いてください。↓

最近の記事+コメント
カテゴリー&検索
<< 全タイトルを表示 >>
生放送チャンネル


印刷画面を表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ